横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

これから先の住宅業界|金融機関が勝ち組か?利用する側が得をするか?!

 
これから先の住宅業界|金融機関が勝ち組か?利用する側が得をするか?!
この記事を書いている人 - WRITER -

さて。
2018-yuushi-kasugawa-karirugawa.jpg
金融機関の中でも、大手メガバンクが大リストラを行う発表をしましたが。
これから先の住宅業界。
特に住宅ローンについては、金融機関が勝ち組になるのか?
それとも利用する側が得をするのか?
これらについて、今のリアルな銀行事情を書いてみようかと思います。
先に答えを言ってしまうと、利用する側が勝ち組。
これが結構な期間、続くと思います。
都内は渋谷の駅前などは、大開発が行われておりますが。
国や都が所有する以外に、民間事業者所有の開発がラッシュです。
オリンピックに関わる開発事業もありますが、どちらかと言えば民間事業者の元気が良い。
これ金融機関がお金を出せる状況を、作っているんですよね。
まーアベノミクスなんて言葉が、以前にあったりしましたが。
それに引きずられて、日銀の異次元緩和がありました。
なんでしたっけか。。
黒田バズーカでしたっけね。
正直、都市部は一時的な高景気に見えるのですが。
地方には、そう言った景気の良さが感じられる事は無いんですよね。
まー、こーゆー事です。
首相からのお願いで、日銀さんはお金をどんどん出す様になりました。
各銀行さんは、日銀さんがお金をどんどん貸してくれるのですが。。
おかげさまで、金利が安すぎて。
融資をもらっても、利ざやが出ない。
そんな状態になってしまっている。


当然、大元の日銀さんも有限ですから。
今後、いきなり景気が上がる事は無い。
黒田バズーカ、いつまで打てる?
と言う部分もあります。
つい最近にも日銀総選挙では、黒田総裁続投。
最後までしっかりやれ。
と言う方もいらっしゃるみたいですが。
こんな状況で、他の誰かに引き継がれても・・・
的な意見が、正直多いかと思うのです。
つまり、黒田バズーカは継続中であり。
銀行はお金を出せる状況下にあります。
個人にも、法人にも貸し出せ!
とは言われるものの。
法人が対象だと、倒産リスクがありますので。
なかなか、相手を見つつも融資が出しにくい。
そんな傾向もありますが、住宅ローンなら。
審査もしっかりしてますし。
保証会社もつきますし、回収リスクと言うのはありません。
なので。
金融機関が勝ち組か?
と言えば、そうではありません。
どちらかと言えば、利用する側に有利と言うか分があります。
私もそれを、リアルに感じる事が出来るのですが。
中尾建築工房も、一応は法人(笑)
めっちゃ、ちいちゃいけどね(笑)
お付き合いのある金融機関も、当然ながらありまして。
そこには担当者も、しっかり居ます。
たまたま外回りだった銀行の担当者と、これからの銀行の話もしましたが。
私は自社のスタッフにも、協力業者の方にも、OB,OGオーナー様にも。
自分でやりたい道があるなら、それはやった方がいいと思う。
そんな事を言ってます。
仮にその行動が失敗だったと、自分ではその時思えたとしても。
それは失敗ではなく、すべての経験がその人の血となり肉となりますからね。
そんな話をしていた2週間後。
またまた、担当者から連絡がありまして。
「社長、アポイントを入れさせて下さい!」
「いいよ〜、いつ来る?」
からの。
「転職する事になりました」
「なるほどね(笑)」
2018-yuushi-kasugawa-karirugawa2.jpg
入行当初は、銀行に入れば安心。
でも、実際に働いてみると。
なんか違う・・・
もちろん私の意見だけで決めたのでは無く、本人の意思なんでしょうね。
これが今の銀行の内情。
昔は黙っていても、銀行は勝ち組。
そんな時代でしたが。
すでにその伝説は、崩れてしまっています。
銀行としては利益を出したいけど、利益を出せるほどの融資が無い。
投資信託やら、M&Aやら。
諸々の商品を斡旋して、手数料ビジネスになってしまってる。
それに。
昨年までと比べて、明らかに金融機関の対応も変わって来ているのですが。
今年に入って住宅ローンの話を持ち込んでも、あまり喜ばれません・・・
これは私の推測ですが。
地銀では合併話が持ち上がって、実際に合併している会社もあります。
大手銀行でもリストラをして、今後はガッツリ人件費を抑えたり。
支店の統廃合を予定している様です。
これらが何をあわらしているかと言えば。
この先、景気が急激に上がる事は望めない。
景気を上げる為には、建設を動かす必要がある。
すると、住宅を斡旋する上でも金融庁などからは。
銀行は、住宅ローンをしっかりやれと言う指示が出るでしょう。
日銀はお金をジャブジャブ生み出して、融資を出しなさい!
と言うでしょう。
でも、マイナス金利・・
私の知る限りだと、今の住宅ローンは最優遇を受けて。
0.4%台なんて驚きの数字が出ています。
もしもこのまま、マイナス金利が下がり続ければ。
➖0.4%とかになったりすると。
むしろ銀行としては、ローンを引き受けるだけ借金を背負う。
そうなる可能性もあるからこその、金融氷河期を乗り越える合併や経営統合話なのかもしれません。
大きくなった金融機関は、もしも破綻する事があっても。
公的基金を投入して、再生出来るかもしれませんからね。
つまり、今のご時世。
金融機関が勝ち組どころか、利用する側が圧倒的に有利になります。
親御さんや祖父の方には、住宅ローンなんて使うモノじゃない。
なんて教育を受けてる方も居るかと思うのですが。
親御さんや祖父の方がそう言うのは、彼らが過去に背負った住宅ローンは。
高度経済成長期に該当すれば、10%と言う高金利。
3000万円借りたら、1億1,000万円の総返済額です。
2018-yuushi-kasugawa-karirugawa4.jpg
そりゃ無理だ。
2018-yuushi-kasugawa-karirugawa4.jpg
2018-yuushi-kasugawa-karirugawa3.jpg
お立ち台に登って。
扇子振って踊ってたお姉ちゃん達が、ボディコン着てハシャいでたのはバブル期。
住宅ローンを3000万円借りたら、6,500万円の総返済額です。
2018-yuushi-kasugawa-karirugawa4.jpg
これもキツ過ぎるわな・・
2018-yuushi-kasugawa-karirugawa4.jpg
そして今は銀行でさえ、淘汰されてしまう可能性のあるマイナス金利。
下手するとローンの利息なんて、吹っ飛んでしまう可能性もあるのです。
と言う事で。
ただ単純に、人に言われた事を鵜呑みにするのではなく。
自分の頭で、しっかり考えた人が。
これから先、よりお得に住宅を手に入れる事が。
出来ると言う事になると思います!
しっかしすげぇ、時代ですねぇ。。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です