横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

湘南•土地事情の裏側は。。

 
湘南•土地事情の裏側は。。
この記事を書いている人 - WRITER -

ぶっちゃけると、あんまり良くはないですよ。
震災前は湘南=ブランド化した独特の地域でした。
雑誌などにも○○スタイルなる本が出ておりますので、あの雑誌の影響でブランド化が進んだのもかなり影響しています。
そんな湘南地域、震災前と震災以降ではどれほど土地事情は変わっているのでしょうか?
実はまぁまぁ、変わっているのです。
以前は海岸線側と言えば、とっても高級な土地価格のエリアでした。
でもそういった所に住まわれている方も、売りに出していたりするケースも多いのです。
私は仕事柄、土地探しからお手伝いをする事が多いのですが、物件自体も以前は市場に出る前に売り抜けていたレベルの物件でも、今はなかなか売れずにじわじわと価格を下げざる得ない状況に陥っています。
逆にあまり人気のなかった北側や高台の物件が人気となっております。
ある意味、逆転現象が起きていると言う事になりますね。
でも、この逆転現象はいつまでも続くかと言えば、そうでもないかと思います。
それは何故か?!


人間は忘れる生き物だからです
今は津波だ地震だと言う事で、人気の消え失せた湘南海側の土地価格。
でもこれが何年か経つにつれ、人は津波や地震を頭の中から忘れ去ったりしてしまいます。
そうなると今度は湘南海側の土地価格が上昇を始めますので、数年から数十年前に購入されて、今売りに出されている方は、結局損切りをせざる得ない事になる訳なのです。
でも逆に今この時期に購入に踏み切って、後々価格が上昇した時にはどうでしょうか?
そうです、結果的には得をしてしまうと言う事になりますよね。
この湘南の土地事情、新聞などでも大きめに取り扱われていました。
kanagawa-shinbun-kiji_20120921_181336.pdf
肝心な部分だけ、私がピンクマーカーをさせて頂きました。
中には売りに出しても売れないし、無念にも新築の注文住宅を建てたにも関わらず、1割下げに踏み切った方も、未だ売れずと言う物件もあります。
やはり人は損をしたく無い方ばかりなので、損をしない程度の販売価格設定を行います。
でもそれは、買い主のみの都合であって、今時期の空気を読めていないと言う事となる。
ある意味、どうしても怖ければ損切りをしてでも、売り切るべきなのですが、ローンなどで圧迫されている方はどうにもこうにも行動する事が出来ません。
そんな物件が多く売りに出ているのが現状です。
しっかし添付資料内、辻堂北側の基準地価上昇率と言ったら、びっくりな数字ですよね。
照らすモール湘南が出来る前には、想像も出来ない事でした。
ましてや鵠沼海岸や片瀬海岸と言えば、出たら速攻で売れる場所で、価格交渉なんて事を言っていたら、いつまで経っても土地が手に入らないくらいの所でした。
でも今は価格の交渉が出来やすい土地となってしまったと言う事ですね。
ただ、この現象も長くは続かないと見ています。
消費増税の直前になれば、重い腰をあげる方も多く居ます。
そんな時では、あなた以外にも土地を購入したいと思っている方は居る訳で、もじもじしていれば当然行動力のある方に先を越されてしまいます。
これはある意味、売り主側と、買い主側とのパワーゲームになります。
限られた予算の中で、少しでも要望を漏らさず取り込みたいと言う方にとっては。。
今、どういった行動を取れば良いのか?
これをきちんと把握して動かないと、せっかくのチャンスを掴めずに終わると思います。
後で後悔をしない為にも、早め早めの行動をする事によって、資産を有効に使って頂ければと思います。
もしもパワーゲームの土地購入戦略が分からないと言う方は、直接お問合せ下さい。
買い抜ける秘策をお教え致します。
face-book-iine!.jpg
フェイスブックに参加されている方は、よろしければ中尾建築工房のホームページ上にある所に戻って頂いて、画像に書いてある『いいね!』部分を押して頂けると嬉しいです!
励みになりますっ!
参加されていない方『私には無理かな・・・』と言わずに、とりあえず登録して『いいね!』部分を押して下さい!
『だめね( ̄∩ ̄#』と思った方も、押す場所はおんなじボタンになりまーす☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です