横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山の海の家 夏の終わりとともに

 
葉山の海の家 夏の終わりとともに
この記事を書いている人 - WRITER -

今年の夏は葉山の一色海岸に海の家を設計施工させて頂きました中尾建築工房。
しばらくブログ等の更新では、海の家が出てくる事はありませんでした。
実はちょっと理由がありました。
依頼のあった海の家経営側の方が、どうも・・・不可解って言うんですかね。
工事が始まってから、やたらと設計変更の嵐が出たのは仕方ないにしても、どうもクライアント側では、私達と打ち合わせをしたスタッフさんと、実際に経営をしている人たちの意見がどうもまとまっていなかったんです。
なので、決まった事に対しても、後から変更変更。。
これはまだ致し方ない事にしたとしても、私がブチ切れ寸前の所まで行ったんです。
私もそれなりに大人ですから、そうそうブチ切れしたりはしません。
でもね、中尾建築工房の職人さんを直接紹介したら、相当な罵声を浴びせたりとか、工事をやってから見積もり通りのお金を払わないとか、ちょっと問題があったんです。
私は職人さんの仲間内の中で、直接クライアントと会話が出来たり、見積もりを決めたり、提案の出来る職人さんは、そのまんま中尾建築工房を通さず紹介する形を取っています。
例えば中尾建築工房のオーナーであり、造園職人さんだったりしているオーナーも、直接クライアントと意志の疎通を測って工事を行う事が出来るスキルがあります。
なので『直接やれば〜』なんて話をします。
今回、難を受けたのが看板屋さんの職人さんだったのですが、中尾建築工房の看板という看板の全ては、彼に造ってもらっていました。
看板屋さんも自分自身で直接クライアントと打ち合わせが出来る職人さんです。
提案も出来るし、コスト調整も出来るし、実際に施工も自分で出来るので、私と打ち合わせをするかの如く、打てば響くの会話が出来る貴重な職人さんです。
そこで今回、看板を造りたいとの事でしたので『だったら、適任の人居るけど、紹介するから直接やりますか?』とご紹介をしました
あんまり詳しくは話せませんけど、提案してデザインも見積もりもOKを貰って施工した。
でも看板を付けてから罵声を浴びせて、お金もきちんと払わない。
こんな事がありました。
なので、あんまり取り上げる事はしなかったのですが、やるだけの事をきちんとやった上で、これはありえない話です。
結局、その不足分の費用は中尾建築工房の方で、看板職人さんに支払う事にしました。
きちんとやるだけの事をやったのにもかかわらず、モノづくりの職人を足蹴にされてしまった様なものですからね。
なので、本来は海の家の営業が終わって、解体なども手伝ったりするはずなんですけど、もう二度とお付き合いをする事は無いと言う意志を海の家経営側の方に伝えました。
なので来年どうされるのか分かりませんけど、中尾建築工房は今後は一切のお手伝いをしない事にしました。
そんな海の家ではありますけど、まさかこんな所で登場するとは。。
hayama-uminoie-terrace-house.jpg


これ、金スマの後でしたっけ?
たしか今月で番組が終了するテラスハウスという番組を見た1シーンです。
hayama-uminoie-terrace-house2.jpg
なんだか見た事のある海の家ですねぇ。。
hayama-uminoie-terrace-house3.jpg
あ〜、出演者の女性陣が、この海の家で女子会でも開いているシーンみたいでした(笑)
ま、終わりは悪いけど、一色海岸でのパっと見は良かった様で、テレビにも使われたのはちょっと嬉しいかもしれない(笑)
また来年から葉山あたりの海の家の規制はおそらく厳しくなるかと思います。
そうなったら、今の様な遊び方は出来なくなるかと思いますけど。。
私としては家族連れでも、グループでもカップルでも、共存出来る海の家であって欲しいと思います。
その為には、やっぱり。。
派手に刺青入れている人やら、ガラの悪い方等は、海岸へ来るのはご遠慮して頂きたいですかね。それがお客さんでも経営する側でも共通です。
と言う事で、葉山の海の家 夏の終わりとともに解体される季節になりました。
嫌な思いはしましたが、海の水に流すと共に後は一切相手をしないだけ気が楽になりましたー


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 切れる男 より:

    残念なハナシですね…
    質の高い職人をリスペクトしないなんて。
    イロイロあるんスね…

  2. 中尾建築工房 より:

    切れる男さん(A山さん?)☆
    色々とあるみたいですね・・ちょっと私もさっぱり理解出来ないんですけどね。。
    まー、工事が始まってからの聞いた話では、相当ガラの悪い感じみたいなので、私は全然ガチでも構いませんけど、なんにも言って来ませんねぇ・・

  3. 名前バレちゃう男 より:

    このようなビジネスは海を愛するヒトにやってもらいたいです。

  4. 中尾建築工房 より:

    名前バレちゃう男さん☆
    ですね・・・

  5. ^_^ より:

    中尾さん。
    ただの自慢?ですか?
    愚痴をブログで言って馬鹿みたいですね。笑
    プロのやる事では無いのでは?
    大人が金貰って文句…
    馬鹿みたいですね〜

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です