横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

高台土地の再利用あるある|バリアフリー化する際の問題

 
高台土地の再利用あるある|バリアフリー化する際の問題
この記事を書いている人 - WRITER -

私の実家近くにある、シャッターが閉まった収益物件があります。
takadai-mondai-aruaru-jirei.jpg
元々は1Fをテナントに。
上階はテナントの事務所に利用する、内階段のある物件。
過去には薬局があったり、塾があったりしていて。
近隣に立つ団地客相手に、商売をなさっていた建築物です。
このあたりの団地を新築して、整備したばかりの時期なら良いのでしょうが。
必ず時が経てば、人は歳を重ねる訳で。
だんだんと億劫になるのが・・・
この建築物の敷地内にある様な階段。
これが辛くなって来るんですよね。
高台の商業施設や高台の住宅地には、必ず付いて回る問題なのですが。
いつからか、人は入らなくなり。
ついには、取り壊しが決まった様です。
これらの敷地を商業目的に利用するなら、フロントオープンにしてーの。
歩道の切り下げをしたり、バリアフリー化がマストになります。
この地は宅地造成工事によって、コンビニに生まれ変わる様なのですが。
高台土地の再利用で、あるあるな問題と言うのが。


takadai-mondai-aruaru-jirei2.jpg
この様に掘削して使おうとすれば。
当然ながら、隣地宅との高低差が生じてしまいます。
元々、土留めも無い事から。
あらわになるのは、ただの土。
今回はコンパネを並べて、隠してある様ですが(笑)
まぁ正直言って。
隣家の安全性は、一気に無くなってしまう事になる。
隣地が地盤改良工事などを行っていて。
不同沈下の恐れが無ければ良いのですが。
まーそれはほとんどのケースで、無い場合がほとんど。
ですんで、土留めにする様壁を作る事になるのだけど。
擁壁が完成して、埋めもどしが完了するまでは。
現場はハラハラ、ドキドキの進め具合となる。
何軒かは、この様な工事を行った事もあるけど。
あんまり気持ちの良い工事方法では無いんですよね。
でもバリアフリー化する必要もあるしね。。
隣地の方が協力的な方なら、それはそれで良いのだけど。
中には否定される方も居るだろうから、説得するにも時間が必要だったりもする。
ま、ダメって訳では無いのだけど。
これから高台の土地を購入されて、建築を進める方には一言。
いつかは足が悪くなる年齢が来るかもしれない。
工事をする際には、この様なリスクがあるかもしれない。
隣地の方は好意的では無いのかもしれない。
そんな事も考慮して、土地を選ばれる事も。
お勧めをしたいと思います。
と言う事で、高台土地の再利用あるある。
バリアフリー化する際の問題とは。
高低差にあった。
と言う事になりますね。
高台に建てるなら、筋トレやランニングを趣味にされる事もアリだと思いますー。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です