横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横浜市旭区新築工事現場|古家の解体工事が始まりました☆

 
横浜市旭区新築工事現場|古家の解体工事が始まりました☆
この記事を書いている人 - WRITER -

現在、解体工事を着工した横浜市旭区の建て替えの新築工事現場。
yokohamashi-asahiku-kaitai-genba.jpg
もともと、そこに住んでいたと言う事ではなく。
古家付きの土地を購入。
そこに新築の家を建てる事になるのですが。
工事と言えば。
新築、さらに注文住宅の場合は。
家を造る=こだわる、良くする
こんなイメージが強いかもしれません。
その反面。
解体工事の場合は。
家を壊す=無くす、安く済ませる
と言うイメージが強いかもしれません。
私も解体工事の説明には、こーんな説明をする事が多いのですが。
家を壊す=無くす、安く済ませる
では無く。
家を壊す=無くす、安心して任せておける。
これが最も大事だと思います。
なぜなら、その家を壊して新たな家を建てる。
建て替え工事の期間と言うのは、ざっと4〜6ヶ月ほどの間。
私たちはその間、現場の管理をするのですが。
新たな家に住まうのは、施主様ご家族となります。
こだわりを詰め込んだ新築の家に、ようやく住める。
それだけに住めば、御近隣のお付き合いも始まるでしょうし。
ご入居後に。
「お宅の家の建て替えの時、ゴミが飛んで大変だったのよぉ〜」
なんて事は、聞きたくも無い訳です。
だから、気遣いの出来る解体工事の業者を選択する。
これが最もな気遣いにもなるんですね。
仮に工事業者のランクがA、B、Cとあったとしましょう。
Aは最も丁寧な業者さん。
BやCランクになると、周りの事にも配慮せず。
ガンガン、ぶっ壊して行くタイプの業者さん。
これ山奥にある、誰にも迷惑をかけない現場ならまだしも。
私たちの施工エリアである神奈川の住宅地には。
まぁ、そんな場所ってそうそうございません。


それだけに。
解体工事の業者さんは、しっかりとした業者さんをオススメする事にしているのです。
まー、私も今までの経験値で、痛い思いもしています。
それこそ、Cランクの解体工事業者さんにお願いしたら。
張り紙をして、壊してはダメ!
と書いた物置も壊しちゃったり。。
後から相談で壊すと伝えてあった。
私有地の道路すら、先に壊してしまったり。。
同じ業者であるにも関わらず、日本語が伝わらない思いを重ねた事もあります。
またさらに。
なぜかここは、見積もりが安いなぁ。。
と思った業者さんは。
解体して出た産業廃棄物を、不法処分してたりで・・・
えぇ、ホントにびっくりですよ(笑)

「なんでここまで安いんですか?」
解体工事社長
「ゴミはうちの所有している谷に捨ててるから」

「えっ、それっ不法投棄じゃないですか?
社長の会社だけでなく、施主様や私たちも同罪になるんですよっ?!」
解体工事社長
「その時は、俺が議員に声をかけるから大丈夫!」
・・・
もう、開いた口が塞がらない答えです。
その現場の産業廃棄物は、何が何でも最終処分場に出しなさい!
と言うか、私もさすがにキレました(笑)
若かりし頃のモードに戻って、散々文句を言わせて頂きまして。
しぶしぶ処分してもらった事があります。
マニュフェストも後日提出して頂きました。
私が建築の世界に入って、四半世紀が経過するのですが。
当時は不法投棄なども、このあたりの業者はやっておりました。
久里浜の工業団地近くにあった解体業者が、千葉の山奥で現行犯逮捕されたり。
その会社を閉鎖(休業)して、新しい会社名で事業を継続したり。
私が秋谷の山の上に住んでた頃も。
軽トラックは頻繁に登ってくるので、後を追ってみると。
夜な夜な、廃棄物を山に不法投棄してたり。
そういった事がありますので、国や県がますますうるさくなりまして。
今に至ると言う訳です。
処分についての詳しいリンクは下記の通りです。
神奈川県廃棄物の不適正処理の防止等に関する条例について
なので。
安いのも確かに魅力なのは分かります。
でも行き過ぎた格安には、必ず理由があったりします。
安心、安全を選択するのであれば。
家を壊す=無くす、安く済ませる
ではなく
家を壊す=無くす、安心して任せておける。
この方が、生きた心地を感じる事が出来ます。
ちなみに中尾建築工房がお願いをしている解体工事業者はこちら。
yokohamashi-asahiku-kaitai-genba2.jpg
葉山 解体工事 貢献
社長は横須賀出身の私の後輩にあたります。
中学校は違いますけどね。
近隣の皆様には、気遣いもしっかりとやりますし。
解体工事中は、水は施主様にお借りするものの。
しっかりと、周囲に埃が立たない様に工事を進めます。
と言う事で、横浜市旭区の解体工事が始まっております。
月末までに解体工事完了。
すかさず地盤調査を予約しておりますので。
大丈夫だと思っておりますが、こちらも安心、安全で進めて行きたいと思います!
後から地盤改良出たら、鼻血じゃ済みません・・・


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です