横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

薪ストーバー必見!自己管理オンリーの薪造りをリアルに見学する☆

 
  2018/10/11
薪ストーバー必見!自己管理オンリーの薪造りをリアルに見学する☆
この記事を書いている人 - WRITER -

薪ストーブを所有する人が、ストーバーだとすれば。
薪はお取り寄せして、買うオンリーのハイソな方も居れば。
いやいや、全ての薪は自己管理で行うでしょう!
と考える方も居る。
どちらも薪ストーブを所有して、冬の暖房設備を楽しむのは変わらない。
変わるとすれば、お金を払って薪を買うか。
もしくはお金は節約して、とにかく自分の足で薪を集めるか?
高額な薪を購入すれば、年間で10万円は超えてしまうと言われる薪ストーブの燃料代。
では、節約は必ずするとして。
実際に、どれだけの薪の量を作れば良いのか?
そんな質問に対して、中尾建築工房で家を建てたOBオーナーが答えてくれると言う。
と〜ってもありがたい、御宅見学をさせて頂く事が出来ました◎◎◎
今回、訪問を快く受けて頂いたOBオーナー様宅は鎌倉市浄明寺に5年半ほど前に新築されたお宅になります。
kamakura-maki-stove-maki-choutatsu-kengaku.jpg
私も薪ストーブを事務所で使う人だから。
薪ストーブの知識もあるし、それなりの意見は言えます。
けれども私から聞くのと、OBオーナー様から意見を聞く。
この大きな違いとは。
私は実際に、中尾建築工房の家に住んでない!
と言う事。
作れるんだけどね(笑)
そんな理由もあって、実験的モデルハウスを建てて住む事にしたのだけど。
特に今回はOBオーナー様と、事前の打ち合わせなどもなく。
私は見学の前日に、東京湾は走水港で出船しまして。
この日のお土産のお魚を調達しておりました。
OB様も何気にスルスルっと、ご挨拶から薪棚のストック量の説明の流れになってます。
であれば。
俺はキッチン借りて、魚でも捌くとするか。。


kamakura-maki-stove-maki-choutatsu-kengaku2.jpg
こちらのクーラーボックスに、たくさんの東京湾走水沖のアジが(笑)
ので。
kamakura-maki-stove-maki-choutatsu-kengaku3.jpg
kamakura-maki-stove-maki-choutatsu-kengaku4.jpg
kamakura-maki-stove-maki-choutatsu-kengaku5.jpg
説明はご主人様に丸投げ(笑)
ついでに言えば、この画像もOBオーナー奥様撮影のモノ。
まるで製材所を視察しているみたいです!

OBオーナーご主人のドヤ顔、見学者様の驚きの表情(笑)
なるほど、外ではそんな感じだったんですね!
私の趣味が沖での釣りだから。
こんな感じの事は、しょっちゅうやっております。
な・の・で・
中尾建築工房で家を建てた、OBオーナーの皆様って。
ご夫婦のどちらか。
またはご夫婦双方とも。
お魚を捌けたりするのです!
でも、当日は見学でして。
OBオーナー奥様は、見学者の方のお子さんを見てくれてたり。
手作りお菓子やお茶の準備に忙しい。
また。
乳飲み子抱えてらっしゃる場合、割とストレスの元になりやすいので。
代わりに、私がやったりする事は多いのだけど。。
今回の見学者の方は、妹ちゃんの方が。。
「お寿司が食べたい〜♪」
と言う事だったので。。
完全に私がキッチンをお借りして、お寿司用にスライスまで完了!
この日は、全部で3軒11人分の調理です。。
その日、見学者様の食卓は。
kamakura-maki-stove-maki-choutatsu-kengaku6.jpg
アジのお寿司に。。
kamakura-maki-stove-maki-choutatsu-kengaku7.jpg
マグロや白身のお刺身を購入して、バラエティお寿司になったみたいです(笑)
そしてOBオーナー様宅のお隣には。
またも中尾建築工房で増築をされた、OBオーナー様宅がありまして(笑)
鎌倉市浄明寺|増築&リノベーションお引き渡し☆
こちらのOBオーナーご主人様はある日、突然。
「えっ、結婚?!」
「えっ、第一子出産?!」
「えっ、第二子も?!」

と(笑)
おいおい、どんだけ早いペースでトントン拍子で話しが進むのだろうか。
と私がブログに書いてしまったお宅でございます(笑)
お引き渡しを終えたのは、昨年の11月22日ですから良い夫婦の日。
そして現在、奥様のお腹の中には。
増築後の間取りでは、すでにカバーする事が出来ない。。
三人目のお子さんが居らっしゃるそうで(笑)
あとはもう知りませんよ〜
ケンペー、ヨーセキ、どちらもパッツンですから・・・
何をやっても、もう増築は出来ませんからね〜

と言いつつ。
kamakura-maki-stove-maki-choutatsu-kengaku8.jpg
お二人の奥様と、世間話をしながら盛り付け係を。。
これではまるで、工務店の社長の姿ではございません・・・
居酒屋の板さんの様になっております。。
kamakura-maki-stove-maki-choutatsu-kengaku9.jpg
そろそろ完成だな〜と思いつつ、片付けに入るその時。
私は切り身の尻尾の部分や、頭近くはお刺身として出しません。
あとはご自分でやれる様、なめろう用としてラップして自分でやってねーと思っていたら。
OBオーナーご主人様
「中尾さん、ネギも味噌もしょうがもあるから使って〜」
私の心の声
「えっ、俺に全部やれってか・・・」
隣のOB奥様
「私、なめろう大好き〜♪」
私の心の声
「えっ、あっ。。あぁ、そう。。」
と、まぁ。。
後付けで無理くりなめろうを載せた、アジ刺しプレート(笑)
kamakura-maki-stove-maki-choutatsu-kengaku10.jpg
そして今回、最大の釣果だった1kg越えの大サバ(松輪の漁師さんが釣ると、松輪サバ)も、炙りのシメサバに。
kamakura-maki-stove-maki-choutatsu-kengaku11.jpg
こちらの処理は、ご主人にお任せして作業は完了☆
展示場も無く。
モデルハウスも無い、中尾建築工房だからこそ出来る。
そんなOBオーナー様宅の見学でございました☆
リアルな薪の調達や保管の方法、見学者の方には参考になったのでは無いでしょうか?
と言う事で薪ストーバー必見!自己管理オンリーの薪造り!
OBオーナー様、おやすみのところありがとうございます☆
お姉ちゃん、見学者様の娘さんと遊んでくれてありがとう☆
久しぶりに魚に忙しい、OBオーナー様宅見学でございました!
お姉ちゃん、シメサバしょっちゅう食べたかったら。。
彼氏は釣りをする彼氏を選ぶんだぞっ(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です