横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

ヒアリングシート専用のファイルのご返却をお願いします☆

 
  2019/04/02
ヒアリングシート専用のファイルのご返却をお願いします☆
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

 

 

中尾建築工房の家造りでは、クライアント様へのヒアリングをとっても重視しております。

 

よくある話では。

 

某工務店に予算を伝えて。

 

要望も伝えて。

 

図面を書いてもらってはみたけれど。。

 

全然要望が叶ってなくて、パッとしない間取りしか出て来ない。

 

なんて話を聞いたりする事が多々あります。

 

この理由には、この業界独特の契約ありきスタイル。

 

これが問題になっている様に思います。

 

最初に安く提案しないと、契約をしてはもらえない。

 

とりあえず価格を抑えて、契約を促すスタイルなんですよね。

 

私は元々、現場の大工だったから。

 

コストが安くなる間取り。

 

コストが高くなる間取り。

 

そのどちらも分かります。

 

延べ床30坪の家が、柱100本で建つプランもあれば。

 

同じ床面積でも、柱200本も使う家もある。

 

となれば材料費も上がるし、柱の本数分の間仕切り壁も出来る事になる。

 

当然ですが、その分の人工(職人さんの手間)が上がってしまう。

 

これを実際に作ってましたから、部材の数量や人工の違いは簡単に分かる。

 

安くなる間取りには、設計原則を掛けまして。

 

その原則に基づいて。

 

あえてコストの掛らない、プランを作るんです。

 

これが、話がかみ合わない理由だと思います。

 

まぁ住宅業界が、おかしいだけの話だと思うのですが。

 

これらの現象を、私の日常で簡単に例えてみれば。

 

私が、見ず知らずの中華屋さんにフラリと入って。

 

「五目おこげを下さい」
nakao-hearing-fail.jpg

 

と言った5分後。


nakao-hearing-fail2.jpg

 

「はい、チャーハンお待たせしましたー」

 

と。

 

言われているのと、一緒である(笑)

 

これでは、お金を払いたく無いですね。。

 

さらに二度とこの店には来るかと言いたくなってしまいます・・・

 

まさに意思の疎通が取れない、基本中の基本。

 

ある意味、自分が注文を間違えてしまったのだろうか・・・

 

と言いたくなる現象が起こるのです。

 

な・の・で・

 

中尾建築工房には、クライアント様の要望を引き出す。

 

オリジナルのヒアリングシートをご用意させて頂いております。

 

中身はこんな感じから、スタートしております。
nakao-hearing-fail3.jpg

 

これを書いて頂くと、クライアント様自身も気づいていない。

 

そんな要望も、出て来たりもします。

 

ま、吐き出すだけ出してもらって。

 

そこからどうやって、現実的に実現させて行くか?

 

それをやっていくための、完璧なツールになっております。

 

これも、中華屋さんに例えれば。

 

「支那そば下さい」

 

※私の脳内の支那そばイメージは。

 

肉厚の脂さっぱり目のチャーシュー。

 

支那竹は、歯ごたえのある太めのモノ。

 

白ネギ多めな、あっさりでもコクのある魚の出汁のスープ。

 

と言った5分後。

 

「はい、お待たせしましたー☆

 

当店自慢の肉厚の脂さっぱり目のチャーシュー。

 

支那竹は、歯ごたえのある太めの自家製モノを乗せまして。

 

白ネギ多めな、あっさりでもコクのある魚の出汁の支那そばです!」

 

と、自然とこうなる。

 

そんなツールです。

 

簡単に言えば、設計者もクライアント様も目線がズレない。

 

これが大事だと言う事につながります。

 

そのヒアリングシートのファイル。

 

5冊あるうち、1冊しか残っておりません。。

 

ちなみに本日、最後の一冊が出て行ってしまいます。

 

つまり残りは0冊と言う事になります・・
nakao-hearing-fail4.jpg

 

おそらく現在設計中、もしくは工事中。。

 

下手すると、お引き渡し済みのオーナー様宅。

 

どこかにあると思います。

 

と言う事で、中尾建築工房のヒアリングシートファイルを未だにお持ちの方は。

 

ご返却の方、よろしくお願いしたいと思いまーす!

 

ちなみにね。

 

私の好きな支那そばはこちら。
nakao-hearing-fail5.jpg

 

葉山の支那そば小浜さん!

 

美味んだな、これが(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です