横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町一色海岸 湘南Styleな海の家

 
  2018/10/11
葉山町一色海岸 湘南Styleな海の家
この記事を書いている人 - WRITER -

前回、ご依頼を受けました葉山一色海岸での海の家プロジェクト。
さっそく色んな要望を伺うべく、昨日に中尾建築工房にお越し頂きました。
そしてその後、ちょっと浜辺の環境をお教えしたいと思いまして、現地へとお連れしたんです。
ちょうど最近はシケが続いていたから、ある意味で悪いコンディションな訳です。
そういった悪い条件の時を見る事が実に大事なんですよね。
悪天候の現地を見る事は、オープンしてから自然の猛威に驚いて、対応に追われてバタバタするよりも、先に理解してもらってからプランニングを立てて行った方のが、テナントの方にも理解しやすいでしょうし、私達の意見も取り込みやすいんじゃないかなって思いました。
hayama-isshiki-kaigan-uminoie2.jpg
富士山の見える夕焼けはとてもキレイ。
だけどこの時の風速は西の風で風速は10m未満です。
私みたいにスリムなタイプの人は、思わず風で飛ばされそうになります。
ん・・
今、なにか変な間があったけど、気にしないでそのまま進めるとしよう。
さて、家を建てる時に、私達は色んな要望を伺っておりますけれども、聞くだけ聞いたら、その土地に建てるメリットデメリットのご説明をさしあげた上でプランニングを進めております。
では、海の家の場合は果たしてどうなるか?
これはもう、はっきり申し上げまして、一般的な住宅とは比較にならない位、建築する上での条件が悪いんです。
なので、色んな事を言われた上で、その殆どが『やりたいのは分かるんだけど、そのまま造ったら、海の家が道路沿いにある上の家にぶつかっちゃいますよ。。。』的な話をしたりします。
住宅と海の家で、根本的になにが違うかって言うと。。
そうねぇ・・
住宅はいわゆる建築物です。
建築確認申請も出しまして、構造上問題の無い事も設計者が確認しつつ、特定行政庁の方でも確認をします。
その上で建てられる訳ですが、建築途中にも検査が入りますから、まぁきちんとしていると言えば、きちんとしているやり方です。
では海の家は?


海の家の場合、仮設建築物です。
そう、一番強調しなくてはならないのが、仮設だって事。
海岸のそれぞれの区画を占有する為の許可やマナー面での申請などは行いますし、保健所や消防の指導にも準じた上で進めていきます。
でも、建築確認申請があるかって言うと、住宅ほどのものではありませんし、当然建築物としての安全を確認する検査もありません。
そうなんです、つまりは仮設の建築物であるから、建物の構造は各自で責任を取ってねと言う形になります。
私達は地元の設計事務所であり、実際に施工を行う工務店も兼ねておりますし、プライベートもこの辺りのどこかで過ごしています。
そうすると、当然『あれ、やばいだろ・・・』という造りの海の家を見れば、やっぱり台風や低気圧が来た時に、営業出来る状態ではない海の家も結構見てきました。
そもそも、海の家は仮設の建築物だし、住宅とは違って基礎工事をする概念がありません。
だって毎年壊す訳だし、基礎を壊すなんて事は、ものすごい金額が掛かってしまいます。
だから基礎を造って建てる海の家は無いわけなんですよね。
当然、基礎が無いって事は、ある程度は感覚で進めて行く形になります。
その感覚で必要となってくるが、面で造るのではなくて、ストラクチャーで造るという感覚。
これで分かるかな。。
hayama-isshiki-kaigan-uminoie3.jpg
これ、もう夜になってしまっていたので暗いのですが、私のタバコケースをちょこっと砂浜に埋めてみたのと、その辺に転がっていた木の枝を使って例にしてみました。
木の枝は、ほんの少しだけ埋まっているだけですけど、風速10mの風に対して、揺れはするけど建っている。
所が風に対して木の枝よりも、大きな面積を持つタバコのケースは簡単に倒れてしまいます。
ちなみに砂浜に埋めている深さはどちらもおんなじです。
つまり私達が何を言いたいかって言うと、住宅の場合は雨風や雪、地震などと戦っても負けない様に造ります。
でも海の家などの悪天候が予想される場所に建てる仮設建築物の場合は、自然災害と戦わないで、受け流す方法を取る事が一番なんです。
そんな事を現地で説明させて頂いたのですが、かなりの理解度をイメージ出来た様なので、良かったです。
この他、色々と『こんなのやったら、どうでしょう!』と言われた事に対しての、私の一言。
『うん、無理!失敗してもよければ、やれば良いけどそのニーズは無いと思う。』
気持ちはほんとに良く分かるんだけどね〜
せっかく建てるのであれば、成功する形になってもらいたいので、敢えて駄目出しは多めにさせて頂きました。
それでは葉山町一色海岸 湘南Styleな海の家
夏のオープンまで、海の家を造って行く一連の流れを面白いかと思いますので、連載とさせて頂きます!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です