横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

湘南に建てる新築の注文住宅|地鎮祭☆

 
湘南に建てる新築の注文住宅|地鎮祭☆
この記事を書いている人 - WRITER -

shounan-jishinsai-misumi-k.jpg
2012年8月5日の建築吉日に湘南に建てるオーナー様が無事地鎮祭を迎える事が出来ました!
湘南と言えば、イメージ的にサーフィンのメッカでもありますよね。
それだけに海にも近いし、塩害もある。
海に近い=湿気もまた多いエリアでもありますので、家を建てる際にはかならず調湿する素材で家を建てる事が最も重要視されるのです。
こちらのお宅も当然ながら例に漏れず、調湿出来る素材の無垢材や環境先進国ドイツ生まれのナチュラルな珪藻土で仕上げて行くお宅になります。
それにしても当日はドッピーカンっ!て言わんばかりの暑さでしたから、倒れる人も出るのでは?!って位、強烈な天気でした。
これはご夫婦のどちらの行いの成果なのでしょうねぇ。。


今回建築する敷地は、元々とっても大きな一つの敷地だった様です。
その大きな敷地に道路を造り、何件も家が建つ様に開発工事を行なった土地でした。
その開発道路の長さも普通の長さに比べて、結構長いんですよね・・
なのでご挨拶廻りはいつもの2倍の件数を廻る事になってしまいました。
残念な事に、ご挨拶に伺ってもご不在のお宅が多かったので、また上棟の際には伺おうと思っています。
ホントにどのお宅も、海に遊びに行っちゃってるんだろうな〜
近いって言えば、相当海にも近いもんな〜

今回の建築主であるオーナーのKさん(ご主人)は、前の晩も帰りが遅かったり、地鎮祭が終わった後はバーベキューに参加するなんて言ってましたが、地鎮祭とご挨拶回りでかなり体力も消耗したのではないでしょうか。

しっかし話を聞いているだけでも、タフですよね。。
私には、もうそんな真似は出来ないかと思います。

まぁでも、この良き日に地鎮祭を無事終了し、工事の始めは地盤改良工事から始まります。
ちょっと立地的にも海に近い事から『ここは改良判定だろうなぁ。。』って思っていました。
改良方法は摩擦杭になりますので、まずは改良での養生期間を多めに確保して、お盆明けから本格的に着工を迎えたいと思います!
地盤は補強が必要になってしまったけど、やる事きちんとやった方が安心だしね!
まずはKさん一家のみなさん、地鎮祭おめでとーございますっ!
いよいよ始まりますよー☆
shounan-jishinsai-misumi-k2.jpg
それにしても今回の神主さんの説明と言うか、頂いたお言葉を聞く時間って言うのが。。
非常に長かった気がするのは私だけだろうか•••
天気も天気だから、もう少し短くても良かったかと思います!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です