横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

やすらかに

 
やすらかに
この記事を書いている人 - WRITER -

つい先日、こんな事を書かせて頂きました。
実は私の恩師とも言える方がお亡くなりになったのです。
恩師と言うと、一般的には学校関係の方だったりするかと思います。
でも私の場合は違いました。
私の恩師は、パブの経営をされている方だったのです。
当時の私はまだ17歳と若く、夜な夜なバイクで走り回る事を止めた頃でした。
バイクを卒業してからというもの、夜の時間がぽっかりと空いてしまいます。
その穴を埋めたいとか、大人の世界に興味のあった年頃でしたので、私は横須賀にあるパブの面接を受けたのです。
そのお店を経営されていたのが、私の恩師となる方でした。
どう考えても、未成年にしか見えませんし、18歳と偽って面接に行っているのです。
間違いなく、それに気づいているはずの恩師は、私が『18歳です』と言った事を信用して、雇用してくれる事になりました。


当時の恩師はお店を経営されている傍らで、不動産会社にも就職をし、不動産のプロになるべく宅建の勉強もされていました。
そしてお店は私以外に3名ほどのスタッフで切り盛りをしたのです。
以降、恩師の事はマスターと言わさせて頂きます。
マスターは、とにかく人の話を聞くのが上手くて、いつも色んな方がお店に訪れていました。
そして理由はさておき、お店を閉める時が来まして、不動産業一本に絞ったのです。
私は他店に移籍をし、マスターは横須賀の不動産会社へ。
その後、マスターとは色んなシーンでちょこちょこ会う事がありました。
私が大工修行の時とか、独立したての頃とか。。
なんと言うか、忘れる前には必ずお会いすると言うか、タイミングが良かったんですよね。
人としても良い感じのオーラを出している方ですし、不動産業としてもクライアントに対して
誠実な仕事をする方でした。
私も土地探しを依頼されると、信用の出来るマスターにお願いをしていたのです。
でも3年程前から体調を崩したと聞き、2年前にはガンだと聞きました。
そしてマスター本人の口から『ちょっとこの先は中尾の仕事を手伝えないかもな。。』と言われたのです。
あんまり泣きを入れるタイプの方ではありませんでしたので、私はマスターの意思を受け入れて、それからしばし時が経ちました。
そして数ヶ月前に、偶然街でお会いした時には『医者に見放されちゃったからさ、でも俺も病院の中で寝たきりにされるのも嫌だし、治らないのに延命なんてして欲しくないし、なにより俺はやりたい事全てをやって来たから、もう人生に悔いは無いんだよ、だから仕事も辞めちゃったんだ。』と言われました。
本当は定年まで後少しだったのに、会社に迷惑かけたく無かったのでしょうが。。
店の主だった方ですから、自身のプライドもあったかと思います。

私も実の父親をガンで亡くしてますから、当の本人や家族の辛さは良く分かります。
ただ、なんにも知らせが無いのは、困りますのでマスターにはこう言いました。
『あ〜、そういう事ね。でもホントに最後の時にはどんな形でも良いから、必ず知らせてくれよな。必ず行くからさ。』
そう言ってその場を別れました。
そして11月の2日の朝、最後まで家族に冗談を言いながら、亡くなったそうです。
私がマスターの死を知ったのは、マスターがお世話になっていた不動産会社の会長ブログでした。
たまたま偶然にも会長のブログを見ていたら、そこにマスターの名前と亡くなったとの知らせがあったのです。
最後に会長に一働きしてもらって、私に教えてくれたんですね。
そのおかげで、今日の通夜に出て、お別れを言う事も出来ました。
最後の約束守ってくれて、ありがとう。
10代の頃から色々とお世話になり、様々な事を教えて頂きました。
これからは痛みも辛さも感じず、天国から見守っていてください。
マスター、安らかに。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 横助 より:

    恩師との別れ
    まだ私自身味わっておりませんが
    言葉にできないものがあると思います。
    今の自分の細胞を形成しているもの
    それは 脈々と受け継がれる諸先輩からの
    ご助言が血となり身となった結果。
    継承
    それが 残されたものの使命
    私も 私の恩師に報いれるよう
    精進したいと改めて思いました。
    有難うございます

  2. 中尾博志 より:

    横助さん☆
    こう言った別れだけは、いつ来るか分からない事です。
    周囲の元気で居て欲しいと願う気持ちがあっても、本人にとっては苦痛となる事もありますので・・
    恩師と呼べる方に対して、私たちが出来る事と言えば『師匠超え』でしょうか?
    マスターも一緒に仕事が出来た様になった時、とても嬉しそうでしたね。。
    あのお前がこんなになったんだなぁ!って。
    やはり恩師に報いる為には、いかに一生懸命に精進して、恩師と呼べる方を超えて行く事が出来るか?
    業界が違えど、恩師に教わった事をコピーするのではなく、自分の形に変換して、いかに社会貢献が出来るかって事だと思います。
    私もまだまだ向かわなければならない志がありますので、日々精進したいと思います。
    横助さんも共に頑張って行きましょう!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です