横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

100%無垢材ウォルナットで造る木製玄関ドア PART VII|中尾建築工房の工房編☆

 
100%無垢材ウォルナットで造る木製玄関ドア PART VII|中尾建築工房の工房編☆
この記事を書いている人 - WRITER -

木製の玄関ドア自体は、概ね組み込みが完了。
ここからは玄関ドアとして機能させる為に、必要となってくる部材選び。
さて、ここで拾い出しを。
mokusei-door-kanamono-hori-shouten43.jpg
取り出したのは、錠前、建具金物の堀商店のカタログ。
雰囲気からして、重厚感のあるカタログですね。
ここから商品を選んで行こうと思います。
中尾建築工房の逗子モデルハウスは、玄関が観音扉です。
mokusei-door-kanamono-hori-shouten44.jpg
134号線沿いなので、玄関は真正面に持ってくる事にしました。
見学会時などは、観音の扉をフルオープンさせる予定。
図面上では、板を並べただけにしてありますが。
もちろん鋳物の仕上げ材も採用します。


mokusei-door-kanamono-hori-shouten45.jpg
まずは機能部分で、サムラッチハンドル。
大型の扉に使いたい!
とカタログにも書いてあります。
私が堀商店に行った時、真っ先に写真を撮ったのがこれ(笑)
木製玄関ドアではなくとも、最近では電子錠を選ばれる方も多くなりました。
スマホの普及やAIの普及と共に、住宅の電子化も顕著になって来てる事を感じます。
モデルハウスの3Fは見学される方や、設計の打ち合わせが出来る様にしたいと思います。
ですんで3Fや2Fからでも、解錠が出来る様にしたい。
その為に必要となってくるのが。。
mokusei-door-kanamono-hori-shouten46.jpg
シリンダー掘込自動本締錠。
割とコンパクトなサイズ感のシリンダーです。
切欠図(きりかけず)を見ても、やはりサイズは小さめなシリンダー。
切欠図集は頂いて来たので、品物が無くとも穴開け加工は出きるのだけど。
やはり現物があった方が、加工しやすいので早速発注。
そして、自動本締錠の受け手となる小型電気ストライクはこれ。
mokusei-door-kanamono-hori-shouten47.jpg
こちらもコンパクトですので、加工は楽そう。
けれども。
シリンダー掘込自動本締錠と、サムラッチハンドルは互換性が無いらしく。。
mokusei-door-kanamono-hori-shouten48.jpg
座付取手のHM565F。
これはサムラッチハンドルと違って、表裏の組み合わせが無いから。
2枚の扉分で、裏表で4つ。
このハンドルだけでも、充分に重厚感を出せるのは間違い無い。
ですが。
mokusei-door-kanamono-hori-shouten49.jpg
それだけでは止まらず、ヒンジプレートもHM20-Dを選択。
ウォルナットの木製玄関ドアは、一枚のワイドが800。
なので小さいSよりも、ロングなDを。
右の扉には上下に一枚ずつ。
そして左の扉には、真ん中あたりに一枚だけ。
左右で交互する感じで、取り付けしようと思っています。
mokusei-door-kanamono-hori-shouten50.jpg
さらに飾り鋲も(笑)
一枚の木製ドアは、おおよそ6枚の板を使う構成。
なので。
一枚の板に一つを基本に、三段は飾り鋲を選んでみる。
実際につけるかどうかは、分からないけど・・・
私の頭の中では、割とイケてるとは思ってる。
mokusei-door-kanamono-hori-shouten51.jpg
扉一枚が100kg弱の重量を誇る、中尾建築工房の木製玄関ドア。
それを支える丁番はこちら。
一応、重量を計算すると共に、3枚をつければ120kgまでOKとの事。
なので、片側3枚ずつの発注に。
タイプは大きめのBにしました。
mokusei-door-kanamono-hori-shouten52.jpg
そして最後にフランス落としも選択。
イベント時に観音扉は、フルオープンさせたいから。
本体を二つ。
受け皿は4個発注。
さて、これらの部品を見積もり依頼したのだけど。
私たちの住宅業界に限らず、どの業界でも共通な事がある。
それは。
この様にそれぞれ単品で購入するモノに、安いモノは早々無い・・・
簡単に言ってみれば、オリジン弁当で値札の付いたシンプルなお弁当を買うか。
一品モノを量り売りで選んで、好きな様にオリジナル弁当にするか。
そのくらい、違うと思います。
ちなみに私は現役大工の頃、逗子海岸で海の家を依頼されて建てた頃。
オリジン弁当で、2,000円のお弁当になっちゃった事があります(笑)

まぁ、好きな様にやってる訳だから。
私もしっかり鼻血出しつつ、突き進みたいと思います!
またご報告します☆
いやー、ドキドキだよなぁ・・・
鼻血見積もり、いくらするんだろう・・・


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です