横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

外壁のガルバリウム鋼板の事で打ち合わせに行きました!

 
外壁のガルバリウム鋼板の事で打ち合わせに行きました!
この記事を書いている人 - WRITER -

今日は雨なんだか曇りなんだか、はっきりとしない一日ですね〜
横浜の現場へと行って来たのですが、横浜では雨・・・
横須賀だと曇り・・・
ん〜、微妙な天気ですが、高速道路を走っているとある事に気づく事があります。
中尾建築工房は通信研究所通りにあるので、主に利用するのが衣笠インター。
そこから横浜横須賀道路に乗って、現場へと行く訳です。
でもいつも思うのは逗子インター手前のトンネルをくぐると、なぜか天気が微妙に違うんです・・
横須賀は雨なのに、逗子を過ぎると晴れてるとか。。
その反対もあったりとか。。
なんですかねぇ、やっぱり小さいながらも山のあるエリアならではの事なのでしょうか・・
だれか詳しく知っている方いらっしゃいましたら、教えて下さいね!


そ〜んな事を思いつつ、向かった現場は横浜の『プライベートガーデンのある家』
ガルバリウム職人さんと、2Fデッキを支える固定金物の外壁下地の事で打ち合わせです☆
IMG_4861.jpg
現地へ到着すると小雨の中ではありますが、板金職人さんがガルバリウムの一枚板を一生懸命施行してくれています!
施行中ですが、一枚板ガルバの様子見ます?
こん〜な感じです!
IMG_4862.jpg
いや〜、凛々しいフォルムですねぇ。
やっぱりこのカラーリングは大正解だったのではないでしょうか!
実はこのカラー、私一押しのカラーだったのです☆
sivaさん、いかがでしょう(笑)

そして板金職人さんと打ち合わせを開始。
『ここはこ〜して雨押さえを織り込んで、この上はガルバリウムの外壁をそのまま降ろして、んでもってこの狭い部分はこうじゃん?!だから最終的にはメンテもし易くて、変な隙間が出来ない様になるよね〜』って
この会話ってまさのそのまんまなんですが、多分一般の方には分からない会話でしょう・・
でもこんな感じで職人さんとは打ち合わせを行っています(笑)
IMG_4859.jpg
取付場所は違いますが、こんな感じで当てつけながら、棟梁と板金職人さんと私とで打ち合わせです。
この場所はプライベートガーデンのある家の中でも巧く仕上げたい所です!
なのできちんとした打ち合わせを行えたので、良い仕上がりになる事でしょう☆
と言う事で現場の方はきちんと進んでいます!
でもですねぇ・・
じつはここだけの話、上手く進んでいない事もあります・・・
この板金職人さん、私と同じ年なのですが仕事はとにかくこだわっているので、職人さんとしては大変評価の高い人間です。
でも私生活の面ではちょっと・・・
と言うのも現在も独身を継続中なんですね。。
年齢39歳
職業 板金業親方
収入 親方なので、きっといっぱい(笑)
見た目 若干ハーフっぽい感じ(?)
悪い所 たまにキャバクラにニコニコしながら行く
まぁデータ的にはこんな感じなのですが、みなさん誰かお似合いの女性をご紹介頂けないでしょうか?
そろそろ40歳という事もありますが、なにせ恥ずかしがり屋というか、職業柄出会いが無いと言うか・・・
せっかく良い腕前の職人さんなのに、どうもそっち方面は腕が悪いようです(笑)
撮影しようとすると嫌がるので、さりげなく盗み撮りしてみました(笑)
IMG_4860.jpg
私の友達にいい感じの子居るよって奥様!
書き込みは恥ずかしいかもしれないので、是非私のメールアドレス、もしくは携帯までご連絡下さい!
sivaさん、現場と記事をお借りしてすみませ〜ん(笑)
是非sivaさんも良い方いらっしゃいましたら、ご紹介をお願いします!
このブログの更新状況をお知りになりたい方!
パソコンからの方はこちらのサイドメニューにある『新着記事をメールで配信する』からお申し込みが可能♪
携帯からの方はこちらの『新着記事をメールで配信する』からメールアドレスを登録出来ますよ〜☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. siva より:

    徐々にガルバを身にまとっていく我が家を見て、「早く足場が外れてほしい」と切に願っている今日この頃です。
    暗すぎず明るすぎず、良い色ですねえ。
    プライベートガーデン側に貼られたら、もう最高ですね。
    さて、土曜日に噂の板金職人さんにバレンタインデーのチョコを渡したいという我が家のピッチピチのギャルが現場を訪ねたのですが、残念ながらお会いすることはかないませんでした。
    しかし、1人作業されていた棟梁に渡せたので満足でしょう。
    ちなみに我が家のギャルですが、工房で一番チョコを渡したいのは野村お姉さんだそうです。

  2. 中尾建築工房 より:

    sivaさん☆
    私も今日、現地の方に行って来ました!
    なかなか良い感じで貼られているので、あの部分が全て出来上がったら相当良い感じだと思いますよ!
    板金職人さん、居ませんでしたか〜
    なんですかねぇ・・
    私がこんな事書いたから恥ずかしくなったのでしょうか・・
    それにしても野村ですか・・
    『○○ちゃんがチョコ渡したいのは野村だってさ』って言ったら・・・
    『○○ちゃん超かわい〜!!』
    だそうです(笑)
    負けちまいましたねぇ・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です