横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町一色|ナチュラルテイストの家が注文住宅から取材!

 
葉山町一色|ナチュラルテイストの家が注文住宅から取材!
この記事を書いている人 - WRITER -

これは先週末のお話
土曜日は藤沢にて注文住宅 神奈川で建てるから取材を受けたのが、人が集まる家。
そしてその翌日となる日には、葉山町に建てたナチュラルテイストの家も、同じく取材を受けました。
両邸共にシンプルな外観。
でも、オーナー様の嗜好もそれぞれ違いますので、なかなか楽しめる紙面になるんじゃないかなって思います。
そのナチュラルテイストの家なのですが、今回は私も相当頑張りましたよ、はっきり言って。
なにを頑張ったのかって言うと、これです。
hayamamachi-isshiki-chuumonjyuutaku-shuzai-o.jpg
いつもは私も取材に同席をするのですが、なにせやる事が無い訳です。
だからいつもマイ砥石を持ち歩いておりまして、包丁くらいだったら研ぎますよ〜とお話をしています。
でも、今回はさすがに参りました•••
なにせ半端無く超ボロボロの包丁です。。
これはオーナー家の包丁ではなくて、ご実家にあった包丁らしいのですが、なにしろ取材時間中の2時間をほぼ使い切ってしまいまして、私はどんな取材でどんな話になっているのか聞けなかった位、時間を消費してしまったほどの仕事量でした。
こんななんで、本気出して外で研いでいると、お向かいのおじいさんがそろそろ〜と近寄って来られまして『包丁研いでくれるの〜、俺の出刃も釣った魚捌くのに自分で研ぐんだけど、刃が切れねぇんだよなぁ。。どうすりゃ切れるようになるのかなぁ。。』と相談を。。
そんな相談を受けたら、やっぱり私も断れません。
画像では撮影もしておりませんけど、どうも研ぐべき場所を研がずに、研いではいけない部分を研いでしまっている様でした。
なので『おじいさんの包丁は、刃の部分を触っても平らになってるでしょ?それに斜めになってなければいけない部分が丸くなっているんです。丸っ刃だけに切れ込みも悪いし、さらに刃がついていないから切れないんですよ。でもこれは自分では直せないでしょうから、ちょっと下地になるベースはやっておいてあげますよ〜』と言いつつ、結局最後までしっかりと研いであげました。
そして頂いた私の手間賃がこれ。


hayamamachi-isshiki-chuumonjyuutaku-shuzai-o2.jpg
ま〜、ご丁寧に包丁一本で野菜を頂きました。
そんな事もあって、時間も掛かったのですが、最終的にご実家の包丁はここまで復活させる事が出来ました。
hayamamachi-isshiki-chuumonjyuutaku-shuzai-o3.jpg
刃先の部分に少々黒ずんでいる所がありますけど、刃だけはしっかりと付けておきました。
ちょっと使い方が荒っぽいため、曲がっちゃっているんですよね。
あんまり研いでしまうと、包丁自体も勿体ないのである程度で止める事に。
でも割と良い包丁でしたので、今度は力任せではなくて、丁寧に使って頂けたらと思います•••
とまぁ、大工社長のブログらしいと言えば、それらしい。
でも肝心の家は?
多分、そんな意見もあるかと思いますので、ちらっとだけ画像をアップ!
hayamamachi-isshiki-chuumonjyuutaku-shuzai-o4.jpg
アプローチには枕木を敷き込み、ポストの下にはかわいい感じの植栽を植えています。
こつこつとオーナー様が手を入れられている外構なのですが、味があって良いかと思います!
hayamamachi-isshiki-chuumonjyuutaku-shuzai-o5.jpg
なにやら取材陣と話込んでいる様です•••
あ、こちらはリビングですね!
hayamamachi-isshiki-chuumonjyuutaku-shuzai-o6.jpg
こちらは洗面の造作されたカウンターになります、
モザイクタイルも一つの特徴になるのですが、造作であんまり主張しすぎない程度に押さえてあります。
あんまり主張しすぎると、インテリアが微妙な感じになってしまいますので。。
hayamamachi-isshiki-chuumonjyuutaku-shuzai-o7.jpg
こちらは2Fにあるフリースペースの本棚。
板は杉の無垢材を使って、可動式の本棚になっています。
とまぁ、こんな感じで簡単にご紹介をさせて頂きました。
あんまり出してしまうと、紙面が面白くないかと思いますので、この辺りでご勘弁を。
でもやっぱりナチュラル系のコンセプトでシンプルに造られていますから、インテリアと融合した時に良い雰囲気を出せる様に細工をしています。
濃ゆい家もあれば、シンプルな家もある。
だから中尾建築工房の建てる自然素材の注文住宅は、ジブン•Style☆と言う事なんですよね!
と言う事で、いつになったら発売なのかは分かりませんけど。。
横浜市港南台に建てられたパティオのある家と一緒に紹介されるんじゃないかなって思います。
オーナー家の皆様、どうもお疲れ様でした〜☆
それにしてもこの日の働きぶり、なかなかのモノでしたね•••


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です