横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

逗子市逗子|造作シンプルなタモ材で造るテレビボード

 
逗子市逗子|造作シンプルなタモ材で造るテレビボード
この記事を書いている人 - WRITER -

体が痛い•••
やはりよる年並ってやつには、なかなか敵うものではありません。
それは元大工であった私にも同じなんですよね。
現役の頃のイメージだけは持っていて、そのイメージ通りに体を動かそうとする訳だから、後から究極に体が痛くなってくるんです。
ほんと、自分でも『そろそろ自覚しろよな〜』と言いたい位、単純な細胞体の集まりであるこの私。
さて、そんな私が,逗子市逗子に新築の注文住宅を建築中のオーナー様に依頼されていたシンプルなテレビボード。
打ち合わせをしていて、その程度のもんだったら、そんなにめんどくさくない。
それに私の家とも近いと言う理由で『私が造れば、手間無しでいいよ〜』と安請け合いをしてしまったんです。
造りは確かにシンプルなんだけど、中尾建築工房で扱っている本物の無垢板はとにかく分厚くて重い•••
それだけに重さを計算してないから、体も痛くはなりますわな••
zushishi-zushi-k-tvbord-zousaku.jpg
まずは中尾建築工房1Fの作業場にて、タモの無垢板をプレーナーで削って行きます。
※プレーナーとは?
木材の厚みを整える機械。
刃は常に切れる状態にしてありますけど、幅広の板の場合はゆっくりゆっくり、ちょっとずつちょっとずつ、厚みを落として行きます。
板はねじれもありますから、全てがきれいに削れると、今度は反対面を削りまして、ねじれのない板として整えられる機械になります。
現場では、プレーナーで削った板を、今度はベルトサンダーと言うサンディング専用手工具にて削りまして、何枚ものサンディングベルトのペーパーを交換しつつ、半日以上は板を削りました。
そうすると当然木材の表面はツルツルになります!
そして組み上がったテレビボードは。。


zushishi-zushi-k-tvbord-zousaku2.jpg
まさかここまでてこづるとは思いもしませんでしたので、ライトも持って来ておりません。
現場にあるライトだと、造作仕事には光量が足りませんので、ほぼほぼ出来上がった段階で断念•••
あと30分程度の作業で完了するのですが、やはりたまに現場に出て作業をする元大工の場合、自分が若くないって事の自覚が相当必要なんだと思ってしまいました•••
別に老眼入っているからと言って、途中でやめた訳ではありませんよ〜
でも逗子に新築を建てるって構想がね。。
先をこされてしまったのにもかかわらず、自分自身の妄想も進みつつ。。
いつになったら、自分の家が建つやら•••


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です