横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町堀内|ビルトインガレージのある家の進行具合を見てきました!

 
葉山町堀内|ビルトインガレージのある家の進行具合を見てきました!
この記事を書いている人 - WRITER -

私も日々、色んな方の相談を受けたり。
設計案件の図面や仕様のチェックだったり。
積算資料を見たり、事務所内での作業によって現場を動かしたりしているから。
中々、全ての現場に廻る時間が取れません。
そんな時、たまたまフラッと寄れる事になった葉山町堀内に建つビルトインガレージのある家。
hayama-horiuchi-s-built-in-garage.jpg
ちょうど仮設トイレが置いてある前がビルトインガレージになるのですが、トイレで隠れてしまってますね。。
家が大きから、アングルを固定するのがまた大変・・・
この家はルーフバルコニーも堪能出来る家になっている訳なのですが、普通のルーフバルコニーとはちと違う。
10mハイルーフと言う、比較的高所からの眺望を得られる家になってるんですね!


hayama-horiuchi-s-built-in-garage2.jpg
これが実際のルーフバルコニーになるのですが、白い自然素材の漆喰で塗られた外壁に仕上がっています。
高さは1500の高さがある壁。
そして一段低い壁と、二種類の壁があるんですね。
通常、バルコニーの手摺高さと言うのは。
1100取れてあれば、安全性は確保出来る。
けれども、ここは敢えて1500の高さに上げる事にしました。
hayama-horiuchi-s-built-in-garage3.jpg
実はね。
このルーフバルコニー。
奥様のストレス発散の場として、デッキを設けた方が良いんじゃないのって話をさせて頂きました。
奥様のお父さんが大工さん。
であれば、娘の為に腕をふるってもらったって良いんじゃないかなと。
そのデッキにマットレスを敷いたりすれば、そこにダイブして、まったりとした時間を過ごすのも良いのではないかなって。
手摺の高さを変えた理由は。
海方面は景色を楽しむべく、手摺を低く。
江ノ島は見えるしね!
山方面も景色を楽しむべく、手摺を高く。
山方面に関しては、手摺を1500の高さまで上げる事によって。
奥様の目線では、周囲の家の屋根などを隠してしまい、緑のみしか見えなくなるんです。
なので、手摺で必要の無い景色を切り取ろうと。
つまりは海も山も。
良い所取りが出来るって事なんです!
hayama-horiuchi-s-built-in-garage4.jpg
さらに山側には。
hayama-horiuchi-s-built-in-garage5.jpg
お隣さんとまでは言えないけど、かなり近い場所に葉山堪能空間引き寄せの家が建っております!
糸電話、出来る距離ですよね(笑)
hayama-horiuchi-s-built-in-garage6.jpg
すでに海方面には、景色を邪魔しない為のロートアイアンの手摺も設置されました!
捻じりを入れたシンプルなアイアンは、周囲に溶け込んでくれるので扱いやすいと思います。
hayama-horiuchi-s-built-in-garage7.jpg
そして室内では、施主施行での珪藻土塗りを、ご主人筆頭にお身内の方とで施行されております。
家が大きいから、壁や天井を塗る面積も半端無い(笑)
施主施行がどのタイミングで終わるのか分かりませんが。。
後は努力の成果になるんでしょうね!
今まさに壁塗りを施工中のオーナーの皆様。
葉山町堀内の現場では、皆さんと同じ様〜に。
頑張られておりますよ〜☆
と言う事で、葉山町堀内|ビルトインガレージのある家の進行具合のご報告だったのだけど。
それとは別に、中尾建築工房のブログをご覧になられている方に御連絡がありまーす。
20日(月)、21日(火)になったらね。
ネガティブな感じではなく、ポジティブな感じで過ごして頂けたら良いなぁって思います。
その理由?
私は専門家じゃないから、詳しくは分からないんだけどさ。
でも、そうして過ごした方が良いんだって。
例えばねー
家族で仲良く過ごしたいな〜
と思ってはいるけど、旦那さんについ当ってしまったり、イライラしてしまったり。
逆に、奥様に対してついつい、愚痴の1つもこぼしてしまう感じのご主人さんとかが、ネガティブな感じだったりするならば。
家族で仲良く過ごしたいな〜
と言うイメージのみで過ごして頂ければと思います。
なんでもね。
そこで思ってる事が、良くも悪くも大きくなっちゃう事があるんですって。
どうせ大きくなるなら、ポジティブが大きくなった方が良いですものね!
個別に御連絡した方も中には居るけど。
日にちがもしかしたら間違っているかもしれないから。
ここで日にちは訂正で、20日(月)、21日(火)にして下さ〜い。
ではでは、皆様良い週末を☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 容疑者k 妻 より:

    オーナー様珪藻土塗りお疲れ様です!
    うちもやっと珪藻土に取りかかれます!
    私があまり手伝えないのでここまで長かった…(;_;)
    みんなやってると思うと頑張れますね!★
    ちょっと弱音を吐いた部分もありますが…(笑)
    明日20日はまた家に塗りに行かなきゃ行けないですがポジティブに頑張ります(*^^*)!
    良いことあるかなー♪

  2. 中尾建築工房 より:

    容疑者k 妻さん☆
    お疲れさまでございまーす!
    そうそう、ポジティブにね!
    ネガティブなイライラとかは、また別に日にやれば良いから、今日明日だけは楽しい事とか。
    そう在りたい自分のイメージで生活してみてくださいね!
    た〜のしい〜よ〜☆

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です