横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

湘南家造り相談室2013年|年末号の締め切り

 
湘南家造り相談室2013年|年末号の締め切り
この記事を書いている人 - WRITER -

いつも恒例になっている湘南Styleマガジン連載の湘南家造り相談室の締め切り
今回は何故かゆとりがありまして、難なくまとめる事が出来ました。
多分ね〜、段々と私の回答もぶっちゃけトーク気味になっているせいもあるのか、回答に遠慮をしていないと言いますか。。(笑)
今回のご相談は、割りと繊細な方からの相談でしたね。
なので、私的には『そんなの、へ〜き!』って感じのお答えをしております。
本の発売までにまだ時間がありますので、詳しい内容は書けませんけど、ま〜思いつめる家造りとなるよりは、少しリラックスして、プロからの意見を素直に受ければ良いんじゃないかなぁ。。って感じ。
んで、この湘南家造り相談室には、中尾建築工房の施工例も小さく載せてもらえています。
その画像は私の方で選んで構わない仕組みになっているのですが、今回はさてと、どうしよう。。。となりました。
その画像はこんな感じで掲載されています。
shounan-ietukuri-soudanshitsu-27.jpg


前回は鎌倉のこうこさん宅が掲載されておりましたね。
湘南と言えば、鎌倉や逗子に葉山、江ノ島のある藤沢に茅ヶ崎が思い浮かびますけど、それぞれで地域性が出ると言うか、なんとな〜く違います。
そこで今回は、明るい感じの家にしよっかな〜と思いまして、某オーナーに電話をしました。

『もしも〜し、中尾ですけど、今電話だいじょうぶっすかぁ?』
某オーナー
『あら久しぶり〜、なに〜?』
『湘南Styleの湘南家造り相談室って知ってる?私が担当で連載しているやつで、読者からの相談に対して第三者的な意見を回答している記事なんだけどれど、そこの画像で某家の写真を使いたいかな〜と思って電話したんだ』
某オーナー
『え〜、なになに〜、あ〜、その本欲しいなぁ。。』

『って事はOKって事でいいね!本は私が三冊ギャラとしてもらえるから、その一冊をあげるから買わなくても良いよ』
某オーナー
『うっそぉ〜、やった〜、嬉しいな〜』

『でも選んだ写真に金髪な人居るけど、だいじょうぶ?』
某オーナー
『あ・・あ〜、写真は加工しておいてね〜☆』

『。。。髪色の加工なんてする訳ないだろ!(と心の声)』
とまぁ、そんな会話がありまして、今回掲載される画像はこちら。
shounan-ietukuri-soudanshitsu-27-2.jpg
画像真ん中の奥様が、やけに金髪チックです(笑)
顔出しokが出ておりますので、ぼかし等は一切ナシで(笑)

と言う事で2013年|年末に発売される湘南Styleマガジン。
かなりデリケートな家造り相談ではありましたけど、画像の様に超明るい生活を過ごしている方たちもいらっしゃいますので、相談者の方には、気遅れせずとも家造りを楽しんで貰えればいいかなって思いました!
ふ〜、今年の家造り相談室は終了〜♪
また一つ、肩の荷が降りた〜


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です