横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市野比女性建築家の建てた家メンテ|アイロンを使った無垢材の傷補修方法

 
横須賀市野比女性建築家の建てた家メンテ|アイロンを使った無垢材の傷補修方法
この記事を書いている人 - WRITER -

つい先日、横須賀市内は野比に建つ、女性建築家の建てた家に伺いました。
yokosukashi-nobi-s-jyosei-kenchikuka-mente.jpg
ご主人様が、と〜っても寛大な所もありまして。
予算さえ守れば、建築家の奥様のやりたい様に建てていいよ!
と言われていた家になります。
この家、立地のせいもあるのか。
カラーリングのせいもあるのか。
割りと目立つ家みたいなんですね。
すでにこの家を見て、お子さんのママ友繋がりなのか、5組以上の方から。
この家、中尾建築工房さんで建てたと聞いて。
『資料請求したんです〜』
とか。
『土地探しから相談したいんです〜』
と言われる事があったりします(笑)
オーナー奥様が私達と同業でもありますので、プランニングの時には私も一緒に楽しませて頂いたこの案件。
造り手の私たちが『ちょっと手間暇掛かるな〜』
と言う家だったりすると、収まり的な部分を仕上げていくのに。
かなり、頭も使ったりはしますけど。
それが、以外にも面白かったりするんですよね(笑)
オーナー目線も、設計施工する目線としても。
どちらも建築屋さんな訳ですから、見た目が良いのは当たり前なんでしょうね!
で。
点検は順不同でタイミングを見て廻っているのだけど、回れてないお宅を忘れている訳ではないのでご安心下さい。
だいたいどこ行っても問題なんて無いのだけど、廻る度に相談される事がある。
それが、無垢の材料に付いた傷の補修方法なんです。
ま〜、素材が素材だけに、気にし過ぎはよろしく無いと思うのだけど。
せっかく建てた家が傷つくのが嫌って場合は。
こんな補修方法があったりします。


yokosukashi-nobi-s-jyosei-kenchikuka-mente2.jpg
今回、傷がついたのは無垢のストリップ階段の段板でした。
階段の素材は無垢の唐松材。
ナチュラルな自然塗料で、着色をした仕上がりになっています。
それを。。
yokosukashi-nobi-s-jyosei-kenchikuka-mente3.jpg
傷のついた場所に、水を吸わせます。
今回は傷が角にあったので、平坦な所に水を置いて。
その水を角に移動させる様に吸わせた感じ。
そしてこの後。。

ここで登場するのが、どの家庭にもあるであろうアイロンさん(笑)
ポイントはね。
アイロンをスチームモードにしてもらい、水を吸わせたダスターを傷のある部分に敷きます。
そして、ジュ〜ってやるだけ(笑)
yokosukashi-nobi-s-jyosei-kenchikuka-mente5.jpg
傷が角にありましたので、上からだけではなく、側面からもジューってやります!
yokosukashi-nobi-s-jyosei-kenchikuka-mente6.jpg
だいぶ膨らんだでしょ?!
これね。
一回だけではなかなか膨らみ切らない事もあるんですけど。
そういった場合は何度かに分けて、作業される事をお勧めしています。
このやり方、基本的には針葉樹の木材なら良いと思うのですが。
広葉樹はお勧めしません。
大体の場合、広葉樹は反りが出てしまうのでね。
広葉樹の場合は、丸っとペーパーで削ってしまった方が良いかもね。
膨らみがOKになったら、ペーパーで軽く削って。
アイロンでジューっとするので、色が抜ける事もあったりします。
今回の色合いは顔料が強かったので、抜けなかったけど。。
薄めの色合いの場合、顔料が抜ける可能性が大ですんで。
全体的に軽くペーパーを当てて。
それから着色する様にして下さい。
って、話をここでしておけば。
住んでから、私たちの様な業者を呼んで、治す必要が無いと言う訳なのね。
例えば大工さんや補修屋さんを呼べば、それなりに万円単位の費用が発生します。
それが自分たちでも出来るのであれば。
数万円が浮くと言う事になるでしょ?
そしたら、浮いたお金で温泉行っても良いだろうし。
美味しいご飯を食べに行くなんてのも、アリだもんね!
なので、私の場合は。
この程度の事なら、自分たちでやれる様になった方が良いですよ!
と言う事になるのです。
この後、色々と内外部を拝見させて頂きましたが、特に問題ございませんと言う事でメンテは終了。
yokosukashi-nobi-s-jyosei-kenchikuka-mente7.jpg
2Fリビングのフローリング、奥様にはとってもお気に入りなのだそうです。
無塗装の状態でお引き渡しをさせて頂きましたが、ご自身で何度かクリアのオイルを施されているそうで。
愛着があってお気に入りなのだそうですよー
大好きになる家に住める。
そのお手伝いをする事が出来るのは、造り手の私たちにとって。
最高の喜びになるんだなぁ。
そう思った1日でした!
と言う事で、アイロンを使った無垢材の傷補修方法。
参考にしてみてくださいね⭐️


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です