横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

2016年相模湾キハダマグロ釣り|強力な武器をゲットしました☆

 
2016年相模湾キハダマグロ釣り|強力な武器をゲットしました☆
この記事を書いている人 - WRITER -

つい先日、キハダマグロを釣り上げるべく、祈りのこもったステンドグラスを頂きました。
ここまで造ってもらったら、今年はなにがなんでも釣り上げるしかありません。
では、例年通りにやれば釣れるのかって言うと。
なんだか私の感覚では、どんどん厳しくなっている様な気がしてならなかったんです。
ん〜、ただ行って、毎回毎回サメに喰われてたんじゃぁなぁ・・
サメさえ居なければ、なんとかなるのだけれどもなぁ・・
sagamiwan-kihada-maguro-tsuri-2016.jpg
まぁ、シャークアタックを喰らってしまうと、キハダマグロがこんなになってしまうのです。
少しでも早く巻き上げるために、マグロリングにビラビラをつける人も居るのだけど。。
それもリングに浮力が付きすぎて、なかなか魚の所にまでリングが届かなかったりする訳で。
ステンドグラスも貰っちゃったしなぁ。。
もうちっと気合い入れてやらねぇと、今年はマズいべなぁ・・
そんな思いもあり。


sagamiwan-kihada-maguro-tsuri-2016-2.jpg
中尾建築工房のエリアを担当してくれているヤマト運輸のお姉さん。
何故かカメラを向けただけで、ポースサインをして頂きました(笑)
この方、結構ノリが良いのよね。。
そしてヤマト運輸さんから運ばれて来た謎の荷物こそ。
2016年相模湾キハダマグロ釣りには、強力な武器となる秘密兵器なのだ。
さっそく中身を開けてみますと。。
sagamiwan-kihada-maguro-tsuri-2016-3.jpg
さぁ、この品物をご覧になって頂くと、勘の鋭い方であればお分かりになるやと思います。
そうです、まさしく。
マグロ用電気ショッカー(笑)
本職の漁師以外で、これ持ってる人見た事無い(笑)
もう、背に腹は変えられませんからね。
せっかく掛けた魚をバラす、もしくはシャークアタックで喰われる。
これはもう無念としか言いようがないのです。
しかも、1回掛かったからと言って、次に掛かる保証も無い訳ですから。
そのワンチャンスをなんとかするべく導入したマグロ用電気ショッカー(笑)
この道具を制作してくれた方は、和歌山あたりでマグロを狙っている方なのだそうです。
そうすると、相模湾に比べてサメも少ないですし。
ある程度は余裕を持って、水面までマグロを上げて来れるから。
そもそも標準タイプだと、コードの長さが20mしかありません。
相模湾のキハダマグロ釣りと言えば、残り50mがサメとの死闘となります。
船長のソナーを見ている限り、海面から水深50mまでは、巨大な魚の反応が出まくってますからね。
なので。
今回、私のオーダーしたマグロ電気ショッカーは。
コードの長さも。
sagamiwan-kihada-maguro-tsuri-2016-4.jpg
目一杯の50m仕様な訳です(笑)
造り手の方への説明が大変だったんですよねー
相模湾のキハダマグロ釣りが、どんだけ大変なのを知ってもらうのに。。
なにがなんでも50mコードが無いと、無理だって〜って言って(笑)
sagamiwan-kihada-maguro-tsuri-2016-5.jpg
この様に釣りをしている最中の画まで書いて頂いておりまして、取り込みまでの説明がなされていました。
まぁ、長沢さんじゃなくて、中尾さんなんですけどね・・
多分、中尾建築工房の住所の長沢と名前を間違えちゃったのね・・
と言う事で。
2016年今年の相模湾キハダマグロは。
相当、熱い夏になるのは。
間違いない!!
と思いまーす!!
自分でピリピリしない様に気をつけなくっちゃね。。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ウルワツ より:

    いっちゃいましたね!
    ライザップで鍛えた体と相まって、超速巻き上げ+電気ショッカー
    で無敵ですね。
    後は食わせるだけ…。
    水曜休んでご一緒しましょう。
    私は貧弱なのでビーストマスター9000です。

  2. 中尾建築工房 より:

    ウルワツさん☆
    えぇ、釣り人なら分かり合えると思っていましたよ、ウルワツさん!
    松輪と佐島の船では、ショッカー導入している宿もありますけど、相模湾全体では。
    まだまだマグロリングのみですもんね。
    今年の夏は、スタンディングファイトをBATTLE 20で、残り50mがちんこゴリ巻きで挑むつもりです!
    でも。。
    私だって、ビーストマスター6000持って行きますよ(笑)
    これ、釣り人しか分からない会話ですよね!(笑)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です