横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

神奈川で建てるにPrivate Loungeのある家が掲載されました!

 
神奈川で建てるにPrivate Loungeのある家が掲載されました!
この記事を書いている人 - WRITER -

リアルですごい家は、雑誌に掲載されてもやっぱりすごい!
現在、好評発売中の神奈川で建てるにPrivate Loungeのある家が掲載されました!
zushi-private-lounge-kanagawa-tateru-keisai.jpg
取材時のブログ記事はこちら。
Private Loungeのある家は、中尾建築工房の湘南モデルハウスと隣接する事になるのですが。
オーナー様は、私より先駆けて突き抜けてしまいましたので。
やり切った感満載の家になっております!
それだけに、取材陣の方も、か・な・り・
頭を悩ませた誌面構成だと言うのが、手に取る様に分かります。
理由その1
とにかくデカイ(笑)
ただデカイだけならまだしも、複雑なフォルムを持ちつつリアルにデカイ(笑)
それだけで焦点を絞りきれないのが、良く分かります。
理由その2
突き抜け過ぎてしまってる(笑)
普通ならリビングのみ一点豪華主義とかで、リビングのみを大きく写したりするのだけど。
Private Loungeのある家は、リビングどころか・・・
ありとあらゆるところで、やり切ってしまっている家になりますので。
どこに焦点を置けば良いのか、プロの取材クルーでも決め切れない。
理由その3
これが最たる理由になると思うのだけど。
オーナー様の日常、とにかくぶっ飛び過ぎ(笑)
取材クルーには前もって言わなかったけど、人によって普通とか日常の常識とか、価値観ってもんが全然違います。
Private Loungeのある家のオーナー様は、これが日常の家になってるから。
あまりの普通じゃない感があり過ぎて、取材クルーもついていくのが精一杯(笑)
そりゃーそうです。
だって、作り手の私たちもね。
この家を提案するのに、かなりぶっ飛ばないといけませんでしたからね(笑)
おかげさまで、私のぶっ飛び度合いも大きく飛躍をさせて頂いているのですが(笑)
そんな本誌では、こーんな感じで掲載されておりまーす。


zushi-private-lounge-kanagawa-tateru-keisai2.jpg
レッドシダーで製作させて頂いた、大きな観音扉の向こうがPrivate Loungeになります。
男のロマンが詰まった空間ですね!
zushi-private-lounge-kanagawa-tateru-keisai3.jpg
次ページをめくってみても、とかくPrivate Loungeが注目をされておりまして。
左側のページにリビングダイニングが写っている位。
Private Loungeは男のロマンが盛りだくさん。
なので、ご主人様としては満足な誌面構成になっていると思います。
また、奥様としては。
「ラウンジばっかりで、私がこだわったお手洗いの可愛いタイルとか、全然出てない・・・」
と言う事なのだそうです(笑)
なるほどですね、これとかね!
zushi-private-lounge-kanagawa-tateru-keisai4.jpg
なんとまー、オサレなタイルなのでしょう!!(笑)
ま、画像の素材はある訳ですから。
んでね、これははっきりいって仕方がない。
だって見所多すぎですから、焦点を男のロマンに合わせるしか無いんです。
そこでディレクターさんとの話では。
次号も継続して、Private Loungeのある家のSHOTが掲載されるのだそうです!
そんなの、今までもこの先も無いと思ってたけど。。
あるんですねぇ・・
こちらの本、すでに書店やお近くのコンビニエンスストアにて発売されております。
神奈川はほぼ全域、他県では神奈川県への路線が多い地域のみ発売されておりまーす☆
是非是非、書店にてお求め頂ければと思いまーす☆
あ、そうそう。
実例ラインナップも、取材をお願いされたのですが。。
私もこの時期、カツオにマグロに忙しいモノですから。。
取材、ヤダーーーっ!!
と、声を大にしてお断りをさせて頂きました(笑)
そしたら。。
zushi-private-lounge-kanagawa-tateru-keisai5.jpg
こちらの家が掲載されておりました(笑)
過去データからの抜粋ですね。。
と言う事で、なんと次号も継続して掲載されると言う逗子市桜山のPrivate Loungeのある家。
雑誌掲載、おめでとうございまーす☆
ディレクター他取材陣の皆さん、だから言ったでしょ?
すんごい家なんだよって(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です