横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横浜市港南区港南台|patioのある家上棟☆

 
  2018/12/05
横浜市港南区港南台|patioのある家上棟☆
この記事を書いている人 - WRITER -

いやー、とうとうあの噂の家が建ち上がってしまいましたねぇ・・・
ここ最近に中尾建築工房に訪れたOBのオーナー様や、打ち合わせ中の方なら間違いなく知っていると思いますが、噂のあの家が今回上棟でございます。。
建物のサイズやデザイン、そして性能面はおいておいても、建築場所は横浜市は港南台という大変閑静な住宅地でございます。
しかもすぐ近くには大手ハウスメーカー様が集結をしているtvkハウジングプラザや、近隣には高級住宅専門の工務店様もいらっしゃるエリアでございます。
そんな横浜の中では閑静な住宅地であるエリアに、横須賀の山奥にある設計事務所+工務店が今回の案を計画させて頂いた訳でございます。
が、しかーし!
『いいのか、ここは港南台だぞっ!横浜の高級住宅地なのにも関わらず、俺たちが行っちゃってもいいのか?!』
そんな葛藤はちょこっとだけございましたが、依頼を受ければ施工エリア内なら行くのが中尾建築工房!
そんな訳でー
2012年4月19日の建築大吉日、に横浜市は港南台にて自然素材の家『patioのある家』が上棟しましたー☆
パティオ=中庭という解釈なのですが、外観から見るだけでは中庭の存在は分かりません。
なのでそのまんま床面積として考えると、大変大きく見える訳なんですね。
もともと延べ床面積だけでも充分大きいだけに、躯体が建ち上がった様を見るととてつもなく大きく見えてしまいます!
yokohamashi-kounandai-jyoutou-n.jpg


この画像、小屋といって2階の天井あたりに登った所からの画像でございます。
お姉ちゃんが『一つ屋根の下』ってテレビドラマの様に、屋根に上がる事があるすれば、おんなじ光景が見えるかもねー(笑)
まぁ、躯体を立ち上げている最中って、一番大きく見えるもんです。
通常、新築を建てるときって言うのは、基礎が一番小さく見えています。
そして木造軸組の躯体が建ち上がった時がMAX大きく見えます。
そして内装工事が始まり、竣工に近付くに連れ、建物サイズは現実的な大きさに近付くんですね。
でもやはり今回の『patioのある家』は中庭があるせいか、設計施工側の僕らでも『やっぱりでかいんだな・・・そうだよな・・』と思うほどのサイズでございます。。。
今回『patioのある家』建て替え計画が始まった時から、色んなお話を伺って参りましたが、家のサイズやデザイン、そして肝心な中庭のある家になったのには大きな理由があります。
簡単な一言で言うのであれば、家族愛なんでしょうね。
建て替える事になった理由も知っているし、お父さんのお話も聞きました。
そしてこの家に住む事になる彼女達の話も伺った上での、今回の大胆な中庭案。
設計を担当した西井は、なかなかくじけない男でありましたが、今回の計画にはかなりのエネルギーを使った様です(笑)
おかげさまで、西井の後に工事図チェックを担当した私は。。

『久々、痺れさせて頂きました。。。』

そうそう建物が大きいからって、痺れないんだけどねぇ・・・
でもこの家だけは、知らない間にかなりの時間が掛かってしまいました・・・

家のデザインも充分検討しましたし、性能面も現場発泡ウレタンの断熱材に遮熱、外壁には光触媒をコーティングしたり、室内には中尾建築工房がこだわりにこだわって造り上げたドイツの漆喰珪藻土、そして中尾建築工房が得意としている無垢材も随所に使われているお宅となっております!
古い家の頃から一切、家に手を掛けてこなかった分だけ、今回の家では大爆発って感じですよね(笑)
なんとなーくは分かるけど(笑)

どんな家にも家の歴史というモノがあります。
その家の歴史に携われる仕事となる訳で、造り手の私たちとしても充分気合いが入ります!
たしか相談を受けたのは、めんそーれ葉山の見学会の頃だったでしょうか?
時間はかかりましたが、かなりのこだわりとデザインを持つ家が、ようやくこれから形となっていきます!
N家のみなさん、上棟おめでとうございまーすっ☆
yokohamashi-kounandai-jyoutou-n2.jpg
いつもは現場シートは一面にしか貼りませんが、せっかく港南台に来た事もあり。。
いっぱい貼ってみました!
場所的にはすっごく良い所です!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. わんこハウス より:

    patioのある家。。。とは、しゃれたネーミングありがとう( 喜 )ございま~す。
    やっと上棟までこれて、本当にうれしいです。
    港南台に建てるの、ちょっぴりびびってたのほんとうだったんですか?
    なんか中尾さんがビビってたとか聞くと、なんだか嬉しいのはわたしだけですかね~。
    中尾さんに初めてお会いしたのは、めんそーれ葉山の見学会でした。湘南スタイルという雑誌が好きで、かなり前から愛読していたので、中尾建築工房のこと、そして、建築相談をしていた中尾さんのことは知っていたんですよね。
    ブログも見たりして、やっぱり見学会に行っていろいろはなしを聞こうと、申し込んだのを懐かしく思います。
    土地のこと、犬たちのこと、人目のこと、いろんな思いをかたちにしてもらって、本当に感謝しています。
    西井さんに、初めて設計をしていただいたプランを見たときの衝撃は今でも覚えています。
    こんな形ができるんだと思ったら、もうこれは、大手のメーカーは
    頭から消えちゃいましたよ、一瞬で。
    西井さん墓穴掘っちゃいましたね。
    お疲れだったようですが、これはもうあきらめついでに、これから
    もよろしくお願いします。
    中尾さんお休みとって、またよろしくお願いしますね。
    ピカソ側から、バスの大通り側か中尾建築工房の広告がはためいて見えますが、もう少し大きいといいのにね。
    見晴らしいいんですよね、あそこ。
    楽しみにしている癖に、工房にまかせっきりの、なまけものの施主ですが、でかいでかいと言われ続けている我が家、いやいや、patioのある家をよろしくお願いします。

  2. 中尾建築工房 より:

    わんこハウスさん☆
    おかげさまで上棟おめでとうございます!、そして私は自慢じゃないが、相当びびっておりましたけど(笑)
    だって港南台なんて言われれば、普通にビビると思いますよ。。元々は横須賀の田舎者ですしねぇ・・
    そういえば港南台のわんこハウスさん宅近くのマンションに住んでいる後輩から連絡が入ったくらい目立つみたいです!
    西井?!
    んー、やつは私と同級生ですが、わんこハウス邸の計画をした上で私よりも3つくらい年上になった雰囲気を醸し出しております!(笑)
    ちなみに旗が小さいんじゃなくて、家がでか過ぎるんですよねぇ・・
    あれよりでっかいサイズの旗なんて売ってないし。。。
    でもでもわんこハウス家の想いを詰め込んだ家は、中尾建築工房が責任を以て竣工あーんど『やってやるぜっ!』って感じです!
    まずは上棟おめでとうございまーす☆

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です