横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

藤沢市長後大壁和室のL型コーナー建具の収まり検討

 
藤沢市長後大壁和室のL型コーナー建具の収まり検討
この記事を書いている人 - WRITER -

ん〜
むむぅ〜?
ふ〜ん・・・
なんか引っかかるんだよなぁ・・この収まり。。
あ〜、すみませんね、ほぼほぼ私の独り言を表現すると、こんな感じの書き方になってしまいます(笑)
私達の仕事って、頭の中にあるイメージを具現化し、紙媒体に出力してクライアントのオーナー様にご理解を頂いたり、提案をする事がお仕事になるのですが、それぞれ設計担当が収まり等も検討します。
そして私の所にあがってきた際に、ちょっと気になる収まりの案件がありました。
hujisawasih-chougo-washitsu-hikikomi-tategu.jpg
これ、いわゆる大壁の和室と言いまして、和室には二通りの和室の造り方があります。
一つは真壁和室
もう一つが今回の様な大壁和室です。
簡単な説明をすると真壁和室の方は、昔ながらの柱が出っ張っていて、壁が引っ込んでいる形の和室です。
大壁と言うと、柱が出っ張らない和室の事といえば分かりやすいですかね。
今回のお宅は、大壁和室になります。
ま〜最近は和室に対して『そこまでしなくても良くね?』的意見も多々有りますものですから、たいていの場合は大壁和室が多いかな・・
特に書院とか造作で造ったとしても、誰も喜ばないでしょうし、本気造りの真壁和室に何百万円もの材料費を掛けたがる方は、ほとんど居らっしゃらないのが現実ですしね。
んで、今回頭を悩ましているのは、大壁和室の引き込み建具がL型の配置に並んでいる部分を悩んでおりました。
『ん〜、なんかしっくり来ねぇなぁ・・角っこが気持ち悪いなぁ・・・』
そしてここ二〜三日、私の脳内で検討していたのです。
なにをそんなに考えているのかって言うと。。


hujisawasih-chougo-washitsu-hikikomi-tategu2.jpg
これ、設計担当に伝える為に即興で手書きしてますから、字も画もざざっと書いてますので、ご了承を(笑)
自慢じゃありませんけど、打ち合わせの時の私って、ほんっと字を乱雑に書くんですよね。
んで、ちゃんと内容は書き込みするのですが、後から見ていて、自分で書いた文字が読めない事もあります(笑)
そんな時には廻りのスタッフに『これ、なんて書いてあると思う?』と聞いてしまうので、思いっきりシラ〜っとされてしまう事もしばしば。。
要は何かって言うと、コーナーとなる角部分に木枠が付く形になるんです。
でも出っ張っている縦枠がある事でなんだか形がイケ好かない・・・
普通にL型で無ければ、なんにも問題は無いんです。
これがL型だから、より気持ち悪さが強調されてしまうんでしょうね。
私だけかな、こんなん気にするのは・・
これ、大壁和室だけに、こうなってしまうのは当たり前と言われれば当たり前なんです。
でも、その当たり前がなんとなく嫌な訳です。
だから冒頭にあった様に。。
ん〜
むむぅ〜?
ふ〜ん・・・
なんか引っかかるんだよなぁ・・この収まり。。
ってなる訳なんですよね。
しかも私がそんな事を考えているとは、廻りのスタッフは知りませんし、なんでそんな独り言を発しているかも知りません。
だから廻りから見れば『また始まったか・・』という意識の中で、思いっきりスルーされる事がほとんど(笑)
まぁ別にいいんですけどね・・
では、どの様にしたら体裁が良くなるんだろう・・
そんな事も考えつつ。。
hujisawasih-chougo-washitsu-hikikomi-tategu3.jpg
こんな感じでどうなんだろう・・と考えてみました。
なにをしたかって言うと、引き込み建具の木枠を全体的に和室側に押し込んでみたんです。
そうすると角の柱部分が珪藻土の巻き込み仕上げになるのですが、白く仕上がる柱の廻りから木枠が引込みますので、結構スッキリするんです。
なんだか縦枠が2つ、ポンポンと入ってしまうだけで、とっても邪魔な感じがするのですが、白い柱の角を出す事によって、スッキリと。
かつシンプルで体裁が良くなります。
んで、これに建具を入れるってすると。。
hujisawasih-chougo-washitsu-hikikomi-tategu4.jpg
こんな感じかな。。
今回のお宅は、引き込みする建具を障子にして、さらに障子の桟も全て自然塗料の濃い目なカラーで着色をします。
それだけにインパクトが強いですから、魅せるとこは魅せつつ、スッキリさせる所はスッキリとさせる。
その方がメリハリが効いて、より建具のイメージがキレイに見えると思うんですよね。
まぁ、こんな事を脳みその中で日頃から考えてますから、独り言が多くなるのも否めませんね、うんうん。
という事でイメージ的にはこんな事を考えたので、後はそのまんま設計担当に丸投げをするとしよう(笑)
ではでは、これから引き渡しがありますので、ちょっくらお出かけするとしま〜す!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です