横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

木も魚も素材の保管方法に最もこだわる工務店|鼻血を出す理由があります。

 
木も魚も素材の保管方法に最もこだわる工務店|鼻血を出す理由があります。
この記事を書いている人 - WRITER -

中尾建築工房は元大工の私が創業した、建築の設計事務所であり工務店です。
大工は木材などの素材に対して、特にこだわりを持つ生き物。
それだけに、高級材などは人工乾燥モノではなく。
長期間、天然乾燥させる為に工房を所有しております。
中尾建築工房は、1Fがそれらの資材をストックする為の工房。
それが理由で、打ち合わせスペースやスタッフルームは2Fにあったりします。
そして私の趣味は、ブログでもちょこちょこ書かれている通り。
乗り合いの船に乗って、沖の釣りを趣味としています。
始めたばかりの頃から、釣り上げた魚も料理の素材になりますから。
ありとあらゆる方法で、魚の鮮度をよりよくする為に。
それぞれクーラーボックスを選んでおりました。
ところが。
私の釣り上げる魚のサイズ、だんだんと大きくなっておりまして。
10年前はアジだったのが、今ではマグロ・・・
そう、サイズが大きくアップしてしまっているのです。
私の場合、釣った魚は全て自分で消費するのではなく。
たいていの場合は差し上げてしまいます。
人様に差し上げる魚はやはり、美味しい料理の素材にしたいので。
魚を保管するクーラーボックスには、特に力を入れている釣り人です。
そう、つい先日までは。
史上最強と呼ばれるYETI クーラーボックス タンドラ160qtに、魚を保存しておいたのですが。。
sakana-hokan-saikyou-cooler-box.jpg
上に乗せたマグロが釣って来たマグロさん。
下のクーラーボックスの赤枠で示したのが、ボックスの内寸。
このクーラーボックスは断熱の層が半端ないので、斜めにしてもマグロが入りきれません。
これがYETI のクーラーボックスでは最大のサイズ。。


sakana-hokan-saikyou-cooler-box2.jpg
赤枠で囲ったのが、このクーラーボックスでは最大のサイズ。
私がこのクーラーを購入した頃、シリーズの中では最大。
それですら入らない・・・
今ではこのメーカーさんも、さらに大型のサイズをラインナップしたみたいなのですが。
どうやら買収されてしまいまして。
日本には代理店を置かない様になってしまったらしく・・
アメリカのネットショップで買えるらしいが、私は三高中退なので英語がサッパリさん(笑)
そ・こ・で・
釣りの先輩から教えて貰ったSHOPさんにて、相談をしてみました。
フレンドマリンストアー(フレンドマリンサービス株式会社)さん
中尾建築工房から、車で6〜7分で行けるショップさん。
YETI クーラーは在庫のみなので、新たな最強クーラーボックスを揃えておりました!
sakana-hokan-saikyou-cooler-box3.jpg
メーカー名はエンゲル。
こちらも保冷力を意識してクーラーボックスを製作している老舗メーカーさん。
イエティが7日間、氷を保持するなら。
こちらのメーカーさんは10日間なのだとか。。
どちらも半端ねー(笑)
そしてエンゲルクーラーボックスの中では、二番目に最大のモノしか。
私の車には、入りそうにありません。
車内を採寸してアタフタしてると。。
現物あるから、入れてみますか?
と、店員さん。
そしてすかさず入れてみると。。
なんと、ギリギリではあるモノの。
しっかりと収まりました!
この日、YETI のタンドラ160qtの中には、少しの氷。
そしてマグロ本体が保管されておりました。
クーラーボックスと氷、マグロの重たさだけでも80kg以上はあります。。。
新品クーラーの上に、イエティを積むのも下ろすのも大変。
私が一回、事務所に戻ってまた来るよっ!
って言ってみたら。
sakana-hokan-saikyou-cooler-box4.jpg
sakana-hokan-saikyou-cooler-box5.jpg
なんとマグロも氷も、新しいクーラーボックスに入れ替えてくれました!
なんて良い人たちばかりなんだ(笑)
そしてウケるのは、こちらの社長さん。
sakana-hokan-saikyou-cooler-box6.jpg
かなり高いテンションで、ひたすらクーラーボックスとマグロの写真をバシバシ撮影しておりました(笑)
このあたりのノリ、私も一緒(笑)
そして事務所に戻り、魚は熟成させる為。
キッチンペーパーを巻いたり、ラップで巻いたりして。
sakana-hokan-saikyou-cooler-box7.jpg
すかさず、佐島の港に氷を買いに行き。
sakana-hokan-saikyou-cooler-box8.jpg
sakana-hokan-saikyou-cooler-box9.jpg
大量の氷をゲットん!!
sakana-hokan-saikyou-cooler-box10.jpg
現在はしっかりと、私の車にあるエンゲル240のクーラーボックスの中で熟成中。
160から240へとサイズアップしておりますから。
マグロも余裕でビルトインされております(笑)
そして本日、打ち合わせを行った葉山町のクライアント様は。
sakana-hokan-saikyou-cooler-box11.jpg
オカッパリでの釣りを始めたとの事でしたので。
私たちが沖でどんな魚を釣ってるのを見せて差し上げました。
と言う事でこのマグロ。
今回は今週末に私が捌いて。
打ち合わせにお越しになられる皆様に、お配りするとしますかね!
と言う事で、家を建てる木材も。
皆さんにお配りするお魚も。
どちらも素材の保管方法に最もこだわる、中尾建築工房(笑)
私も高級クーラーボックスを購入して、鼻血を出してはおりますが!
これだけは、曲げられない何かがある。
そんなところなんでしょうね。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です