横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

12月26日発売の湘南スタイルマガジン|博多丸ページ変更のお知らせ☆

 
12月26日発売の湘南スタイルマガジン|博多丸ページ変更のお知らせ☆
この記事を書いている人 - WRITER -

師走のドタバタの中、いかがお過ごしでしょうか?
私は少しホッとしたのですが。。
年内には、見積もり打ち合わせをされるクライアント様が2組居らっしゃって。
新たに設計を開始される方が2組。
普段なら、さほど忙しく無い状態ではあるものの。
毎年年末には、湘南スタイルマガジンの家造り相談室原稿締め切りがあったり。
年賀状の作成に取り掛かったり。
お引き渡しを終えたオーナー様の、住所の変更などなど。
地味な作業もありまして、定休日の本日も事務所で働いております。
でも、ホッとしたのは。
2017-huyu-shonan-ietsukuri-soudanshitsu.jpg
VOL 42 湘南家造り相談室の原稿、バッチリ間に合いました(笑)
相談内容は本誌発売前なので、ぼかしを入れさせて頂きました。
施工事例欄には、これまた次号の「湘南に暮らすということ。」に掲載される博多丸!
こーゆー出版系って、割とドタバタが付きものだったりするので。
それが終わっているだけでも、なんだか余裕感が出て来ます。
それにしてもこの時の取材時に。。
横須賀市秋谷に建つ博多丸|湘南スタイルマガジンから取材を受けました☆
実は私、関係者と言う事もありまして。
発売前なのですが、記事を拝見させて頂く機会がありました。
当初の予定では、6ページ掲載の予定だったのが。。
「恥ずかしいから、載るの少なくして〜」
なんて事、博多丸奥様が言うものだから。。
なんと2ページ減少の、4ページになってしまいました・・・
あ〜ぁ〜、せっかくのチャンス。。
勿体ない事をしました。。
にしても、やはりプロの編集はさすがですね。
紙面は私も、PDFで拝見させて頂きましたが。
とっても素敵感が出ておりまして。
山の家、海の家。
この二つの家を行き来すると言う。
誰もが憧れるであろう感じになっておりました!
その中で。。
ちと、残念だった事と言えば。。


2017-huyu-shonan-ietsukuri-soudanshitsu2.jpg
持って行ったお魚が、カツオじゃなくてイナダだったって事・・・
カツオの反応あっても、イナダの喰いが立ってるから。。
カツオ、1本も釣れるモノではございませんでした・・・

なのでこちらのイナダも、紙面に載っております(笑)
そして。
なぜか、私もチラリと。
記事内に登場しております(笑)
そんなつもりじゃなかったんだけど。。
魚捌いてた時の写真が載ってしまった(笑)

そこはさすがにアップ出来ませんので。。
ぜひ、書店でお求めください!
と言う事で年末の12月26日発売の湘南スタイルマガジン。
お手元に取って頂きましたら、博多丸家のページを探してみて下さいねー☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です