横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町海岸通り|ここをなんとかして欲しい。。。

 
葉山町海岸通り|ここをなんとかして欲しい。。。
この記事を書いている人 - WRITER -

私の毎朝の通勤ルートは、逗子から横須賀までの海岸線を通って中尾建築工房まで通勤しています。
そこで、いつも気になる道路があるんですよね。。
場所は逗子でもなく、横須賀でもなく、葉山町になります。
葉山といえば、海岸線の景色が楽しめる場所になりますから、ついつい車を停めてしまって、まったりする事もしばしば。。
hayama-douro-jyokou-chuui.jpg
通勤途中にこの景色ですから、ついつい車を停めて、一服をしてしまうのは、海好きな方なら尚更理解をして頂ける事でしょうね。
ただ、ずっとここで過ごしてしまうと、当然遅刻になってしまいますし、ぎりぎりなのもなんなので、ある程度はゆとりを持って運転をしてきています。
ところがですね、この海岸通りで私が気になる唯一の場所があるんです。
なにが怖いかって言うと、ついつい人が飛び出してきそうな場所になるのですが、ここの道が危ないなぁと、いつも思いながら通っているんです。
場所はどこかって言うと。。


hayama-douro-jyokou-chuui2.jpg
葉山にお住まいの方なら、おそらくすぐにこの場所が分かるのではないかなって思いますが、ここは県道の左右に路地がありまして、左方向からはバス通りにある向原の信号と繋がっている道です。
すぐそこの右角には、魚佐と言う鮮魚料理が食べれるお店があったりします。
そして右方向は、砂浜に抜ける道になっているんです。
ここで問題なのが、画像に記載した徐行の標示。
徐行と言えば、免許を持たれている方でも『あれ、なんだったっけ?』って、速度の規制とか忘れてしまっている方もいらっしゃるかと思います。
私はつい最近になって、大型バイクの一発免許を取得した経験から、まだ覚えているのですが、10km以下、もしくはすぐに停まれる速度の事を言います。
と言う事は、ここでスピードを落さなくてはならない訳なんですよね。
交通ルールは当然守らないといけませんから、私がここでスローダウンする事によって、私は徐行を実施します。
ところがどっこい、私の後ろを走って来る後続車が、いきなりスピードを出して私の車を交して走って行く事が数回ほどありました。
その時はたまたま左側から人が出て来ておりましたが、私の車に気づいて、飛び出す事はありませんでした。
でも、あれが子供だったとしたら、右側から追い越しをする方の車両とぶつかっても不思議ではありません。
ま〜、時間の無い時に慌てて、スピードが落せなかったりする場合もあると思うのですが、やはり交通ルールはきちんと守って、事故の無い様なマナーのある運転を行いたいモノだと改めて思いました。
事故してから後悔するのでは遅いですからね•••
やっぱ、あれか。。
神奈川県警に電話して、標示だけではなくて、標識なんかも目立つ様にしてもらった方が良いのかもね•••


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です