横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

薪ストーブクッキング!新鮮なタチウオのグリル☆

 
  2018/12/30
薪ストーブクッキング!新鮮なタチウオのグリル☆
この記事を書いている人 - WRITER -

こういうブログを書いていると、つくづく恵まれた環境で生活をしているなー
と、思う訳なのですが。
海もあるし、山もあって。
楽しい系のライフスタイルを過ごすには、もってこいの環境だと思います。
そして季節は冬。
この時期は、せっかく薪ストーブを燃やす訳ですから。
使わない手はありません。
今回は、昨日仕留めてきた東京湾猿島沖のタチウオ!
これを薪ストーブで料理をしてみたいと思いまーすっ!
これ、いつもの中尾建築工房に置いてある薪ストーブ!
makistove-grill-tachiuo.jpg
ダッチウエストのエンライトFA248でございまーす☆
今回は薪ストーブの炉内で、タチウオを焼きますので。
薪自体も香りの良い桜の木を選んでおりまーす!


makistove-grill-tachiuo2.jpg
そして、これからタチウオを調理して行くのですが。
その前に、薪ストーブの上に、LODGE(ロッジ)のラウンドグリドルを乗せて。
オリーブオイルを多めに敷いて、グリドルを温めておきまーす!
普段、グリドルは薪ストーブでピザを焼く時に使ってるんですけど。
これ、あると結構役に立ちます(笑)

makistove-grill-tachiuo3.jpg
はい、今回は三人前を作るために、敢えて3本のタチウオを捌きます。
理由は、タチウオの内臓が閉まってある部分って。
お腹廻りになるのだけど、脂がめっちゃ乗ってます!
より美味しくって事で。
やってみる事にしましょー
makistove-grill-tachiuo4.jpg
今回のスパイスは塩、ホワイトペッパー、レモン、タイム、オレガノ、セロリシード等々。。

ミックスされた調味料をタチウオの切り身にまんべんなくふりかけました。
そして置く事、ざっと10分。
その間にレモン、ニンニクやミニトマトをカットしたり。
えのき茸や、香りづけのスペアミントを段取りしまーす☆
makistove-grill-tachiuo5.jpg
こんな感じで!
あとはアルミホイルをかぶせて、薪ストーブの炉内に入れるのですが。
火が付いている炉内に、フロントドアからの投入になりますから。
アンダイアンの付いてるストーブでやる場合は、あらかじめ外しておいて下さいね!
makistove-grill-tachiuo6.jpg
そしてストーブを燃やす事10分ほど。
makistove-grill-tachiuo7.jpg
再度、フロントドアからグリドルを取り出すのですが。
普通のフライパンとは違って。
グリドル事、炉内に入っている訳です。
なので、取っ手も。
アッチッチ〜
に、なっておりますので、皮手か濡れたダスターを使うなどしてみて下さい。
これがホントの出来立てホヤホヤ
ならぬ。
出来立てジュージュー!!
ボリュームは大きめで聞いてね!


音を聞くと、より美味しさが伝わるのでは無いか?
と思いますが、これに。。
makistove-grill-tachiuo8.jpg
これを本日のお昼に頂きまして。
ちょうどタチウオのハラモの部分を、トマトとえのき茸を合わせて食べましたが。
makistove-grill-tachiuo11.jpg
もう、言うまでも無いでしょう!
超絶、めちゃんこ美味しいですっ!!!
これね、タチウオ手に入った方は。
是非とも食して頂きたいレシピです!
ちなみに、薪ストーブじゃなくても全然出来ますっ!
中尾建築工房には、コンロが無いから。
薪ストーブで作ってるだけでーす(笑)

ポイントはオリーブオイル多めってとこ。
アヒージョに近い感覚でーす☆
でね。
タチウオはお刺身はもちろんの事、白身の魚なので。
なんにでも使える食材です。
お刺身で食べる方は。
これは開きにしたタチウオの断面なのですが。
makistove-grill-tachiuo9.jpg
タチウオのお刺身をより美味しく頂くなら。
表面の皮はバーナーで一瞬炙る!
さらに。
丸〜い、筋肉の筋になってるとこに、画像の様に包丁を入れたりしておくと。
より、美味しく食べれると思いまーす!
これから、プラン入れる方!
こうやって料理も出来る薪ストーブ!
結構、楽しいんですよぉ〜♪
makistove-grill-tachiuo10.jpg
今日は時化で風が強いけど。
おかげさまで、タチウオの開きが美味しく出来上がりそうだ(笑)
ほんっと、緊張感の無い建築屋さんですね(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です