横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

2017年春のツバメさんがお越しになっております☆

 
  2019/04/22
2017年春のツバメさんがお越しになっております☆
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

毎年、この季節になると訪れてくる鳥が居ます。
nakao-tsubame-2017.jpg

 

これ、中尾建築工房は1Fが資材倉庫になりまして。

 

2Fが事務所+打ち合わせのスペースになっています。

 

その1F倉庫の天井部分に、ツバメが巣を造っています。

 

もうかれこれ、6年以上は毎年訪れて来てくれているのですが。

 

中尾建築工房のお向かいにある畑の主さん曰く。

 

「おー、ツバメが巣を造ってんのか〜

 

じゃぁ、中尾さん商売繁盛だろ〜

 

ツバメは景気の悪い工場とか、夫婦仲の悪い家には巣を造らないんだよ!

 

だいたい、良い所を選んで巣造りをするんだよなー」

 

ん〜、確かにっ!!

 

お陰様で現在は、設計申し込みを一旦ストップさせて頂いているほど。

 

忙しいのは確かです。

 

私はあんまり気にはしてなかったのですが、畑の主さんに言われたので。

 

ツバメの巣を造ると良いらしい。
そんな事を調べてみましたら。

 

まさにっ!

 

ホントに良い事づく目なのですね!

 

このツバメさん、なんだか段々と体が大きくなってる気がするのですが。

 

おそらく、毎年毎年おなじツバメが帰って来ている気がします。

 

ので。

 

現在打ち合わせ中の皆様には、ここで御連絡を。

 

中尾建築工房は西道路になりまして。

 

入口シャッターを全開にしてしまうと、ツバメの巣があるのが他の鳥にも気づかれてしまいます。

 

また、西道路になるため、入口シャッターを全開で開けてしまうと。

 

お昼過ぎから、強烈な日差しが入ってしまいます。


nakao-tsubame-2017-2.jpg

 

こんな感じですね。

 

なので。

 

ツバメが来ている間は、シャッターを極力下げて営業をしております。

 

鳥除けと、日差し除けにしたいってトコですかね!

 

また、中尾建築工房に来ているツバメさんは、かなり人慣れをしております(笑)

 

菅谷棟梁と私が居ても、全然余裕で作業場内に突っ込んできます(笑)

 

一応、体に当ってくる事は無いのですが、結構ギリギリで飛来する事は多々あります。

 

さてと今年は雛がかえるかなぁ。。

 

と言う事で、打ち合わせ中の皆様には少々ご迷惑をお掛けしますが。

 

そんな理由ですんで、寛大なお心持ちでご来店をお願いしたいと思います!

 

よろしくお願いしまーす☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です