横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

無垢の床材にあやしい汚れ。。|元通りにする為には?!

 
無垢の床材にあやしい汚れ。。|元通りにする為には?!
この記事を書いている人 - WRITER -

ま〜良くも毎日毎日、ブログの更新を行えるもんだと自分でも驚いてしまいます。
なんと言いますかね。。
人には人のタイプってもんがあると思うのですが、例えば外には一歩も出ずに、おとなしく過ごしたいって人だったり、私みたいになにかしらしていないと落ち着かないって人。
はたまた、その真ん中辺りの方もいらっしゃるかと思うんです。
私の場合は魚のボラみたいなもんでして、いつも泳いでいないと駄目なタイプなのでしょうね。
出来ればボラではなくて、せめてマグロかなんかに例えたいのですが、マグロだとちょっと高級ですしね。。
私もまだまだ器がそこまで行っていないと言う事で、表現的にはまだボラで充分なのかなぁ。。
そんな私の本日は、葉山に建てたお引き渡し済のお宅へと伺いました。
お題にあります通り、新築の注文住宅を建てれば、当然の事ながらその家に住む事になります。
その家に住むと言う事は、日常生活の中で、色んな事が起きるでしょうね。
実は今日、葉山町にて中尾建築工房の家を建てたオーナー様から、こんな相談を受けました。
『多分、この液体なんですけど、これを床にこぼしちゃったら、膜を張ったみたいに汚れしまったんですよね。。どうやって直すんでしょうか?』
その液体って言うのは、なんと錆び取り材でした。
mukuita-yogoretori.jpg
これはどうなるんだろう•••
錆び取り材なんて、それこそ若かりし10代のバイクで走り回っていた頃以来、触る事の無かった液体ですね。。
匂いを嗅いだ瞬間、若かりし頃にフラッシュバックした気分。。
さて、では無垢のサンプル板に、この錆取り材を塗ってみましょう。


mukuita-yogoretori2.jpg
ジェル状の錆び取り材なので、それを伸ばして擦り込んでみました。
これで乾いた後に、なんかしらで剥離の作業を行うのですが、正直言って、今までに対応した事の無い素材。
それだけになにで対応をしてよいのやらって感じも否めません。
いきなり本物の床で失敗するのも嫌ですから、錆び取り材をオーナー様から貰いまして、まずは事務所で実験と言う事になりますね。
mukuita-yogoretori3.jpg
用途を見ますと、自転車、オートバイ、釣具、ドライバー等々、私には持っている意味がありそうな錆び取り材。
オーナーさんは私にくれると言っていたので、ありがたく頂戴したいと思います!
にしても無垢の床材に錆び取り材かぁ。。
どうなんだろう、、
こぼれてしまった際に容器にべとべとしていたのは、キッチンで使う様な洗剤で洗ったらきちんと落ちたけど。。
板はやってみないと分からないなぁ。。
とりあえず次回に続きます!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です