横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

ご家庭の設備器具の不具合|果たして補償範囲か有償か?

 
ご家庭の設備器具の不具合|果たして補償範囲か有償か?
この記事を書いている人 - WRITER -

家庭で使われる、キッチンを代表する水回りの設備。
これ、設備の不具合に関してなのですが。
私の経験値ですと、新築して概ね2年。
この範疇で。
かつ、明らかに挙動のある設備器具は、無償の交換だったりする事が多いのですが。
中には、そうとはならずに。
利用者の使い方を指摘され、有償修理になる場合もございます。
メーカーサイドからも。
「明らかにこれは・・・」
となる不良については、メーカー工事担当者が来て。
即修理→有償。
こんな感じになる事が多いのです。
これ、10年の住宅かし保険が家には付いている。。
と、勘違いをされる方に多いのですが。
10年のかし保険の内容とは。。
設備の不具合とは、何ら関わりはなかったりします。
改めて、10年のかし保険の内容を言ってみれば。
構造のかしがあった場合。
んで。
雨漏りがあった場合。
このどちらかです。
詳しくはこちらのリンクに漫画がありますので、そちらをご参照下さいまし〜☆
つまり、10年の保険には加入している。
けれども設備の不具合に関しては、10年の保険対象外になりますよーと言う事。
私の経験則で言えば、ありがちな有償パターンがこんな感じ。
ie-setsubi-huguai-yuushou.jpg


給湯器などは、常に給湯器をONにする習慣のある家はご注意を。
私は引き渡しの時に、口酸っぱく言う事があって。
それは。
混合水栓がレバータイプであった場合。
中途半端なレバー位置で、水またはお湯を出さない事。
ie-setsubi-huguai-yuushou2.jpg
これ、レバーの位置が中立にありまして。
かつ、給湯器がONになってると。
給湯器としては、お湯?それとも水?!
と言う、微妙な判断をしなくてはならないんです。
どちらか分からない場合は。。
取りあえず着火して、お湯を出しておくか・・
そんな判断を下す様です。
なので、給湯器をONしっぱなしにする習慣があるなら。
混合水栓のハンドルは、水なら水で端っこに。
お湯ならお湯で、端っこに。
ハンドルを中途半端な位置にしない様、お伝えしています。
そうしないと、給湯器も着火回数の寿命は決まっておりまして。
常に着火するものですから、ご入居後3年ちょいで。
給湯器の寿命である10年を待たずに、給湯器の着火部品を交換しなくてはならない。
しかも、その金額は万円単位でございます。
また、賃貸住宅を所有されていて。
たまたま、入居者が不在になった為、ブレーカーを落としてしまった。
最低限、凍結しない為に必要な電力が行かなくなる事で。
給湯器が凍結して、水がだだ漏れになったりとか。
これも有償修理にかかる費用は万円単位でございます。
そして、ありがちなキッチン。
日本国内製のキッチンで、食洗器なども入れられた場合。
食洗器が目一杯、出っ張った状態で。
お子さんがぶる下がったりして、レールが破損した場合。
ie-setsubi-huguai-yuushou3.jpg
こちらも少々お高い、万円単位でございます。
これらのトラブル、私も直接メーカーさんとお話をしてますが。
その場で、メーカーさんへお支払いが発生しますので。
と言うか。
中尾建築工房でお預かりしてって訳ではなく。
その場でメーカーさんに、ダイレクト出費になります。
僕らはある意味、ボランティア・・・
水回り関係は、特にそう言ったケースが多いのです。
そして中でも一番多いのが。。
シンク下の排水のトラブル。。
今時のキッチンと言うのは、割とスライドストッカーと言って。
引き出し式になってる為、収納力が向上しております。
またさらに。
シンク下のスライドストッカーには、排水トラップをカバーするモノが付いておりますが。
ie-setsubi-huguai-yuushou4.jpg
これは某邸宅の引き渡しの際、施工管理が排水トラップにお皿等をぶつけないでね!
そんな説明をしているシーンです。
ちゃんと注意書きのある部材もありますけど。
中には、邪魔でどこかにやってしまう方も居ます(笑)
収納をギリギリまで入れ込むタイプの方は、食器で排水トラップを攻撃しますので。
開け閉めの度に、排水トラップはジャブを喰らいますので。
そこがグラグラになり、やっぱり有償修理。。
しかもこれ、メーカー専用の治具で無いと治りません。
すると出張料、修理費用、交換部品などなど。。
やっぱり、有償費用は万単位。
確かこのパターンは、2.5〜3万円程度の出費になるのを覚えております。
そう、割と設備の不具合って。
いきなりお金の掛かる事が多いんですよね。
これ、皆さんの場合は持ち家だったりしますので。
自分で使った場合だから、自分で払うのは仕方がない。
ですが、賃貸の人に貸してる場合はどうでしょう?
何でも大家が治します〜♪
なんて言ってると、何度も同じ様な修理が必要かもしれません。
有償修理と言うメーカー対応があるのは。
あくまでも利用者として、適正に扱われなかった。
そんな場合に発生する対応になります。
つまり、賃貸だからと言って。
利用者の使い方が悪ければ、何度も大家が治すというのは。
適正では無いと言えるでしょう。
構造の部分なら、いざ知らず。
内装や設備面の不具合って、かならずしも大家責任でなく。
利用者責任と言うのも、明確にしておく必要があると思うのです。
でないと。
せっかくの家賃収入を得るための収益物件なのに、出費ばかりでは笑えない事にもなりかねません。
なので、こう言った設備の修理や交換を想定するなら。
借りる側で、自腹でやるならOKよ。
でも、報告はしてね!
とか。
室内の不具合は古いから、一切責任取りません。
原状復旧は自費でやってください。
そのかわり、家賃を下げています。
そんな契約があっても良いかと思うのです。
実はだいぶ前に、賃貸物件のリフォーム相談を受けた事がありまして。
リフォームして月額の賃貸料を保つ。
そんな相談だったのですが、パッと見で壁内結露が大盛りだったところを見まして。
やってもカビ生えるだけだから、家賃下げてでも入居して貰えば?
って、リフォームしなかった案件がありました(笑)
そんな賃貸借契約のある居住人様から。
当たり前だのクラッカーの如く。
修理依頼がありましたが。
おそらくこれを見せないと、修理費用は大家負担に決まってるでしょ?!
ie-setsubi-huguai-yuushou5.jpg
と言われると思ったので、昔の資料を引っ張り出してみました。
やっぱり、購入でも賃貸でも。
契約内容って、とっても大事な取り決めですよね!
と言う事で、いろんなパターンがございますが。
設備器具も古くなれば、痛みもある。
安くあげれば、安いなり。
こだわってこだわったお風呂やキッチンは、満足度もめちゃ高い。
実はたまたまなのですが、在来型のバスルームを造作されたオーナー様が。
昨晩、遊びに来られたのですが。
バスルームの間接照明、サイコー!!!
と仰っられておりました(笑)
それは良かった、良かった☆
と言う事にもなります。
な・の・で・
設備選びは、このあたりも考慮して検討をしたいものですねぇ。。
安いものほど、壊れる率も高いと思います・・・


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です