横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

システムキッチン部品リコールのご連絡です

 
システムキッチン部品リコールのご連絡です
この記事を書いている人 - WRITER -

中尾建築工房は現在リクシルのシステムキッチンが標準装備となっています。
今はまだメーカーサイドからの連絡は全く無いのですが、キッチンのパーツ自体にリコールが発覚しました。
システムキッチンのリコールは非常に珍しいのですが、今回メーカーサイドからの連絡ではなく、以前に中尾建築工房で建てさせて頂いたオーナー様より、ご連絡を頂きましてリコールが発覚しました。
当然全てのキッチンと言う訳ではないのですが、今回はビルトイン食洗機が対象です。
その中でもグレードや納入時期、型式番号によって対象となるか対象とならないかが決まります。
リコール情報の確認はオーナー宅で奥様が新聞をご覧になって、リコールを発見。
そこに記載された品番を見たら、自宅の食洗機と品番が同じだったとの事です。
以下、リコール内容を簡単にまとめたモノになります。
********************
リンナイ株式会社が製造した食器洗い乾燥機(ビルトイン式)において、製品を焼損し周辺を汚損する拡大被害に至る重大製品事故が発生しました。
 当該事故は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき、重大製品事故報告を受け、平成24年1月6日及び平成24年2月28日にガス機器・石油機器以外の製品に関する事故であって、製品起因が疑われる事故として公表していたものです(管理番号A201100759、A201101035)。
 当該事故の原因は特定には至りませんでしたが、当該製品内部に水漏れが発生したため、当該製品の基板またはコネクター部でトラッキング現象等が生じて出火し、製品を焼損し周辺を汚損する拡大被害に至ったものと考えられます。
 このため、事故の再発防止を図るため、本日より同社において対象製品の無償点検・修理が実施されます。
 経済産業省は、当該製品をお持ちの方に対し、事故の再発防止のため、製造事業者の行う無償点検・修理を受けるよう呼びかけます。
********************


今はまだ、メーカーサイドからの連絡はありませんが、さきほど情報を得ましたので、こちらからもメーカーに確認の連絡をとっています。
週明けの明日、再度メーカーとの確認作業に入ります。
今現在、中尾建築工房として知り得るリコールの内容を、経済産業省のリコール公開リンクを貼りますので、中尾建築工房のオーナー様はご覧頂きたく思います。
経済産業省発表の内容では、該当するご家庭から連絡をしないといけないとの記載がありますが、それでは気がつかない方もいらっしゃいます。
事故防止の為にも、該当するご家庭には必ず中尾建築工房からご連絡を差し上げますので、ご連絡をお待ち頂ければと思います。
また、もしもブログの方をご覧になって頂き、品番の確認が可能なお宅様は、私の方までご連絡下さい。
至急リンナイのカスタマーを段取りまして派遣させて頂きます。
またこの件に関しまして新たな事が分かり次第、再度ブログの方で公開させて頂きます。
該当するご家庭にはご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です