横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

中尾建築工房で設計中&着工中のオーナー様へご連絡を

 
中尾建築工房で設計中&着工中のオーナー様へご連絡を
この記事を書いている人 - WRITER -

中尾建築工房では、設計依頼を頂く際に、画像の様なファイルをお渡しする事にしています。
hearing-fail.jpg
これね、これから家を建てる方にとって、とっても参考になる生の情報が入ったファイルなんです。
注文住宅を建てる上で、建てたい家のイメージをどの様に建てる側へと伝えれば良いのだろうか?
それを余さず伝えられる事が出来るのに、一役買っている門外不出のファイルなんですよね。
そうねぇ、焼き鳥屋さんや、うなぎ屋さんで例えるとするならば、おそらくつけダレみたいなもんでしょう(笑)
常に使いつつ、さらに足し増しもしている所なんて、ほんとつけダレとそっくりです!
詳しい事は門外不出と言ってしまう位ですから、ここには書けませんけど、一ページ目はこんな感じになっております!
hearing-fail2.jpg
ファイルを開けてみると、中尾建築工房の家造りへようこそ!と記載から始まります。
あとは軽くぼかしちゃったから、おそらく読めないかと(笑)
中尾建築工房で家を建てるオーナーの皆様が、なぜに個性のある家が多いのか?
おそらくこのファイルの存在も、かなりの確率で役に立っているのは間違いないと思うんですよね。
んで、本題の中尾建築工房で設計中&着工中のオーナー様へご連絡と言うのは、すでに着工、または設計が始まっている方の中で、まだこのファイルを持っているよ〜と言うオーナー様へのご連絡です。


このファイルは同じモノが全部で5冊あるのですが、なぜか一冊しか事務所にありません。
更に言うと『結構面白いからずっと見てる〜(笑)』と言う方や『そう言えば返してなかったね〜』なんて言う方も居らっしゃいます。
一応ですね、設計が始まれば、おそらくお手元に無くとも問題無いかと思いますので、もしもお手持ちの黒いファイルがありましたら、次回打ち合わせ又は設計、施工スタッフと会う機会にでもご返却を頂ければと思います。
使い回ししてるからさ〜、これが無いと後から設計に入られる方に渡すファイルが無くて、困ってしまうんです・・・
実際、特にファイル名とかも書いてないし、門外不出という事もありますので、特に名前をつけている訳でもございません。
あえて言うなら注文住宅を建てる虎の巻みたいなもんですかね。
なので、このファイルをお渡ししてからの返却率が非常に悪い事から、こんな感じのラベルを貼ってみました!
hearing-fail3.jpg
そうです『要ご返却願います』ラベル貼りました(笑)
これなら忘れずご返却を頂けるモノと思いましてね。
そんな訳でこれから設計作業に入るお宅の分のファイル3件分が未回収となっております。
『もしかして、あたしじゃん?』なんて思われたオーナー様は、是非ご連絡を頂きたいと思います!
という事で門外不出の家造り虎の巻ファイルのご返却をお願いさせて頂きたいと思いま〜す☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です