横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

実家の相続|売るのか?それとも貸すのか?!

 
実家の相続|売るのか?それとも貸すのか?!
この記事を書いている人 - WRITER -

進学をし、就職をして。
それなりの立場になったり、家庭を持ったり。
ふと気づくと、そろそろ相続の話なども。
あったりするのが、家つくりのきっかけになる事もある。
これは建築の仕事をしている、私にとっても同じ事でして。
私の実家は、横須賀市の坂本町にあります。
nakao-sakamoto-jikka-tatekae.jpg
この土地、私にとってはなんとなく実家と言う感じがしない。
と言うのも。
ここは私が22歳で大工に入る前に、父親が購入した土地。
そして、某ハウスメーカーで建てた家になるのだが。
幼い頃、割と市内を転々としていた事も。
実感が湧かない理由の一つになるだろう。
記憶を辿れば、小学校3年生までは三春町の賃貸平屋に住んでいて。
小学校4年生の頃に、大津中学校前のマンションに入居。
このマンションで小、中、高の一部を過ごしていて。
17歳〜20歳過ぎの頃などは。
勤めていたお店で、一丁前にバーテンダーをしてまして。
お店のマスターが所有していた、鴨居梅山地区のアパートで一人暮らしをしてたり。
18歳になり、自分名義でアパートを借りられる様になってからは。
横須賀の上町に、ワンルームのアパートを借りて住んでました。
まぁ、世間一般論で述べるとするなら。


いわゆる、家出(笑)
そのせいもあってか、なんとなーくこの土地は。
実家と言う感じがしないと言う事なのです。
そして、四半世紀が経ちまして。
どうやらこの土地は、私が相続を受ける事になるらしい事を聞きました。
私の知る限り、この土地と家はバブル期の最後の頃に購入したと思います。
父親はこの土地購入に約5000万円を払い。
2500万円で普通の家を建て。
500万円で外回りの外構工事をしたと聞いている。
合計で8000万円もの大金です。
建物は償却するとして。
5000万円で購入した土地は、今となっては。
1600〜1800万円程度にしかならない。
nakao-sakamoto-jikka-tatekae2.jpg
これが私の依頼した、価格査定の結果ね!
良い不動産業者の方は、しっかりと物件を見て。
書類の量も膨大に準備してくれます。
そして現実的な価格を提示してくれる。
これはつまり、この価格なら売れる物件。
反面、悪い不動産業者の方は、書類なんてほとんど無し。
口先八丁で、私なら○○○○万円で売り抜ける!
なんて事を言い出します。
これ、専任を欲しいだけですから注意してくださいね!

しかも実家の土地は。
旗竿の中でも、竿の部分がL型になる旗L竿敷地。
nakao-sakamoto-jikka-tatekae3.jpg
旗竿敷地は正方形や長方形の土地と比べて、査定は下がる。
この土地は更に査定が下がる旗L竿敷地。
つまり更地にしたって、売れる保証も無いほど。
資産の価値としては低いのだ。
そして今、その土地を私が手にする上で。
この土地、どうやったらプラスの資産に出来るか?
私がもしも、不動産業であれば。
そのまま売るか、リフォームをして賃貸にするかの発想になるだろう。
そのリフォームも、模様替えと言った。。。
軽い感じで済ませる事が多いと思います。
確かにその方が実費を出さずに、収入に直結するからの理由でしょう。
けれども私は、オーダーメイドの家つくりを設計施工する建築家。
不動産業が考えるであろう、ごくごく一般的なリフォームは出来ない。
私の選択肢としては、当然ながら建て替え。
たったの25年しか経過してない建物だが。
不同沈下による新築時からの水平の傾き。
それにより外壁に発生する無数のクラック。
そしてバスルーム周りのシロアリ被害。
壁内結露しまくりの2×4工法。
手を入れ様にも、部分補修では済まないレベルの状態です。
nakao-sakamoto-jikka-tatekae4.jpg
これ当時の建築計画概要書。
軽くムカついてますから、ハウスメーカー名のぼかしは薄めてみました(笑)

父親が残してくれた財産ではありますが。
建物本体は解体して、新たに新築する事を選びます。
私の職業がこの業界にあるのも。
何か意味があるんだろうなと、思える条件での相続。
であれば!
建て替えをして、ベース契約用の物件を建てる。
しかも。
この旗L竿敷地だけが持つ、個性のある家を建てる。
そして。
価値の下がった土地を、建築の力で。
付加価値のあるモノに変えて行く。
私がこの仕事に進んだ理由。
後々になって繋がり、気づく事って。
不思議ですけど、あるんですよね。
よし、バシッと上官クラスの外人さんがあっと驚く!
素敵な家を創造させて頂きます!
北のカリアゲ君問題が、落ち着いたらスタートさせる事にしましょうかね(笑)
ミサイル落ちて来たら、シャレになりません・・・


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です