横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

施主支給で行うガレージシャッター|果たして本当に正しい選択か?

 
施主支給で行うガレージシャッター|果たして本当に正しい選択か?
この記事を書いている人 - WRITER -

ちょっと前に某湘南エリアにて家を建てたオーナー様が、ご友人の方を紹介して頂きました。
なんでも中古の戸建てを購入されるとの事でして、耐震に不安があるとか。。
そこで耐震リフォームを得意とする業者さんに見積もり等を依頼していたのですが、なんとなーく微妙・・
なので私的には、工事をする、しないではなくて、悩んでいる様だったから『こーすればいいんじゃね?』とか『やるならきちんとぶっ壊して建物の構造を見ないと、なにが必要な工事で、なにが不必要な工事か分からないよー』等のアドバイスをさせて頂いておりました。
結局は中尾建築工房で施工する事になったのですが、今回Webでご主人が探されたガレージドアの販売業者さんがありました。
なんともガレージドアが格安で出来るみたいな話だったのですが、私の脳内に『ピコーン!』と反応アリ(笑)
インナーのシャッターボックスがこの価格?
随分と格安だなぁ。。しかも取り付け工事費込み??
ほほぉ〜、Webの業者さんはリアル業者さんよりも破格で出来るのかなぁ・・・
な〜んて思っていたんです。
でもやっぱり私の脳内の『ピコーン!』が出て来た場合、たいてい外れた事がありません。
なんと言いますか、超直感力とでも言えば分かりやすいと思うんですけど、これが来た時には大抵怪しい。。
そんな理由がありまして『このWebできちんとやってくれて、価格も安ければ全然そちらの業者様でやれば良いかと思います。でも念のため価格や工事の内容等々は、一度、私に確認させてもらっても良いですか?』
そしてWebショップさんに問い合わせを行ってみました。
chigasakishi-builtin-garage-reform.jpg
今回、施主支給で取り入れようとしているのは、このガレージシャッターです。
いいよね〜、ガレージシャッターって!
私も自邸を建築する時には絶対ガレージ造りますもんね。
車でしょ〜
バイクでしょ〜
SUPの板とパドルでしょ〜
スキューバのフルセットでしょ〜
釣具でしょ〜
各種ウェアでしょ〜

でも私の妄想なんて誰も聞いてなかったでしたっけ(笑)
話は戻しまして確かにこのサイズのガレージシャッターがこの価格なら、私だって検討したいです。
ただし小さく117,866円〜って言うのが見れるかと思います。
いいですか!
この住宅を建てる業界特有の『〜』が危ないんです。
良く、住宅展示場とかの広告とかで『25.8万円〜』とか『◯◯限定5名様!』とか。。
『〜』と『限定』は、一般の方にとっては絶対に注意しなくてはならない点になるんです。
んで早速、私が問い合わせをしてみた所、この価格の表記の理由はこういった中身のモノでした。
今回、ご主人が探されたWebショップのページは、さらにスクロールして進んでいきますと、ガレージシャッターのサイズの縛りがあるんです。
画像にすると、こんな感じね。


chigasakishi-builtin-garage-reform2.jpg
まず開口幅と言う段がありまして、その下の段には開口高さとなるサイズ表があります。
これを見ると開口幅に関して言えば855〜1800mmまでで、開口の高さについては824〜1600mmと記載があります。
それぞれ、幅と高さを限定したとすれば1.37㎡〜1.5㎡の大きさになります。
この面積は、一般の方が一目で分かるサイズとして、今どきの新築で採用されている片開きドアの大きさと一緒になります。
普通の内装ドアのサイズなら、おおよそ皆さんも検討付きますでしょ?!
つまり普通の住宅ドアの大きさと同じであれば、117,866円で取り付け工賃も含みますよと言う事なんだそうです。
ただし、この表はあくまでも目安なんだそうです。
サイズも一口にガレージシャッターと言っても無数の種類があるんです。
またオーダー対応として中途半端なサイズにする事も可能、しかし価格も上がってしまう為にこの様な表記をするしか無いみたいなんですね。
なんで最終的な価格と言うのは、実際に現地に行きまして、きちんとした見積もりを作らないと価格は出せないって事でした。
なお、シャッターの取り付け工事については、こちらのウェブショップさんにお願いした場合、シャッター廻りのシーリングは行うけれども、シャッターを取り付ける為に弊害となる部分解体や下地調整は一切無しとの事でした。
と言う事で施主支給で行うガレージシャッター工事
以外に安く出来ると見えてしまうのですが、実際には。。。
あんまり安い買い物ではないって事になります・・・かね。。
だってな〜、この価格だったら私が頼みたいですもんねぇ〜
でも私の家の場合は木製ガレージシャッターにしたいかなぁ・・・


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です