横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横浜市磯子区『みんなで造る昭和的こだわりの家』上棟☆

 
横浜市磯子区『みんなで造る昭和的こだわりの家』上棟☆
この記事を書いている人 - WRITER -

2015年7月4日の大安一粒万倍日の日に、横浜市磯子区の閑静な住宅地内に『みんなで造る昭和的こだわりの家』が上棟しました☆
yokohamashi-isogoku-sugita-s-jyoutou.jpg
当日の天候的にはあまり良くない天気でしたけど、なんとか棟上げまでは持って行けました。
これには棟梁達に感謝ですね!
『みんなで造る昭和こだわりの家』は、オーナー様のたたき台に対して、若干私が書き込みを追記したタイトルでございます。
ここでオーナーご主人様からのメッセージを。
******
家の名前はどうしましょうか。
中尾さんや西井さん、私と妻みんなで考えて作った家なので、
「みんなで作ったこだわりの家」
という感じでしょうか。
多分他の工務店であれば注文建築だとしてもここまで相談しながら家を作る事はできなかったでしょうし、ここまでこだわることもできず大分妥協しなければならなかったと思います。
シンプルな名前ではありますが、中尾建築工房でなければできなかった家だと思うのでこのような名前でどうでしょうか。
******
と言う事なんですけど、古材の建具を使っていたり、隣に建つ4件の建売住宅の真逆を行くスタイルの家になります。
やりたい雰囲気はこんな感じ。
でも予算はなるべく掛けたくない!
で、どうしたら良いのだろう・・なんて所から始まったプランニングでした。
やりたい雰囲気と言えば、外構の一部にはカメ(うつわ)があって、そこにはメダカが泳いでたり。。
わざわざ古材屋さんで購入して来た建具なんかも入れ込みたい。
つまり今時のコジャレた感じと言う路線ではなく、懐かしい感じのする家と表現をすれば伝わるのかもしれません。


ここで気付いたのだけど、平成も始まって27年が経っています。
と言う事は、そろそろ平成生まれのオーナーが出て来てもおかしくは無いのだけれど、家を建てるほとんどの方って、まだまだ昭和生まれの方がとっても多い気がします。
私なりに昭和を振り返ると、幼い頃は賃貸の平屋に住んでいて、歩いてすぐに所に神社がありました。
確か家にはお風呂が無くて、ドラム缶にお湯張って入ったりとか、近くの銭湯に通っていた記憶があったりします。
家の近くの神社では、縁日で金魚すくいをしたりとか、超、からだに悪そ〜な顔料たっぷりのあめ玉舐めたりとか(笑)
いつも神社で走り回ったり、自転車の練習をしたり、友達と鬼ごっこしたり、缶蹴りしたり、なにをするにも神社で遊んでいた記憶があります。
私のイメージでは昭和ってこんな感じ(笑)
そんな幼い頃を彷彿させる家と言う事で『みんなで造る昭和こだわりの家』と言う感じにさせて頂きました!
それにしてもいつもなら簡単に私も進められる方なんですけど、この家は図面の細部やコーディネイトは何気に大変だったなぁ。。
私はどちらかと言うと、結構即決型のタイプになるので、話を進めるのは割りと早い方なんです。
ところが『みんなで造る昭和的こだわりの家』に関して言えば、結構なお時間費やして造っていたりします。
自分の幼い頃となにか関係があるのかなぁ・・なにに時間が掛かっているのかは、自分でも良く分からない(笑)
まぁ、いっか!

と言う事でね。
『みんなで造る昭和的こだわりの家』にしても、他オーナーの建てる注文住宅にしても、それぞれ何でもアリで、様々なスタイルがあると思います。
予算だって、掛けれる方も居れば、掛けれない方もいるでしょう。
だからと言って、我慢ばかりの家造りが楽しいか?
全て諦めから入る家造りが、家族の想い出を刻んでいける家になるのだろうか?
これから家を建てる方は、自分の胸の内に聞いてみてください。
そしたら本当にやりたい事が湧いて出て来るかもしれませんよー
yokohamashi-isogoku-sugita-s-jyoutou2.jpg
と言う事で、横浜市磯子区『みんなで造る昭和的こだわりの家』
オーナーらしいジブン・Style☆な家がここに誕生!
無事上棟、おめでとうございまーす☆
どっちが先とか関係なく、お互いを認め合って、仲良くすればよいかと思いまーす☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です