横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市長沢『live in luxury☆』漆喰珪藻土の塗壁進行状況の視察に行きました!

 
  2018/10/12
横須賀市長沢『live in luxury☆』漆喰珪藻土の塗壁進行状況の視察に行きました!
この記事を書いている人 - WRITER -

日々、色んな人が中尾建築工房に訪れてらっしゃる訳で、そんな中でも自分たちで漆喰珪藻土の壁を塗るって方達の割合はとっても多いんです。
そこでちょっと思い出しました。
中尾建築工房にほど近い場所に建築中の『live in luxury☆』は、果たして塗り塗りの作業がどこまで進んでいるのか?!
近いっちゃぁ、近いんですけど、私もパタパタとしてまして、中々足を運んでいませんでした。
では、どんな感じで進行しているかって言うと、外観はこんな感じになります!
yokosukashi-nagasawa-k-nurikabe-jyouzu.jpg
luxuryと言うからこそ、確かに贅沢な外観です。
塗り壁と、一部にサイディングを貼っているのですが、軒天井のレッドシダーとルーフバルコニーの唐松材が、程よいコントラストを生んでくれていますね〜
デッキ設置用の束石が収まりまして、あとはデッキや枕木を据える感じ。
建物自体も大きいですし、なんと言ってもどこかに向かって吠える様な外観は、重量感と圧倒的な威風を放っているのが良く分かります。
長沢だけどね。。
そんな『live in luxury☆』は、現在施主施行にて室内の漆喰珪藻土を塗り塗り中な訳ですが、私的にはちょっと心配感があったのです。
なにが心配かって言うと、塗り壁講習の際の手際を見ていて、微妙な印象を持っておりました。
『こんなんで、ほんとにイケると思ってるんだろうか•••』って。。
なんで補講を行ったくらいですからね。
つまりは講習を二回受けておりまして、さらには中尾建築工房の監督もちょこちょこ『こ〜して、あ〜して。。』って言うアドバイスはしている様なんです。
なので気になる仕上がりの状態を夜にちょこっと訪れてみました。


yokosukashi-nagasawa-k-nurikabe-jyouzu2.jpg
講習に参加された方であれば、こちらのご夫婦をご存知かと思います。
やる時などは、むきって夜中まで塗り塗りをされているらしい。。
う〜ん、頑張ってますね〜
そしてちょっと私も驚いちゃう事が起こりました!
なにがあったかって言うと、中尾建築工房の漆喰珪藻土施主施行のレベルは年々上がっております。
でも、正直言ってこのお宅は『ちょっと。。微妙な感じなんだべな•••』って思っていたんです。
なのでアポ無し突撃をしまして、一発喝を入れようかと思っていましたら。。
yokosukashi-nagasawa-k-nurikabe-jyouzu3.jpg
これではちょっと分かりにくいですかね。。
ではこちらの画像では、どうでしょうか?
yokosukashi-nagasawa-k-nurikabe-jyouzu4.jpg
パターン的には、木ゴテで抑えたマイルドプラスターランダムって感じですかね。。
中尾建築工房の打ち合わせ室はマイルドプラスターランダムの金ゴテ仕上げになりますが、こちらは乱流と呼ばれる表面の雰囲気に塗られておりました。
これ、見て頂くと良く分かるかと思いますけど、明らかに上手なんです!!
いや〜、おじさんこれ見てびっくりしちゃいましたよ、ほんとに。。
『これ、K家の二人でやってたの??』って、私が驚くくらいの仕上がりになっておりましたので(笑)

基本、私はあんまり褒める事をしません。
なんだけれども、これは。。
『なによ、どうしちゃったのよ、この仕上がり!巧いじゃん☆』って感じ(笑)
いや〜、実にびっくりですよね〜
講習時には、あんだけどうにもこうにもだったお二人が、かなりのハイレベルなクオリティを生み出しているのは、さすがの私もびっくりでした。
ま、これなら完成見学会も、楽しいモノになりそうですし、私の出番は要らないって感じですかね。
そんなこんなで横須賀市長沢の漆喰珪藻土の塗壁進行状況は、まずまずの状況です。
完成見学会は2014年3月29、30日(土日)に決定しておりますので、皆様ぜひとも楽しみになさっていて下さい!

いや〜、忘れてた。。
実はですね、こちらK家の奥様、現在中尾建築工房とある約束をしておりました。
何かって言うと、施主施行の漆喰珪藻土塗り作業をする事によって、ダイエットも同時に計画していたんです。
そして目標の数値に達していなかったら、罰ゲーム的な約束をしてたんです。
そろそろ追い込みの頃だし、頑張ってやってもらおうと思って。。
ご実家にある結婚式の際の写真を撮りまして、こちらにアップしようとしていたんですよね。。
おそらくK家のお二人とお会いした事のある中尾建築工房のオーナー様でしたら『えぇ〜w( ̄△ ̄;)w』と、驚いてしまう位、全然違う方なのです(笑)
私もちょくちょく、湘南スタイルの写真と違う人と言われる事がありますけど、私よりも、ある意味相当上手(うわて)を行っていると言っても過言ではない位、若かりし頃の写真は美人さんなんですよね(笑)
今日はお父さんとハナダイ釣りの話で盛り上がってしまったので、写真を撮るのをついつい、うっかりしておりました。
また写メアップは、また後日と言う事にさせて頂きましょう!
見学会で飾るって言うのもアリだな(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. まゆぞー より:

    そんな・・・写目メアップって。軽い公開処刑じゃ(T_T)
    変化率は凄いですけど、面影もないですけど、たいして美人でもなかったですよ(笑)
    塗り塗りお褒めいただき本当に嬉しいです!
    大勢の方に心配かけてましたもんね。落ちこぼれ2人。
    補講をしてくれた社長、失敗や質問の連続に匙を投げずに色々教えてくださる向山さん、他にも沢山の方のおかげでどうにか形になってきました。ありがとうございます。
    モチベーション下げないで完成までがんばります!!

  2. 中尾建築工房 より:

    壁もいいけど、ダイエットもね!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です