横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市敷地レベル測定に行ってきました!

 
横須賀市敷地レベル測定に行ってきました!
この記事を書いている人 - WRITER -

と言う事で雨の予報でしたが、すでに予定に入れていた横須賀市の敷地と、葉山町の敷地に行きまして、レベルの測定に行ってきました。
もちろん晴れ男のこの私、予報は雨だけれども、雨にも負けず!
レベルを測定している時間帯は、雨に降られる事もなくきちんと測定する事が出来ました。
このレベル測定って、なにをしているのかって言いますと、地面の高低差を計っているんです。
設計GLと言って、おうちを建てる際には、基準となる敷地の高さを図面に書き込みます。
その地面にあわせて整地をしたりして、平らな地面として設計GLを確定します。
そのGLを決める為には、敷地の内部だったり、外部だったりにBM(ベンチマーク)と言う基準の高さも必要になるんですね。
ベンチマークは必ず動かないモノを基準とする必要があります。
例えば道路にあるマンホールも、よほどの地震が無い限りは高さは動きません。
こんな部分はベンチマークとして採用する事が出来ます。
あとはきちんと転圧を掛けた上でしっかりと造られた擁壁上場なども、ベンチマークとして採用出来るんですよね。
そこから設計GLまでの高さを出しまして、敷地のレベルを測定していくんです。
これ、地味な作業になるのですが、新築の注文住宅を建てる場合、とっても大切なお仕事の一つになります。
だって平面図上では特に問題がなかったとしても、なにか問題があるとすれば高さ関係です。
なんでもかんでも現状の敷地に擦り付けて、土間を造る業者さんも居りますけど。。
ちょっとそれは微妙だったりしますしね•••
その敷地それぞれに、持ち味や『こうした方がこの敷地は良いよね!』的な考えを纏めた上で、設計案を練り込んで行く訳なんです。
まずは最初に横須賀市大津にある敷地を確認。
ぱっと見では敷地の高低差は気にならないレベルかと思いきや、敷地内だけで最大50センチほどの高低差が出ています。
慎重に調査をして行きまして、プランニングを検討します。
yokosukashi-ootsu-shikichi-chousa.jpg
そしてこのレベルを測定する上では、ただ測っている訳ではありません。
やはりこういったロケーションの良い立地を購入される方は、なにかを気に入って土地を購入されています。
例えば。。


yokosukashi-ootsu-shikichi-chousa2.jpg
なんとみなとみらいにそびえ立つ、ランドマークタワーやインターコンチネンタルホテルも見えてしまいます。
私が過去に、結婚式で騙されてしまったパンパシフィックホテル(今は横浜東急ベイホテル)も見えるのでしょうが、そこは書きたくないので割愛しましょう(笑)
こうしてロケーションと敷地の高低差を検討した上でプランニングする事が、敷地のイメージも出来ますし、後から工事の追加があったりするリスクを減らせる事が出来るんです。
これが、どんぶり勘定の工務店さんだと『あ、すみません、ここのブロック積みはみてませんでしたから、追加工事になります』ってなると、依頼する側からすれば、嫌な気持ちになりますものね。
そして平面図上でも検討する駐車スペースも、せっかく実際に現地へと来ておりますから、車を乗り入れてみます。
yokosukashi-ootsu-shikichi-chousa3.jpg
ご希望としては、車を二台停めたいとの事でしたので、停めにくそうな方だけデモを行ってみました。
右下の境界石に右後輪をぎりぎりで寄せれば、左側の敷地に車を乗り入れる事無く入りそうです。
簡単にぱぱっとプランニングを書くのは、確かに出来るんです。
でも、こういった部分もきちんと検討した上でじゃないと『あと数センチあれば。。』ってなりかねません。
さてと必要な情報は揃いましたので、これからプランニング開始って感じですね!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です