横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

三浦市初声町『サーファーズHOUSE』お引き渡し☆

 
三浦市初声町『サーファーズHOUSE』お引き渡し☆
この記事を書いている人 - WRITER -

昨日の事になりますが、2015年2月23日六曜大安、一粒万倍日の日に三浦市初声町にて『サーファーズHOUSE』のお引き渡しをさせて頂きました!
miurashi-hasseimachi-a-ohikiwatashi.jpg
『サーファーズHOUSE』の外観はご覧の様な外観。
これはラップサイディングと申しまして『サーファーズHOUSE』にとっては、とっても重要なポイントの外壁なのです。
アメリカの西海岸の方に行くと、良く見受けられる家って感じになりますね。
外壁以外の木部に関しては、垂木や破風板などもレッドシダーを選択しまして、木部はオーナー様にて塗装をされた外観となります。
おそらく中尾建築工房で家を建てて、すでに何年も中尾建築工房ブログをご覧頂いている方からすれば『こんなの今までにあったっけ〜?』って感じだと思います。
まー、希望されている方が少ないってだけで、決して出来ないって訳ではございません(笑)
出来るっちゃ〜、出来るけど、ラップサイディングはそんなに安くは出来なかったりするんです。
それに、やるんだったら細かい部分もこだわりたい。
ではその細かいってところはどこかって言うと。。


miurashi-hasseimachi-a-ohikiwatashi2.jpg
条件的には無塗装品を現場で塗装する場合に限ってのお話なのですが、ラップサイディングの場合は出っ張る角の部分に役物(やくもの)と呼ばれる部品があるんです。
その役物はなぜ存在するのかと言いますと、施工性を上げる為、かつ防水性を高めるためにあります。
画像である程度ご覧頂けるかと思うのですが、ラップサイデイングの出隅に役物を使った場合の仕上がりが左の画像。
右の画像が『サーファーズHOUSE』の画像になります。
さて、仕上がり的にはどちらがよろしいでしょうか?
私は右の『サーファーズHOUSE』の貼り方の方がシンプルに見えて格好良いかと思います。
左側は生産性を上げるために必要な役物。
でもね、『サーファーズHOUSE』のオーナー様の要望を聞いていると、どうもなんちゃってサーファーズHOUSEを求めているのではなくて、ガチのサーファーズHOUSEを求めているっぽかったんです。
んで役物を使ってしまうと。。
どうも今時のなんちゃってラップサイディング仕上げになってしまうんです。
なんて言うんだろうか、この役物がまた目立つ訳なんですよね、実際。
役物を目立たせたいのではなくて、全体に貼られたラップサイディングを観せたい訳です。
役物を使ってしまうと、なんかその役物だけがとっても目立ってしまって、ガンダムに出てくるリックドムみたいな感じになっちゃうって言えば分かりますかね?
リックドムってスカートが結構あるじゃないですか?
それが連なってしまうと、リックドムが三機連なったジェットストリームアタックみたいな感じになってしまうものですから、敢えて手間の掛かる方法で造ることにしたんです。
それにアメリカの西海岸のサーファーオヤジが建てる場合、家にカーペンターを呼んで、お金を払ってメンテをしてもらうってよりは、一家のオヤジがペンキ塗ったりするのが一般的。
こちらの家もなんちゃってサーファーズHOUSEにしない為にも、やっぱり塗装を塗り重ねて趣のある様にしたかったと言う訳です。
この外壁、海外で言うところではサイディングと呼ばれます。
日本でも最近、サイディングと呼ばれる様になりましたけど、私が大工の小僧の頃には下見(したみ)と呼ばれていました。
下見にも貼り方がありまして、『サーファーズHOUSE』の様なラップサイディングの貼り方を南京貼りと言います。
簡単に説明すんと、こうやって重ねて貼るのが南京貼り。
板と板をあまり重ねないで貼ったりする方法をドイツ下見と呼んだりします。
私が初めて大工の仕事として、この南京貼りをさせてもらったのが、逗子の披露山公園内にある木造軸組在来工法で建てた貸家です。
南京貼りの場合は、画像の様に一段を貼ったら、次は重ね部分を反対にして貼っていきます。
だから一度にまとめて板をカットする訳にも行かず、手間暇が掛かるんです。
だけどその代わりに見た目はバッチグーな訳だ(笑)
と言う事で、そんな小さい、一見ラップサイディングがお好きでない方にとっては、ど〜でもい〜ような事なんですけど、中尾建築工房で家を建てるオーナー様は、どの方もこだわりがそれぞれに違います。
だからいつもの感じではない家にはなりますけど、これはこれで『サーファーズHOUSE』のオーナー様にとってはオンリー1と言う事ですね!
miurashi-hasseimachi-a-ohikiwatashi3.jpg
ホントは目出しでなにも隠さない表情が一番伝わるかと思うんですけど、さすがに。。それはね・・・
でも満足はして頂けた様なので、これはこれで良しとしましょう(笑)
ペンキ塗りも頑張った。
天井や壁の珪藻土塗りもひたすら夜な夜な頑張った。
そんな苦労も、こういった引き渡しの時になれば、一瞬で喜びに変わってしまうから、面白いもんですよね。
そしてこちらのオーナー様にはこんなプレゼントもご用意させて頂きました!
miurashi-hasseimachi-a-ohikiwatashi4.jpg
ブログのどこかで詳しく書いてありますけど、こちらのオーナー様も私も、中学校の頃は男子バレー部でして、学校は違えどおそらくどこかでは会っている。
そんなゆかりもありまして、私から引き渡しのプレゼントにバレーボールを送らせて頂きました〜
いつかこちらのご主人が落ち込む事があったのなら、このバレーボールを見て私を思い出して頂いて、すかさずビビって頂きましょう(笑)
と言う事で長かったけど辿り着いた『サーファーズHOUSE』家の家造り。
竣工おめでとうございまーす☆
後はウッドデッキ、4月までに終わらせてね☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です