横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

初めての家造り|まずは言いたい事を家族で潰し合わない相談を

 
初めての家造り|まずは言いたい事を家族で潰し合わない相談を
この記事を書いている人 - WRITER -

これは先週末のお話。
中尾建築工房には、毎週末。
色んな方たちが訪れる様になっている。
内容的には。
設計打ち合わせだったり。
見積調整打ち合わせだったり。
セルフビルドのオーナー向けに、DIYトレーニングがあったり。
土地購入済みの新規のご相談だったり。
はたまた、これから家を建てたいけれども。
何から初めて良いのか分からない。
そんな様々な相談があったりするんです。
湘南スタイルマガジンの湘南家造り相談室でも。
shounan-ietsukuri-soudanshitsu2015-aki.jpg
これは昨年の秋号だったかな。。
似た様なご相談を受ける事があるのですが。
たくさんの相談を受けてますから、私自身も引き出しは多いと思う。
でも。
結論は私が出すのではなくて、家を建てる本人さん。
と言うか。
本人さん+ご家族の方と言えば、正しいのかもしれません。
そこで今回、あった相談は。
『家を建てたいのだけど、何から初めて良いのか分からない。』
との事でした。


相談にお越しになられたのは、ご主人さんお一人様。
お子さんはまだ居らっしゃらないと言う事なのだけど、ご主人様の要望的には。。
自分自身も建築業界の人間だし。
とにかく数を多く建てる建売会社よりは。
地域で建てている地元密着型の工務店の方が良いのではないか。
そこで中尾建築工房のホームページを見て、お越し頂いたと言う事でした。
私は相談を伺う際に、土地の要望だったり。
家の要望だったりを伺ったりしています。
その要望と予算をうかがった上で。
その予算であれば、中尾建築工房でも出来る。
はたまた。
その予算であれば、うちではなくて◯◯ホールディングスの方が、コスト的には家が建つ。
そんな話をする様にしています。
私は元々、三浦半島で育ったし。
大工として、不動産会社や建設会社に依頼を受けて、原因不明の雨漏りや。
原因不明の様々なクレーム工事を現場で目の当たりにして、対応して来た大工だから。
こんな造りにしているから、こんな事になっちゃうんだな・・

と言う事を新築の段階で改良する事によって、その後の暮らしを守るべく家を建てている。
今回のご相談では。
ブログなどを見ても、書いている事には共感出来ると言う事だったり。
それは私も工務店冥利に尽きると思うのだけど。
やはり家を建てるのは、そのご家族な訳で。
それに対して建築のプロとして言えるのは。
やはり住まう方全ての方の意見が反映された方が良いのだと思う。
けれども。
分かっちゃいるけど、会話が成り立っていない場合も。
実際には多々あったりする。
例えば。
ご主人様が自分の意見をバンバン通す方であれば。
奥様は、言いたい事があっても言えない状態になっている・・・かも。。
しれませんよね。
もしくは、どうせ言ったって、この人はそれを否定するだろうなぁ〜みたいな思惑も。
奥様の中には、あったりして。
はたまた逆に。
奥様が自分の主張をドンドン通して、ご主人はなんにも。。
恐ろしくて逆らえません・・
的な意見があるかもしれません。
いずれのケースにしてもね。
互いの要望の話し合い=互いの要望の潰し合い
では。
本末転倒になってしまう訳だから。
それぞれ、意見を潰す前提での話し合いではなくって。
まずは、言いたい事を言い合える状況を作ってから。
話し合いを進める方のが、望ましいんだと。
私は思う訳ですよ。
土地を購入して、家を建てて。
大きなお金が動くことには、なんら変わらない訳だから。
この辺りはブレずに、よくよく話合える状況を作り出す事。
その上で、互いを尊重する様な会話が出来ると良いですね。
お帰りになられたご主人様は。
建築業界人って事もあるし、体格も私よりも大きな方だったから。
それだけでも、女性にとっては。
対等とは思えない節もあったりするからね。
ご主人的には。
自分でも気持ち悪い位、やさしめな感じで話掛けられると良いんじゃないかな〜
と、思ったりした週末でした!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です