横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市走水漁港の味美食堂

 
横須賀市走水漁港の味美食堂
この記事を書いている人 - WRITER -

あらら、確か以前に書いたんだよなぁ。。
確か私の記憶に間違いが無ければ、このお店を紹介した事あったと思うんだけどなぁ。。

いやいや、最近こちらの方(いわゆる横須賀)に越して来られた方に、鮮魚が安くて美味しいお店って無いですかって聞かれていたんです。
んで、それだったら走水の食堂なんていいんじゃないの〜、ちょっとお店の床とかは今にも抜けそうですけどね〜(笑)と話をしたんですよね。
確かブログにも書いた記憶もあったから、調べてみたんですけど。。
どうやら検索掛けても出て来ない•••
と言う事で、改めてどんなお店かって言うと、走水漁港にある小さな食堂さんになります。
鮮魚と言っても、生で食べるのはアジとたこ位しかありません。
詳しくはこちら
いわゆる地物専門のお店でして、ここのご主人(おじいちゃん)が、走水漁港内の遊漁船に乗って、地元のアジをストックしてくれています。
港の前で釣れたアジをそのまんま出してくれますから、そりゃ〜美味いに決まっている訳なんです。
その理由はただでさえ走水のアジは美味しいと言われる魚なんです。
そこれそ東の走水のアジ、松輪のサバと呼ばれているのに対して、西の関サバ、関アジって言うくらいですから、そりゃ〜ブランド力も半端ない訳ですよ。
しかも関サバ、関アジは高いお金を出せば、通販とかでも購入する事が出来ます。
でも、走水のアジだけは、釣り人しか食べれない。。
つまり漁をしている船が無いので、市場には出回らない魚になるんですよね。
そのブランドなアジを定食で出してくれるのが、走水の味美食堂さんなんです。
私も釣りに行った時に時間があれば、立ち寄る事もあるのですが、釣行の時って、たいていコンビニ食で終わってしまうんですよね。
なんでかって?
それは午前中も船で出船して、午後も出船するからです(笑)
そう、午前の船で帰って来て、だいたい12時10分くらいでしょ〜
それから味美食堂さんまでテクテク歩いて5分も掛からない位。。
そこから定食を注文して、ご飯を食べるとそれこそギリギリになってしまう。。
しかもこの食堂、結構行列が出来たりしてますので、その待ち時間があったりすると、当然午後船には乗れなくってしまうから、仕方なしにコンビ二食になってしまうと言う訳なんですよね。
はい、ではお勧めの定食はなにかっていうと。。
hasirimizu-aji-ajimi-shokudou.jpg


価格的にはさほどしない定食の価格です。
はっきりと覚えてはいないけど、この価格で走水のアジ定食が食べられるなら、相当素敵なお手頃価格なのは間違いありません。
でも、実は魚って、漁網で穫った魚と、釣った魚のどっちが果たして高いのでしょうか?
実は網で取れた魚はいくら天然モノだとしても、釣った魚の方が価格は高いんです。
網で穫れた魚に関しては、魚自体も苦しんで死んでしまいます。
なので血抜きが出来ないから、まぁそれなりな訳ですよね。
スーパーなんかで売っているアジは、まぁだいたい網で穫れた魚が多いです。
ところがこの食堂で出してくれるアジ定食の魚は、基本的に釣ったお魚です。
私が行きつけにしている船宿さんとは違う宿に、味美のオヤジさんが乗船して釣っている訳ですからね。
それにおそらく味美のオヤジさんは、ほぼほぼ毎日乗船しているからなのか、魚を釣り上げるテクニックもさる事ながら、魚もきちんと締めてくれています。
その証拠がこの刺身の色なんです。
hasirimizu-aji-ajimi-shokudou2.jpg
ちょっと画像がぼけてしまっているのですが、アジの割に端っこの身が白いの分かりますか?
これはきちんと血抜きが出来ている、なによりの証拠であり、赤身の部分も赤色ではなくて、ピンク色なモノが美味しいんですよね〜
とまぁ、三浦半島と呼ばれるこの辺りは、海と山に囲まれていて、割と海産物も多いから名物店も多いんです。
食べログのリンクを見てくれれば分かると思いますけど、この他にもタコ刺定食とか、穴子の天ぷら定食、アジフライ定食、たま〜に味美のオヤジさんがラッキーで真鯛なんかを釣り上げた時には、真鯛定食なんかも出るみたいですよね。
とまぁ、こんな感じでメニューは少ないんだけれども、お吸い物に入っているわかめなんかも、走水産のわかめです。
つまりはこだわりのある地元の名店と言われるお店になりますけど、ちょっとお店の外観と内観の風貌が。。。。ね(笑)
その辺りを全然気にしないのであれば、行って美味しいお店だと思いますよ〜

そういえば、私と同級くらいの息子さんも、調理を手伝っているんですけど、息子さん自身は釣りやらないんですって。。
なので、もしも味美のオヤジさんになにかあったとすると。。
魚を仕入れるルートが消えてしまうから、行かれる方は早めが良いかな〜なんて思ったりします。。
でも、毎日出船している位、元気そうだから、まぁだいじょうぶかぁ。。
と言う事で走水産の美味しいアジを食べたい方は、走水漁港の味美食堂さんか〜
中尾建築工房にお越し頂ければと思います(笑)
うちにもあるんだよな〜
超低温冷凍庫にしまっている走水産のアジがね〜


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

横須賀市走水漁港の味美食堂

 
横須賀市走水漁港の味美食堂
この記事を書いている人 - WRITER -

あらら、確か以前に書いたんだよなぁ。。
確か私の記憶に間違いが無ければ、このお店を紹介した事あったと思うんだけどなぁ。。

いやいや、最近こちらの方(いわゆる横須賀)に越して来られた方に、鮮魚が安くて美味しいお店って無いですかって聞かれていたんです。
んで、それだったら走水の食堂なんていいんじゃないの〜、ちょっとお店の床とかは今にも抜けそうですけどね〜(笑)と話をしたんですよね。
確かブログにも書いた記憶もあったから、調べてみたんですけど。。
どうやら検索掛けても出て来ない•••
と言う事で、改めてどんなお店かって言うと、走水漁港にある小さな食堂さんになります。
鮮魚と言っても、生で食べるのはアジとたこ位しかありません。
詳しくはこちら
いわゆる地物専門のお店でして、ここのご主人(おじいちゃん)が、走水漁港内の遊漁船に乗って、地元のアジをストックしてくれています。
港の前で釣れたアジをそのまんま出してくれますから、そりゃ〜美味いに決まっている訳なんです。
その理由はただでさえ走水のアジは美味しいと言われる魚なんです。
そこれそ東の走水のアジ、松輪のサバと呼ばれているのに対して、西の関サバ、関アジって言うくらいですから、そりゃ〜ブランド力も半端ない訳ですよ。
しかも関サバ、関アジは高いお金を出せば、通販とかでも購入する事が出来ます。
でも、走水のアジだけは、釣り人しか食べれない。。
つまり漁をしている船が無いので、市場には出回らない魚になるんですよね。
そのブランドなアジを定食で出してくれるのが、走水の味美食堂さんなんです。
私も釣りに行った時に時間があれば、立ち寄る事もあるのですが、釣行の時って、たいていコンビニ食で終わってしまうんですよね。
なんでかって?
それは午前中も船で出船して、午後も出船するからです(笑)
そう、午前の船で帰って来て、だいたい12時10分くらいでしょ〜
それから味美食堂さんまでテクテク歩いて5分も掛からない位。。
そこから定食を注文して、ご飯を食べるとそれこそギリギリになってしまう。。
しかもこの食堂、結構行列が出来たりしてますので、その待ち時間があったりすると、当然午後船には乗れなくってしまうから、仕方なしにコンビ二食になってしまうと言う訳なんですよね。
はい、ではお勧めの定食はなにかっていうと。。
hasirimizu-aji-ajimi-shokudou.jpg

(さらに…)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房 , 2014 All Rights Reserved.