横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町一色にて地鎮祭☆

 
  2018/12/30
葉山町一色にて地鎮祭☆
この記事を書いている人 - WRITER -

今日は曇天、そして葉山は若干風が強かった日ではありましたが。
2016年4月11日に葉山町一色にて、地鎮祭を執り行わせて頂きました!
hayama-isshiki-n-jichinsai.jpg
今回の神主様は、オーナー様のご意向もあって、出雲大社さんにお願いをして祭事を行って頂いたのですが。
詠み上げる祝詞はいつもの猿田彦神社さんと比べて、さほど違いません。
けれども。
猿田彦の大神は天狗の様な強面の神様。
だから、地鎮祭の時には、やや緊張気味になったりするのですけどね。
今回の出雲大社さんの場合は、なんとなーく。
女性系の様な柔らかい感じがしました。
私は出雲大社さんの事は詳しく知らないのですが。
何故か、そんな感じがしたんですね。
時間的には割りと短めに終わったのですけど、きちんと四方祓いも行って頂きましたので、地を鎮める事も無事に終わらせる事が出来ました。
ところが、こんな事を書いていると。。
『あんた、なんでそんな事が分かるのよ!』
と、突っ込まれる奥様方が居らっしゃったりするのですが(笑)
中尾建築工房の場合、家を建てる前には必ず地鎮祭を行わないと。
工事をやりたくない!
と言う気持ちがあったりします。
何故なら、私自身が大工の見習いから修行を始めて。
そして修行時代も終えて、独立をしてからも。
それこそ、幾度と無く、摩訶不思議な現象に出くわしたりする事が多かったんです。
例えば2棟並んだ、長屋の家のぼっとん便所を水洗トイレに変える時とか。
1棟は私の務めていた工務店で工事をして。
もう1棟は、他社さんで工事をする事になって。
私の務めていた工務店では、こういった汚れ系の工事は見習いだった私の仕事でしてね。
それこそ洞穴(肥溜め)の中に入って、汲み取りをしてもらってから、水を掛けながらデッキブラシで洞穴の壁や床を掃除をしたり。
そして洞穴の中で四方祓いを行って、新たなに床を造ったりしてました。
そうすると、洞穴の中だから暗いし、怖いし、兄弟子全然手伝ってくれないし(笑)
って感じがするんですけど、なんとなーく胸の内はすっきりすると言いますか。
明るくなったと言いますかね。
特に手順のマニュアルがある訳でもないんですけど。
なんとなーく、そうしなきゃいけないんだな・・
って感じで、作業をしていたんです。
そして綺麗に床組みを造ってトイレを設置して。
手間暇掛かるのだけど、やる事だけはしっかりとやらせて頂いてたんです。


他社さんで工事をしていた、もう1棟の長屋では。
汲み取りだけして、そのまんま床組みを造って塞いでしまったりとかしてました。
そしたら。
配管の施行も全然問題無く、勾配もしっかり取れてるはずなのに。
何故か他社さん施工の長屋では、しっかりと配管が詰まってしまって、長屋の住民の方からクレームがあったりしてたんですね。
しかも、配管を調べても。
特に問題が無いですし、詰まる場所も毎回違うので。
はっきりとした原因は不明だったりとか。
ついでに、新しく入れた新品のウォシュレットも壊れたりとか。。
また、井戸があった家では。
使わなくなった井戸を塞いでしまうのに、お祓いもやらずに解体屋さんが井戸を塞いでしまった現場があって。
新たに引き込んだ水道管の上水の出が悪くなったり。
これも、本管からの圧力不足と言う訳でもなくて、なんにも問題ないのにも関わらず、水が出ない・・
他にも色々と修行時代に経験をした、摩訶不思議な経験がありましたから。
私が独立をしてからは、どの様な工事をするにしても。
きちんと地鎮祭や、お祓いと言うのは必ず行ってから工事をする様にしてるんです。
そういった経験をして来て思うのは。
建て替えなら、いざ知らず。
普通に家を建てる為には、新たに土地を購入したりとかする訳です。
そしてその土地の使われた方の様な履歴は、全てが分かる訳ではありません。
よほど重要な事であれば、重要事項説明書に記載される事もあるのだけど。
それすらしない不動産会社さんも多々ある訳でして。
どんな事があったか分からないけど、その土地を購入される方は必ずご縁がある訳で。
そこに永く暮らす訳ですから、工事を始める最初には。
必ず、感謝の気持ちを持って、地鎮祭を執り行わせて頂くと言う姿勢をブレる事なく続けているんです。
今回も神社さんは違えど、出雲大社さんにしっかりと執り行って頂けて。
四方以外の場所も、ここ祓った方が良いよ〜と言う場所も教えてもらえましたので。
これで安心して、着工を行う事が出来る様になりました!
hayama-isshiki-n-jichinsai2.jpg
こうして葉山町一色の地鎮祭は無事完了!
この場所は、葉山町一色の中でも、遠くに海を望める場所。
海を望む為のルーフバルコニーも。
冬の風物詩となる薪ストーブも楽しむ事の出来る家となります。
プランニングに時間が掛かった事もあって、土地購入からそれなりに時間が掛かってはいるのだけど。
その分、満足の出来る家になるのではないでしょーか!
と言う事で葉山町一色にて地鎮祭☆
出雲の神様のお力で、しっかり鎮めて頂けで良かったです☆
地鎮祭おめでとうございまーす!!
hayama-isshiki-n-jichinsai3.jpg
家が完成したならば。
家から、こ〜んな景色が楽しめる!
やっぱり葉山って良い場所ですよね(笑)
何故か葉山で仕事をすると、意味なくパトロールをしてしまうこの私
この日も地鎮祭が終わって、葉山をあっちこっち廻らせて頂いちゃいましたー(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です