横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市大津プロジェクト敷地内外の高低測量に行ってきました☆

 
横須賀市大津プロジェクト敷地内外の高低測量に行ってきました☆
この記事を書いている人 - WRITER -

昨日は午後から横須賀市大津の、新たなプロジェクト現場に行ってまいりました!
現地は横須賀市大津。
私が小学校4年生の頃から、大津に家がありましたので。
小学校も、中学校も地元として過ごしたエリアになります。
そして、大津と走水がつながる馬堀海岸。
ここも、昔に比べて大変綺麗になりました!
yokosukashi-ootsu-k-shikichi-chousa1.jpg
この道路は馬堀海岸の直線なので。
私たちジモティは、ま・ぼ・ちょ・く・
なんて表現をしたりしてました。
昔はこんなに綺麗では無かったのだけど、ここまで南国ぽくなったのは。
横須賀市の地区計画様様ってところでしょうね!
そして大津には。
私が釣り道具を購入する、釣具のポイント大津店があります。
現地は車両の進入が厳しい場所にもなりますので。
道具のみを下ろして、私の車は釣具のポイントに駐めさせて頂きました。
yokosukashi-ootsu-k-shikichi-chousa.jpg
実は私、釣具のポイントでは。
表に出ないカードホルダーでございまして。
飲み屋とか、クラブで言う所のVIPでございます。
これがプラチナメンバーカードです。
yokosukashi-ootsu-k-shikichi-chousa2.jpg


おそらくポイントのホームページにも、その存在は無いとされているカードを保有しております。
それだけに、どのお店に行っても店長とは仲良し!
早速店長に事情を説明して、車を駐める許可を頂きに行ったら。
yokosukashi-ootsu-k-shikichi-chousa3.jpg
「中尾さん、Daiwaの新しいカタログ出てますんでー!」
おかげさまで、カタログ頂いて来てしまいました(笑)
もう、そんなに買うモノ、無いんだけどな・・・
そんなこんなで、現地に着くと。
早速レベルを図っていきます。
まずは仮のベンチマーク(BM)を決めまして。
yokosukashi-ootsu-k-shikichi-chousa4.jpg
yokosukashi-ootsu-k-shikichi-chousa5.jpg
赤い色になっているところから、レーザーが光りまして。
私の持つ、黄色の受信機に高さが表示されます。
これをコンスタントに行って行きますと。
yokosukashi-ootsu-k-shikichi-chousa6.jpg
この様に、道路と敷地の関係性が数値として現れます。
中尾建築工房では、意匠設計を開始する前に。
必ず、敷地の高低差を確認する様にしております。
世間一般の意匠設計であれば。
これらの事は、後回しになりまして。
実施設計の段階で、この情報が入ったりします。
すると平面計画上では、影響の無かったモノが。
なぜか階段が数段増えてしまったり。
パツパツの敷地の場合は、プランニングにも影響が出たりします。
なので、中尾建築工房の場合は。
意匠設計の段階で、実施設計を含めてしまう。
その流れを作っております。
そうすると、後から変更とか追加って出ないんですよね。
これはデザインビルドだからこそ、可能な設計方法です。
更地からスタートするなら、まだしも。
古い家が立っていて、それを解体して建て替えする。
そんな場合は基礎形式によって、敷地の高低差も。
解体前と解体後では、変わってしまう事もあったりします。
ついでに敷地の周囲も確認するために。
yokosukashi-ootsu-k-shikichi-chousa7.jpg
ボロボロになった安全では無い、ブロックにもひょいと登りまして。
境界杭の確認をさせて頂きました。
こーゆー時、大工やってて良かったなぁ。
なーんて、思ったりもします(笑)
全体の境界も確認させて頂きましたが、まだ地積更正登記も完了して無い様なので。
本格的なプラン入れは、地積更正登記の後。
まずは、しっかり地積更正登記で。
家が建つ事を確定させてからのお話ですね!
ご主人、大役ですが頑張って下さい!
と言う事で、横須賀市大津の新規プロジェクト。
敷地内外の高低測量。
行って、話して、確認して。
まずは一安心ってとこですねー☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です