横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

2014年 相模湾キハダマグロ釣り無念の惨敗・・・

 
2014年 相模湾キハダマグロ釣り無念の惨敗・・・
この記事を書いている人 - WRITER -

これ、俺のせいじゃないもん、全てはヤツのせいなんだもん・・・
もちろん、頑張るだけは頑張りましたよ、頑張るだけは・・・ね。。
でも、今シーズンはなにをやっても、キハダマグロを釣り上げる事が出来ませんでした。
もう、かれこれ何回釣行したのかすら覚えてませんけど、ま〜ま〜、メボウ(キハダマグロの子供)と本ガツオはバリバリ釣れましたよね。
ところが11月に入ってからと言うモノ、マグロ船と言う名前にはなっているけど、実際に釣れるのはカツオ君だけ・・・
相模湾のキハダマグロ船は、私的に今シーズンから初めてやってる釣り物なんですけど・・
なんと言いますか、相模湾のマグロ釣りだけは、色んな釣りの中でもメンタルをやられる釣り物だと思います。
だってさ、普通はさ、仕掛けを色々と考えて、いかに魚が掛かるかをイメージしながら、釣りをする。
ところがこの釣りだけは、逆立ちしたって、いかほどに努力をしようが、喰わないモノは喰いません。
ある程度、沖釣りをしておられる方で、常にイメージをしながら釣行されている方なら、私と共通の意識があるかと思います。
これで良いは無い
意味合い的には、魚が喰っている時は、それが正解の仕掛けだったり餌だったりします。
でも、釣れなくなったら『一体なにが悪いんだろう・・・』と、考える必要があるんですね。
そこで様々なイメージを働かせつつ、海の中も想像しつつ、魚の気持ちになってみて、そこから釣りを再度スタートさせる。
そしたら、そこからまた釣れたりします。
つまりはただ、糸を垂らしていれば、魚が釣れるって事ではないって事なんですねー。
それほど努力をしていて、マグロを釣るために向き合って来たのですが、努力と根性がほとんど通用しない感じがしました。
相模湾マグロ釣りに関しても、私は同じ様にイメージをしつつ、ボウズも覚悟でマグロ船に乗り合いました。
頑張ったのは私だけではなくて、湘南の港には、何十人、何百人もの強者が、ボウズ覚悟でマグロを釣るために戦いを挑みました。
しかし、そのほとんどの強者達も、マグロを釣り上げる事が出来なかった・・
全てはコヤツのせいで・・
sagamiwan-kihada-katsuo-jamasuru.jpg


仮にマグロが掛かっても、釣り上げている最中でコヤツに喰われてしまう・・
さらには、釣り上げている最中のマグロの近くにコヤツが居て、鮫肌とラインが擦れてしまったり、サメの口にラインが当たってしまったりして、結局はハリスが切れてしまったり・・・
しかもコヤツの数は、一匹二匹ではございませんで、相当数のサメがうようよしておりました。
最終日のカツオなんて、サメに食われるのが先か、カツオを回収するのが先かって位、ハリスをたぐるちょっと手前まで、サメが魚を追いかけてきたのが何度もありました・・
つまり去年に比べて今年の相模湾キハダマグロ釣りに関しては、相当厳しいシーズンだったんじゃないかって言われています。
もちろん私も身を持って、今年の苦い経験を体験済みでございます。
やっぱあれだよなー、掛かったら電気ショッカーでマグロとサメ対策しないと、なかなか釣り上げるのは難しいのではないかって思います。
ちょっと今回だけは、相当メンタルやられてしまいました・・・
でもね、中尾建築工房で家を建てたオーナー様なら、私の性格をご存知かと思います。
私のモットーであるバックれない精神の中には、諦めない、もしくは諦める事を知らない要素がかなりの割合で存在します。
メンタルが弱らないって事じゃなくて、弱っているけど諦めない・・って感じ。。かなぁ・・・
そんな私が相模湾からキハダマグロが居なくなって、一体どういう行動を起こすのか?!
ちょっとしばらく、そぉっとしておいてください・・・
ちっきしょうめ・・
どれほど頑張っても、ちゃんとしたキハダマグロの顔は見れなかったなぁ・・


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です