横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクト設計変更?!の巻

 
逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクト設計変更?!の巻
この記事を書いている人 - WRITER -

先週、とある方とのお酒の席で。
某大手所有のでっかい敷地面積を誇る保養所が売りに出るかもしれない。
そんな話を聞きました。
zushishi-sakurayama-9-n-keikaku-henkou.jpg
最近の不動産販売の常識と言えば。
たいていの場合、大きな敷地は住宅用地として、分譲される事がほとんど。
大きい敷地を住宅用地として分割する為には。
それぞれの敷地に道路を入れて、接道を取る必要がある。
大きな敷地を分割する為の造成費用。
そして道路に取られてしまう部分の坪単価と言うのは。
通常、抑えての取引価格となりますので、買取額は相場の7掛け程度で取引をされたりします。
今回、取引きされたと言う土地。
私も気にはなっていたんです。
何故なら、中尾建築工房で設計中の逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画に、大きく影響する部分だからなのです。
新築の注文住宅ですから、ある意味で言えばフレキシブルにゾーニングや高さの変更が効くって事。
今ならまだ間に合うって感じ?(笑)
実は以前のブログで、こ〜んな事をアップさせて頂きました。
読んで頂くと分かるのですが。
リンク先の画像の感じで、富士山と江ノ島は、◯◯電工さん保有の建築物5F部分、そして屋上に出る為の塔屋に遮られていたのです。
だから、あんまり意味無く階段を造るなら。
ある意味、高さを上げるより、3Fからフラットにバルコニーに出れる高さに。
そして、外観を主張する形にして、設計する事にしてたのです。
と・こ・ろ・が・


zushishi-sakurayama-9-n-keikaku-henkou2.jpg
本日の朝一番に横須賀の法務局に行ってみると、すでに登記申請中だった謄本が取れる事が分かりました。
であれば。
登記簿謄本を取得して、ど〜この分譲会社が買い取りをされたのか。。
さっそく、拝見をさせて頂いたら・・
zushishi-sakurayama-9-n-keikaku-henkou3.jpg
ちょっと全てを公開する訳にはいきませんので、取り敢えずの部分はモザイクを掛けさせて頂きました。
ただ、強いて言えば。
分譲専門の不動産会社が購入された訳ではありません。
某飲食店を経営する、逗子市に一号店をオープンさせたあの会社さんの所有権になっておりました!
逗子、葉山の人だったら、◯◯ワイドだけで、充分分かりますよねー
毎年、逗子海岸花火大会のグランドフィナーレは、この会社さんあって成り立っていると言っても良いほどの逗子に貢献してくれている企業さんなのです!
と、言う事は。
分譲ではなく、おそらくは新たらに飲食店をオープンされるのだと思います。
さらに。
この会社さんであれば、おそらく高さのある店舗を造るのは、無いと思うんです。
既に逗子海岸に、三店舗を展開させている企業さんでして。
どの店舗も平屋や、高くても2F建ての建物です。
一号店を出した逗子に対して、恩返しをしたいと言う形で、毎年毎年、花火大会に協賛してくれている訳ですから。
そうなると。。
zushishi-sakurayama-9-n-keikaku-henkou4.jpg
赤い線はね。
仮に新たに建つ飲食店の建築物が地上3F建て部分までなら。。
赤い線の部分は無くなると言う形になります。
と、なると。。
富士山江ノ島も。
これ、見える様になるんじゃねーの!!
と言う事で、逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクト設計変更?!の巻
ある程度は纏まり掛けた設計案だったのですが。
3Fのルーフから眺められる景色は、この家にとって超大事!
再度、現地で高所作業車入れ込んで、ルーフバルコニーの床を上げた方が良いのか。。
それとも、3Fをそっくりそのまま持ち上げてしまった方が良いのか・・・
う〜ん、悩ましい展開と相成りました・・・
これだから、建築設計って楽しいって事もあるんですけどね(笑)
よしっ!
週明けから設計変更に取り掛かる事とさせて頂きましょう!!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です