横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市馬堀台団地renovation計画工事完了!

 
  2018/12/05
横須賀市馬堀台団地renovation計画工事完了!
この記事を書いている人 - WRITER -

リフォームリノベーションのブログってそう言えば書いてなかったですね。
だから新築専門型工務店と思われてしまう所以なのかもしれません。
特になにかを区切っている訳ではないんですけど、新築は長期期間でリフォームリノベーション工事は短期間。
だからネタ的な部分を『書こうかな〜』なんて思っている時には。。
すでに工事が終わっている•••
そんな事も多々あります。
『リフォームとリノベーションの違いって、何?!』
簡単に言うとリフォームって言うのは古い内装とか設備とかをそのままの配置で新築に近い状態にしてあげるモノを言います。
単純に言えば元に戻すって感覚です。
それに対してリノベーションと言うのは、大幅に内装や配置変えを行い、新たに素材や設備品等を交換。
さらに今までは3LDKがお約束の所を、開放感のある造りに変更したりするので、そこに住まわれるオーナー様の要望を汲み取った上で、付加価値のある規模の大きめなリフォームって感じでしょうかね。
今回はオーナーからも是非!って感じのお言葉を頂いておりましたので、ちょこっとだけ更新をさせて頂きましょう!


ただね、残念ながら『○○の家』とかはありません••
共同住宅の分野だから、難しいんですよね••

と言う事で、私のつたない文章よりは画像の方が良いかもね(笑)
yokosukashi-manshon-renovation-maboridai-s.jpg
ダイニングスペースからリビングを覗き込むと、こんな感じになります。
マンションの様な共同住宅は売れないと困りますから、万人受けする間取りの配置3DKとか3LDKとかにするのが一般的。
でも、それってオンリー1には決してならないのです。
それぞれのご家庭によっては家族構成も違うし、ご夫婦二人のお宅やお子さん三人いらっしゃるお宅とでは、スペースの使い方が根本的に違いますもんね。
今回はまだ若いご夫婦がオーナーでしたので『壁はぶち抜いちゃうかっ!』って案を通させて頂きました!


参考までに追記させて頂きますけど、構造を痛める様な事は一切やっておりませんので。。
そこは突っ込まないで頂きたい!

yokosukashi-manshon-renovation-maboridai-s2.jpg
このマンションは最上階と言う事もあり天井が断熱材の剥き出し仕上げでした。
断熱材の厚み分だけ天井の高さにも制約が出てしまいます。
これは構造上の問題なので、天井の高さ自体は変える事が出来ません。
そのため、極力天井の高さを確保して天井を造り直したのですが、通常のレンジフードでは高さ的に収まるモノがありません。
元々の窓の高さも変えられませんし、こっち方面には猿島が見えたり、横須賀の花火もキレーに見える!
と言う事で、最終的には業務用キッチンを日頃造っている製造メーカーにオーダーして、サイズ的にも干渉しないモノを造りつけてしまいました。
ステンレスのへアライン仕上げになりますが、かなりコストパフォーマンス性も高いかと思います!
yokosukashi-manshon-renovation-maboridai-s3.jpg
ダイニングのドアには無垢のドアを入れました。
床に施工した杉の無垢床材と同じ杉材なので、トータル的にはバランスが取れていて良いかと思います。
無垢の床にはドイツ製の蜜蝋を塗り込んでありますので、若干濃く見えるかもしれませんね!
yokosukashi-manshon-renovation-maboridai-s4.jpg
浴室にはハウステックの集合住宅用システムバスを。
『カチカチボッ!』って言う風呂釜に比べたら、相当便利になったモノです。
yokosukashi-manshon-renovation-maboridai-s5.jpg
この他洗面所廻りにもデザインの違う無垢のドアを入れています。
yokosukashi-manshon-renovation-maboridai-s6.jpg
リビングルームはシンプルにソファーのみを。
背面には壁面いっぱいの収納スペースがありますので、ちょっとした衣類はすべてここに入れてしまいたいですね!
それにしてもおじさん的に驚いたのは。。
yokosukashi-manshon-renovation-maboridai-s7.jpg
ずいぶんと立派なTV買ってらっしゃるんですねぇ•••
最近の方達はみんな50インチ以上が当たり前なのでしょうか••
ちなみに私の自宅では薄型の32インチを使っています。
あれでも充分でかいと思うんですけどねぇ••
しかもこどもの手跡がものすごい••
いいなぁ、今度暮らしの様子見がてら伺った際に、私の自宅TVと変えてもらっちゃおう!

とまぁ、こんな感じの仕上がりとなった横須賀市馬堀台団地のマンションリノベーション工事は完了しましたっ!
さて、満足度は〜
yokosukashi-manshon-renovation-maboridai-s8.jpg
こんな感じでご理解頂ければと思います(笑)
Sご主人さん。。
ちなみにそのポーズは中尾建築工房で家を建てて、生活を始めてらっしゃる方にしか絶対に分からないポーズですけどね•••
知らない人が見てたら変に思われてしまうかもしれませんよー
マンション用の設備品などが新築一戸建てのモノと違い、震災の影響でほとんどが東北に流れてしまっている中始まったSさんのリノベーション工事。
終わってみれば、それもまた良しって感じになったかな。。
とにもかくにもSさんご夫妻、完工おめでとっ!!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です