横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町上山口プロジェクト地盤調査の結果は?

 
葉山町上山口プロジェクト地盤調査の結果は?
この記事を書いている人 - WRITER -

市街化調整区域内の建築行為となる、葉山町上山口プロジェクト。
結構時間がかかっておりますが、ここに来てようやく。
地盤調査をする段階まで辿り着きました。
地盤調査は、スウェーデンサウンディング試験で行うのですが。
hayama-kamiyamaguchi-k-jibanchousa.jpg
hayama-kamiyamaguchi-k-jibanchousa2.jpg
こんな感じの施工機にて、ドリルを沈ませて地耐力を測っていきます。
今回の地盤調査結果は、地盤改良工事判定ではなく。
そのまま基礎を造っても良い、直接基礎との判定がありました。
な・の・だ・け・ど・
hayama-kamiyamaguchi-k-jibanchousa3.jpg


調査データを見る限り。
考察も読む限り。
確かにデータは、許容応力度がある。
と、なっているのだが。。
これは何十年前に遡る話なのだけど。
この土地自体は、盛り土された事があるらしい。
なぜに私たちが、それを知っているかと言えば。
道路の掘削や利用の承諾書を頂く際に、近隣の皆様に教えて頂いた内容。
それは、土だけに関わらず。
ガラや、今で言う産業廃棄物だったり。
それらを埋めていた。
と言うリアルな情報があるんですね。
私が大工見習い頃と言えば、まだ地盤調査なんてせずに建てている家ばかり。
昔の知恵と言いますか、水路(みずみち)があったり。
すでに水が湧き上がっていて、地面が膿んでしまっている土地などは。
割れた瓦材や、ガラをどんどん沈めて。
固化して、膿を止めたりしてました。
また、計画地にトンネルがある場所などは。
それらのトンネルを掘った際に発生する、ガラを埋め込まれている土地も多くて。
人工的ではあるものの、何かしらを埋めて。
膿を無くしたり。
家を支えたりする事が多かったのです。
さすがに電線とかパイプは、入れませんでしたけどね。
つまり今で言う表層改良工事
これに似た原理の、処理をしていた事になります。
ま、でも。
hayama-kamiyamaguchi-k-jibanchousa4.jpg
どうやら支持層手前で、抵抗が無くなる場所もあるみたいなので。
基礎工事を入れてみて、採石をトコトン入れて。
とにかく転圧作業をやってみて、沈まなくなるまでやった方が。
間違いないじゃないかな。。
と言う事で、葉山町上山口プロジェクト地盤調査の結果は?
直接基礎となりました。
市街化調整区域内に家を建てる。
あともう少しで、光が見えて来るでしょう。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です