横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

ビルトインガレージドア・オーバードアの製作依頼|果たしてどこのメーカーが良いのだろうか?!

 
ビルトインガレージドア・オーバードアの製作依頼|果たしてどこのメーカーが良いのだろうか?!
この記事を書いている人 - WRITER -

ビルトインガレージをせっかく造るなら、ガレージドアは選択したいですよね。
特に湘南や三浦半島は、海に囲まれておりますので。
塩害の要素が豊富にある訳でして。
ビルトインガレージにして、ドアを付ける事により。
塩害回避にもつながります。
せっかく新築で家を建てる訳ですから、ビルトインガレージファンにとっては。
このドアの存在は、とても大きいんじゃ無いかと思います。
ガレージドアは、木製で製作をしてもらえたり。
はたまたスチールで、製作してもらえたり。
様々なメーカーが存在をしています。
mokusei-garage-door-over-door.jpg
この家は逗子市に建てる湘南モデルハウスです。
このガレージドアを、どこのメーカーに製作依頼するのが良いかを検討しておりました。
右側には、ここまで大きくは無くとも良いのですが。
ガレージの中には、超低温冷凍庫を備え付けますので。
中尾建築工房のOBオーナーの皆様が、私の釣った釣果を持って行ける用にドアを付けました(笑)
鍵の件は、まーなんとか考えるとしましょかね。。
そして計画しているガレージドアは、オーバードアと言ったり。
ガレージドアの跳ね上げ式と呼ばれたり。
そんなドアを製作してくれる、メーカーさんを探しておりました。
な・の・で・す・が・


mokusei-garage-door-over-door2.jpg
こんな感じのメーカーさんもあれば。
mokusei-garage-door-over-door3.jpg
こんな感じのメーカーさんもあり。。
mokusei-garage-door-over-door4.jpg
ご覧の様に、様々な施工事例がありますよー的な。
各社のホームページで、見る事が出来ます。
大きさも、シリーズも各社バラバラ。。
けど、なんだか。。
いまいち、ピンと来ないと言いますか・・・
決めかねてしまう要素があったりします。
それは。
木材の材質と、面材の大人しさ。
に理由があると思います。
おそらく、コスト面やクレーム対策での理由があると思うのだけど。
ほぼ針葉樹の、木製ガレージドアやオーバードアばかりなんですよね。
外部だから反りなども考慮して、素性の良い米松やパインを選んでるメーカーが多いのだけど。
んー、ちょっとその資材に着色してるだけだと・・・
なんだか、求めてるモノと違う様な気がする。。
んー、どうしよっかなぁ・・・
mokusei-garage-door-over-door5.jpg
オーバードアの構造は、こんな感じになってるんだけど。。
電動オープナーや金物類は、ドイツやアメリカ製のモノだから。
それは、代理店を通して購入するとして。
75角位の角パイプを、亜鉛メッキにドブ漬けして。
四方枠のセンターに、縦桟を一本カマして。
あとは羽目板を貼る為の、横桟を溶接するでしょ。。
構造計算しないと、なんともだけれど。
なんだか、やれる気がしてきた(笑)
そうすれば、好きな木材を面材として利用出来るだろうし。
仮に反ったり、木材の動きがあったら自己責任な訳で。
無垢材、自然素材の専門店なんだから。。
オーバードア位、造っちまうかっ?!
と言う訳で、思いついたら即行動のこの私。
早速、三木刃物販売さんに電話を。
言葉に出してしまえば、やらない訳にもいきませんからね・・・
「三木さん、工房の丸鋸(まるのこ)を無くして、バンドソー付けたいから中古で探して下さい!」
とお願いをする事にしました(笑)
この前、卓上ボール盤は新品買ったけど。。
さすがにバンドソーまでは、新品は買えない・・・
卓上ボンール盤買って、とりあえず鼻血出た(笑)
実は今、大工さん達は作業場を続々手放しておりまして。
作業場を手放せば、木工の機械も手放す傾向にあるんです。
その理由は、作業場で加工をする仕事がもう無い。
からなんですね。
部材は材木屋さんから届いた材料を、現場で組み立てるだけ。
昔みたいに、和室の敷居や鴨居を削ったり。
廻り縁やら寄せなども、造る事も無くなりました。
新木場などにも、仕上げ加工場がありますので。
お金は掛かるけど、綺麗に仕上げて材料を送ってくれるサービスもあったりする。
なのでほとんどの大工さんは。
作業場を持たなくなりましたので。
手放す中古木工機械は、割と豊富にあるはずなんです。
mokusei-garage-door-over-door6.jpg
贅沢を言えば、このくらいのバンドソーがあると良いのだけど。。
見るからに、お値段はお高そうだ(笑)
それにもう、ここまでのサイズのバンドソーを設置する場所も無いですしね・・
mokusei-garage-door-over-door7.jpg
このくらいのサイズ感で良いから、小型のバンドソーが見つかると。。
新木場からお取り寄せする、好きな広葉樹の木材だったり。
地方の材木店がデッドストックにしている建具材などで、羽目板なんかも造りやすくなる。
板を割くのが、とっても楽になるんですね。
私の無垢材ネットワークも、29歳で独立した頃から18年を経過してますから。
ホントに、地元の材木屋さんから買う事は無くなったなぁ・・・
すべて直買い。。

バリエーションも、ホントに増えました(笑)
と言う事で、ビルトインガレージドア・オーバードアの製作依頼。
果たしてどこのメーカーが良いのだろうか?!
中尾建築工房自身がメーカーとなって、製作を進めて行きたいと思いまーす☆
だいたい、元大工なんだから出来ない訳は無いんだよな・・・


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です