横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

ハンドメイドで造るロートアイアンのフェンス|WroughtIron-handmadePart2

 
ハンドメイドで造るロートアイアンのフェンス|WroughtIron-handmadePart2
この記事を書いている人 - WRITER -

さて、前回ではロートアイアンと鋳物の違いをご説明差し上げましたが、ここから本格的にロートアイアンとしての醍醐味みたいな部分をご覧頂けるかなって思います。
やはり何と言っても、ハンドメイドと言われる作業ですから、手に職系なんですよね。
当然、様々な道具も使いますけど、少ない道具を使いこなしてこそのテクニックがある訳なんです。
前回は木取りの作業が終わった段階でしたので、職人さんの工房にて続きの作業を撮影させて頂きました!
(私じゃなくて、武藤がですが・・・)
WroughtIron-handmade2.jpg
すでに規定の寸法にカットされた部材に、アクセントを付けるモノと、付けないモノで分けていきます。
今回は縦で格子を入れていくのですが、その格子にはひねりと呼ばれるアクセントをつけていきます。
イメージ的には、こんな感じの形。
WroughtIron-handmade3.jpg
画像で見られる縦の格子部材を今回は加工しております。
画像ではバスケットと呼ばれる丸いカゴがありますけど、今回はバスケットを使わないので、あえてぼかしてあります。
全てがひねっているモノを使うのではなくて、ひねっているモノ、ストレートのモノを交互に入れていく計画です。
ストレートの格子は、カットするだけになりますので、ひねっている格子の加工作業をご紹介させていただきましょう!
まずはこの様に、片方を万力で固定します。


WroughtIron-handmade4.jpg
そしてバーナーで火を入れて行く事によって、赤くなった部分をひねって行きます。
WroughtIron-handmade5.jpg
バーナーで炙って赤くなってきたので、力を加えてひねっていきます。
WroughtIron-handmade6.jpg
一つのひねりが終わった段階で、今度はまたバーナーを入れる部分をずらして、さらにひねっていきます。
WroughtIron-handmade7.jpg
これをひたすら繰り返して行く事になるのですが、延々と繰り返していくと。。
WroughtIron-handmade8.jpg
この様な形の素材達が出来上がります。
この作業、一見では簡単に見えますけど、実はそうではありません。
かたや万力で固定しており、バーナーを持ちながらひねって行きますので、この様にまっすぐの状態でひねるのは至難の技なはずです。
そのため、まずはデザイン的な部分のひねりのサイズは共通にさせて、後から歪みやたわみを修正するのも必須の作業になるでしょう。
ハンドメイドで造るロートアイアン
デザインや用途は多種多様でありますけれども、これがハンドメイドの難しさであり、醍醐味でもあり、オンリー1でもあるのが感じ取れますよね。
既成品では出す事は出来ないであろう、この風合いは、依頼をされたオーナーだけが分かる格別な喜びと変わる事でしょうね。
また作業の進行具合はアップさせて頂きます!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です