横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

家に祀る神棚の作法|工務店的考えのアドバイス

 
家に祀る神棚の作法|工務店的考えのアドバイス
この記事を書いている人 - WRITER -

ちょっこっと連日、聞かれる様になりましたので、ここで回答しておこうかなと。
毎年、神社さんに御札を貰ったりされる方って、割りと多いんじゃないかなって思います。
その御札、どこにお祀りするかと言えば、柱の所に貼り付けたり、どこか高めなタンスの上に祀る方も居らっしゃるかと思います。
もしくはきちんと祀りたいって事で、シンプルな神棚を設けて、そこに祀られる方も居るでしょう。
はたまた、本気の神棚を取り付けて、そこに祀りたいって方も居らっしゃるかと思います。
僕ら工務店の考えとしては、皆さんの出来る範囲でやればよいのではないでしょうか?と言う答え。
きっちりとしたいって性格の方なら、こんな感じのモノになるのかもしれませんしね。
kamidana-koumuten-sankou.jpg
中尾建築工房の場合は工務店ですから、土地の神様、火の神様、水の神様、氏神様等々、日々、色んな神様にお世話になってます。
なんで、事務所の神棚は、月初めと月中だけ、この様に地鎮祭と同じ様な祀り方をさせて頂いてます。
もちろん、祀った後のお下がりモノは、縁起の良いモノですから、自分たちで頂く事にしています。
野菜は今時ですから、結構カラフル!
これなら神様も喜んで頂けるのではないでしょーか!
マニュアル通りで行くなら、毎日、盛り塩、お神酒、お米を取り替えて、お祀りをする形。
中尾建築工房は、スタッフが代わりばんこでやってるから、盛り塩、お神酒、お米は毎日取り替えています。
そして月初めと月中だけは、お魚、乾物、野菜、果物って感じの豪華な感じにしております。
これがいわゆるマニュアル通りな神棚のお作法です。
でもねー、普通に考えて、そこまでは出来ないと思う訳ですよ、はっきり言って。
私を例にしても、一応工務店の代表者って事で、事務所の方はきちんとやる様にしています。
自宅にも事務所と同じサイズの神棚を祀っているんですけど、さすがに毎日は出来ません。
そして人間ですから、しっかりと月始めと月中ですら、忘れる事もございます(笑)
盛り塩、お神酒、お米に関しても、一週間に一回とか、二週間に一回とか、そんな感じになる事もしばしば(笑)
これ、言い訳じゃないのですが、出来る時に行う、もしくは日々感謝をしていれば、氏神さんも怒ったりする事はないのではないかと思います。
ちゃんとお参りだけは毎日欠かさずおこなってますけどね
で、神棚って左右があるのですが、神棚に向かって右側は、なるべくギスギスしない様にした方が良いと思います。
右側って、神様が降りてくる場所になりますので、スペースが無いと、降りてきたくとも降りれない・・
そんな事にもなりかねませんので、どんだけシンプルなモノにするとしても、右側は空けておく方が望ましいですね。


kamidana-koumuten-sankou2.jpg
神棚の祀り方として、詳しくお知りになりたい方は、中尾建築工房の神棚の下に、この様なモノを貼り付けてありますから、こちらをご覧頂くと良いかもしれません。
多分ね。。
見ると皆さん、拒絶反応を起こすと思いますから、まぁ御自身のペースに併せたお祀りがよろしいかと。

で、絶対にこれだけはやっては駄目よって行為が二つほどあったりします。
神棚を設置する、もしくは御札のみを祀るにしても、方位が大事。
御札の後ろが西とか北になります。
常に御札が東か南に向ける事。
例外としては、海から恩恵を受ける漁師さんの場合とかね。
家から西方面が海だとすると、西方面に向ける方も居ます。
それ以外はまず、東か南です。
そしてもう一つの駄目よって行為は雑祀り。
ご実家のお父さんお母さんが自営業。
もしくは御自身が自営業の方に多いのですが、商売の神様としてお稲荷様を祀られている方も居らっしゃるかと思います。
商売繁盛を後押ししてくれるお稲荷様に対して、非礼や無礼はあり得ません。
なので、氏神様を祀る神棚と、お稲荷様の神棚を一緒にはしない事です。
詳しい事は神棚 雑祀りなんかで検索されても情報があるかと思います。
お稲荷様だけは、何でもありと言う訳ではありませんし、実際に私もびっくりな体験がありました。
なので、雑祀りだけは絶対にされない方がよろしいでしょうね・・
と言う事で氏神様をお祀りする神棚の作法について。
氏神様に関しては、出来る程度でよろしいんじゃないかと思いますよー


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です