横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

鎌倉市浄明寺|自然と共に暮らす家-鎌倉Cozy Nestお引き渡し☆

 
鎌倉市浄明寺|自然と共に暮らす家-鎌倉Cozy Nestお引き渡し☆
この記事を書いている人 - WRITER -

もう、ネット環境は整ったかな(笑)
2012年3月17日の建築吉日に、鎌倉市は浄明寺に建築されたトットロさんコッコロさんご夫妻の家となる鎌倉Cozy Nestが無事、竣工を迎えました〜☆
こちらのお宅は建築途中に、こんなイベントを行なったお宅でもあります!
そう、室内の天井や壁、もちろん収納の中までもオールドイツの漆喰珪藻土を一般の施主様が塗り上げるというセルフビルド作業ですね。
まぁ、いきなり塗れって言われても、なかなか出来るモノではありません。
でも、気の効くツールを貸し出したり、ポイントになる部分をお教えしたり。。
そこでオーナーの心が折れさえしなければ、全室の天井や壁までの全てが漆喰珪藻土と言う、快適な空間になってしまうと言う訳です!
今回、トットロさんコッコロさんが選択されたのは、全て自分達で塗りあげるという選択肢でした。
壁塗りの当初は『う〜ん、週末のみの作業だし、鎌倉の現場と今のお住まいは遠いしなぁ。。だいじょうぶかなぁ。。』と思いきや。。


なんとっ!!
トットロさんに左官の神様が降りて来てくれましたー☆
左官の神様とは?!
トイレの神様ではありませんよ(笑)
施主塗りの場合、最初はなかなか慣れないものです。でもこれがある時を境にいきなりペースが上がります。私は元々大工の職人でしたので、修行中の頃には『なんで、こんな事も分からないんだろう・・』なんて事が良くありました。きっと他職業の方でも同じ事があると思いますけど、ある日いきなり全てが見えて、なにをどうすれば良いのか分かる時があるんです!
この左官の神様が降りてくるのは、とにかく一生懸命に作業に専念された方のみに降りて来ます。
過去例を見てみると、ご主人や奥様、性別に関係無く一生懸命に作業された方のみに降りてくるのが分かっています。
ここまでスキルが上がってしまい、左官屋さんの様になってしまう事を左官の神様が降りて来たと言います!
しかもこのサイズの家をほぼ一人で仕上げてしまったと言うのは、トットロさんが初めてかも(笑)
実に素晴らしい☆

とまぁ、実際にやり切って男をあげたトットロさん。
こちらのご夫妻にお会いした当初、家造りをどこに託すか検討中だったご夫妻の印象は、一言で言うと『家族愛』とでも言いましょうか。
色々と話を聞かせて頂いたので『どの様な家を建てたいか?』がとてもリアルに感じられました。
そしてしばらくの間は色んなハウスメーカーや工務店さんを廻った様でしたが、その後、中尾建築工房と共に家造りをする方向を決められたのです。
それにしても、家造りは結構難航しちゃいましたね・・
鎌倉市と言えば、埋蔵文化財がたくさん埋まっていると言われる埋蔵文化財包蔵地です。
詳しくはこちら
しかも同じ鎌倉市内の中でも、通常の規定よりも一層厳しいエリアでした。
なんでかって言うと、以前に近隣の方が建てた際、割と浅めの深さで文化財となる池が出てしまったのです。。
家を建てる際には基礎工事で土を掘ったりします。
その掘る深さが60㎝以上になると、試掘調査などをおこなったりします。
でも、ここは42㎝以深で確実に、なにかしら出るとお墨付きを頂いてしまっていたので、42㎝以上掘る事によって試掘調査ではなく、発掘調査に移行してしまうのです。
発掘調査なんて事になってしまったら、申請が終わってから一年はかかってしまいます。
その間、全ての工事費が施主負担と言う事ではありませんが、結構な負担を強いられてしまいます。
そこに着て、地盤調査結果は軟弱盤と来た・・・
通常の地盤改良工事で支持層と言われる所まで、改良杭を打ち込むと5m以上は打ち込みしなくてはならない。。
そうすると一年以上はゆうに掛かってしまいます。
そこで特殊な地盤改良方法を見つけ出して、なんとか42㎝以内に留める事が出来ました!
そしてその難をくぐり抜けたら、今度は隣接する敷地の都合から建築確認が降ろせないと鎌倉市に言われてしまったり。。
まぁ〜、とにかく色んな事があった『鎌倉Cozy Nest』な訳ですが、その分想いも強いし。
さらには良い家に出来上がったと思います!
kamakura-jyoumyouji-i-shunkou2.jpg
コッコロさんから引き渡しの際には、薪を持って来て『ストーブの付け方を教えて!』と頼まれていましたので、薪を使って実際に火入れの説明をしています。
そして火が起きると〜
kamakura-jyoumyouji-i-shunkou3.jpg
いや〜、こんな素敵な薪ストーブがあると、ワインと共に体育座りをしたくなってしまうのは、私だけでしょうか?(笑)
実に素晴らしい☆

この他、色んな画像はあるんですけど、ここでは出せないんだよなぁ。。
なんてかって言うと、引き渡しの時間よりも早く引っ越し屋さんが到着してしまいました。
なので、画像はあるけど○○印の段ボール箱多数(笑)
なのでこちらはおりを見て、更新させて頂ければと思います!
中尾建築工房の建てる自然素材の家であり、長期優良住宅でもあり、薪ストーブも設置された贅沢な家を手にしたトットロさん、コッコロさん、娘ちゃん!
無事、予定通りの竣工おめでとうございま〜す☆
引き渡し後、ネット環境が整うのは19日辺りって聞いてました。
なのでそろそろ良いかな〜って感じで更新です!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. トットロ より:

    今さっきネット環境が開通しました。
    移転して3日、
    まだあちこち段ボールだらけで、
    住居のようでもあり倉庫のような我が家ですが、
    今までの現場っぽい感覚はなくなってきた気がしています。
    おかげさまで薪ストーブはその後も活躍中です。
    扱いにもなんとなく慣れてきたなと思ったところで
    そろそろ薪も切れてきたので、
    このまま一気に暖かくなって欲しいと願っています。
    これまでいろいろありましたが、
    それでまとめて厄落としを済ませたということにして、
    新たな暮らしの実感を育みつつ
    徐々に環境に馴染んで行こうと思っています。
    本当にありがとうございました。
    そしてまた今後も何かと宜しくお願いします。

  2. @320 より:

    トットロさん、コッコロさん竣工オメデトウゴザイマス☀
    私はたいして力になれなかったのですが、トットロさんのスーパーテクに驚かされながら(笑)、昔の学生時代の話なんかしたりして楽しかったです♫
    コッコロさんのミートソースも美味しかったですよ~♥
    今度逗子にも遊びに来てくださいね★

  3. トットロ より:

    @320さん。
    アリガトウゴザイマス!
    間に合うかどうか内心かなり焦ってた時期だったので、
    @320さんの助っ人はとても心強かったですよ。
    山ひとつ越えたご近所ですから、
    ぜひぜひ遊びましょう!

  4. 中尾建築工房 より:

    トットロさん☆
    色々ね(笑)
    むしろあり過ぎですわ(笑)
    でも厄落としも出来て、さらにやりきったトットロさんは立派だったと思います!
    @320さんとも是非仲良くお付き合いして頂ければ、私たちも幸いです!
    @320さん☆
    ん、ミートソース?
    んじゃトットロ家&@320家のミートソース、それぞれ4人前でお願いしまーす!(私だけ二人前なので)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です