横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市ハイランドにて地鎮祭☆

 
横須賀市ハイランドにて地鎮祭☆
この記事を書いている人 - WRITER -

一昨日のお話になりますが、2013年12月12日の建築吉日(たつ)に、横須賀市ハイランドにて地鎮祭を執り行わせて頂きました!
建築吉日って言うのは、吉日の中にも色々な吉日がございまして、今回は(たつ)と呼ばれる日になります。
そしてさらには、一粒万倍日の日!
(たつ)は、建つの意 地鎮祭はじめ新規事の開始 上棟祭 神仏祈願に大吉日という意味を持つお日柄。
その(たつ)の日に、祝い事、事始めの吉日となる一粒万倍日も加わっておりますので、非常に良い日取りの中で地鎮祭を迎える事が出来ました☆
※一粒万倍日とは?
お米を生産されている、お百姓さんの立場で説明をしてみましょう。
まさに読んで字の如くって感じになるんですけど、一粒の籾(もみ)から、何万倍もの稲穂の収穫が出来るって事を意味しています。
そんな嬉しい事がおきると言われる日ですから、こういった地鎮祭にはとってもご神徳のある日取りって事になるんです。
しかも建築吉日の中でも(たつ)の日ですから、家を建てる最初の地祭りには、とっても良いお日柄と言う訳なんです。
でも一粒万倍日でも、例外はあったりします。
今回みたいに建築の吉日とぶつかっていれば、それこそ一粒万倍なんですけど、悪い日取りであると、それが半減しちゃったりするんです。
後はね〜
六曜の中でも仏滅とかに一粒万倍が当たるのは駄目だったと思います(多分)
ざっくりと言えば、良い事、嬉しい事は万倍になり、悪い事、悲しい事は半減しちゃったりする日と言う訳なんですね。
なんでも神様頼みって言うのは良く無いかもしれませんけど、こうした地鎮祭などを選択される場合は、少しでも良い日取りで迎えたいと思う訳です。
そんな良い日に、国土の神様を仕っておられる神主様に、地鎮祭を執り行って頂けたのは、相当良い日だったのではないでしょうか!
yokosukashi-hairand-k-jichinsai.jpg


いつもの様に全てのセッティングを終えて、地鎮祭を執り行います。
中尾建築工房がいつもお願いしている神主さんは、神社さんなのですが、国土の神様を仕っている神社さんです。
やはり国土の神様と言えば、建設のお仕事と切っても切れない関係ですよね。
私どものお上も国土交通省になりますし。。
そんなご神徳のある神社さんになりますから、この日もあっちこっちで地鎮祭の予約が入っていたんだそうです。
しかも神主さんが10人居るのに、忙しすぎて依頼をお断りする事もあるんですって。
出来なかったら断ってしまうのは、なんだか私も日頃から良く言っているので、実に共感出来てしまう所であります。
その10人の中でも、今回来て頂いた神主さんは。。
実はとっても話が長いんです・・・
いやいや、人はとっても良い方で、とっても丁寧な地鎮祭をして頂ける神主さんなんですけどね。。

まぁ、色んな神主さんが居られますから、ここはご愛嬌なのですが、話が終わって次に行こうとすると、またそこから話が続くって感じかな(笑)
その神主さんの話を聞きつつ、我慢しきれない男が約一名。。
yokosukashi-hairand-k-jichinsa2.jpg
でもまぁ、いつもと比べて10分程長い程度で地鎮祭を執り行う事が出来ました!
そしてこの後、ご近隣へのご挨拶廻りをさせて頂きましたが、ここで一名頑張る少年が。。
yokosukashi-hairand-k-jichinsa3.jpg
まるで監督に『おいで、おいで〜♪』をしながら、率先してピンポンするオーナー家のお子さん(笑)
ご近隣の方達も年齢層が比較的高めな住宅地でしたので、小さいお子さんが居ると、やっぱり人気度も違いますよね。
こうして無事執り行った地鎮祭!
祭壇に捧げてあった果物や野菜に大型金目鯛!
神様のお下がりものになりますので、大量ゲット!
さらには、ご挨拶回りの品も一軒分余りましたので、そちらもプレゼント!
さらにはご挨拶回りの際に、オーナー家のお子さんに頂けたお菓子も大漁!!
やっぱりこれってさ。。
一粒万倍日の効果なんでしょうかね(笑)

そんなめでたい日取りで終えた横須賀市ハイランドの地鎮祭は無事終了!
この後は、めでたいって事もありましたので、基礎工事も乗り込み初日にしてしまいました!
ちなみにこちらのオーナー様は、5年ほど前に中尾建築工房で家を建てた葉山一色のオーナー様と同じ職場だったとか。。
葉山一色のオーナー様もかなり濃ゆい方だったけれども、こちら横須賀市ハイランドのオーナー様も、違った感じで濃ゆいんですよねぇ・・
タイプが違うだけで、やっぱり中尾建築工房にお越しになられる方は、こだわりが濃ゆい方が多いんですね(笑)

良き人との縁と、良き日取りに恵まれまして、ほんとに良かった!
ひとまず、おめでとうございま〜す☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です