横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町下山口に購入した敷地内|斜面の有効活用法!

 
  2018/12/30
葉山町下山口に購入した敷地内|斜面の有効活用法!
この記事を書いている人 - WRITER -

家を建てたいな〜
土地を購入して〜
そして、理想とする注文住宅を建てたい!
夢(妄想)はどんどん広がるし〜
けれども、予算は抑えたいし・・
ま、大体みなさんこんな感じだったりすると思うのですよ(笑)
実は今回、購入された敷地内に。
斜面がある物件を購入された方が居らっしゃいました。
私の記憶によれば、一年半ほど前に。
家造りの相談は受けていた様な気がします・・
そして今春、土地も購入しまして。
すでに他社にて設計契約を済ませて、設計自体は始まってる。
けれども。
ど〜も。
ホントにここで建てても・・・良いの?!
と言う感じだったのだとか。
これねー、年に何回かの割合で、お越し頂く事が多いのですが。
すでに他社にて設計中。
けれども、言ってる事が意味不明・・
とか。
間取りの変更を頼んでも、一ヶ月経ったのに連絡無し・・・
とか。
最初から予算は伝えているけど、全然予算が合わない〜!
とか。
まぁ、色々な理由があって、中尾建築工房にお越し頂く事があったりするんです。
だいたいの話を聞いていて、どの方の場合でも共通なのは。
建築業界特有の、オブラートに包む様な説明に不信感を持つ。
と、私は個人的に思うんです。
オブラートに包まれちゃうとさ。
何考えているか分からないから、やっぱり怖くなったりすると思うんです。
だから。
同じ業界の方たちが、オブラートに包まない。
と言う事をすれば、家を建てる方達が悩まなくても良くなると。
私、個人的には思うのです。
で。
すでに他社にて設計中ではあったものの、不信感は拭えないと言う事で、中尾建築工房に交代なんだとか。
そうなんだね〜と言う事で、現地をさっそく拝見しますと〜
hayama-shimoyamaguchi-m-tochi-shisatsu.jpg


なんとも自然豊かなエリアですよね。
実は、特に土地の資料とかって。
もらってなかったのよね。。
と言うのも、先週末にお会いした時には。
まだ、どうするか分からないって感じだったです。
後から電話をもらって依頼を受ける事になったから、資料は無いけど。
おそらくこの辺なのではないかなぁ。。と(笑)
敷地は全体的に高低差がありまして。
家を建てられるであろう部分と。
完全に市街化調整区域として、家が建たない部分との線引があります。
その市街化調整区域の部分はと言えば。
hayama-shimoyamaguchi-m-tochi-shisatsu2.jpg
崖なんですねぇ・・・
まだ、今回はこの崖地の部分に家を建てる訳ではないから良いけど。
葉山の中でもちょっと前に下山口にて、崖地に建てた家があるけれど。
また、同じ下山口にて、崖を拝む事になるとはな〜
と、一人で考えてみたりする。
でも、こういった崖地って、考え方次第だと思うのです。
雑草やら、なんやらがたくさんあるから。
それを刈りとって。
以後雑草が生えない様に、防草シートを敷き詰めて。
そして、上っ面に目土を掛けて、ターフなんかを敷いてみる。
そうすればね。
hayama-shimoyamaguchi-m-tochi-shisatsu3.jpg
こんな感じで、芝ソリゲレンデが出来てしまったりする訳なんですね。
これは横須賀にあるソレイユの丘の芝ソリゲレンデ。
私が見る限りだと、現地の傾斜角は30度くらいはあるみたい。
ソレイユの丘の芝ソリゲレンデは、傾斜角度18度くらいだから、下山口現地の方が急な傾斜なのだと言う事が分かります。
であれば。
平地の部分にアンカーを固定するでしょ。
そして、傾斜地にロープを垂らして。
そのロープをよじ登ったり、降りて行ってみたり。
はたまたロープを持ちながら、両サイドに走ってみたりすると、格好の遊び場ですよね!
他にも。
凸凹な石を埋め込んで、ロッククライミングを造ってしまったり。
子供はパワーがあるから、斜面も考え方次第で。
とっても面白いフィールドに変わると思うんですよね。
また、下山川に降りれる階段のルートなんてあったりすると。
川には沢カニとかも居るだろうし。
カエルなんかも捕まえられそうだし。
ザリガニなんかも、もしかしたら居るかもしれない。
場所にもよるとは思うのだけど、ホタルなんかも見れたりするかもね!
夏休みの自由研究には、持って来いの場所な訳ですよ!
そんな事を考えていると。
傾斜地を含む敷地があるのも。
悪くはないんじゃないのかなぁ。。
って、思うのでありました!
ホントはご主人、ガッツリ気合い入れてもらって。
子供の為に、ゲレンデと階段造っちゃいましたー!
の方がかっこ良さ気ですけどね(笑)
そのオーラを感じないから、敢えて言わないですけど(笑)

と言う事で、これから始まる葉山町下山口の新規プロジェクト。
今週末に再度お越し頂いて、ヒアリングシートのご記入からお願いをする形です!
いいよねぇ、緑と川のせせらぎがある、こういった雰囲気の所に。
中尾建築工房の無垢板倉庫なんてあったりしたら、超うれしいんだけどなぁ・・


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です